釣行会レポート

2003年5月10日(土)〜11日(日)
日本渓流釣連盟懇親釣行会

リーダ:伊藤譲聡 

参加者(敬称略)佐々木、関口、石下、小幡、中野、西川、
満藤、村松、八木、柳田

    

    計:11名

釣行会概況:

交通:自由参加

費用:15,000−(宿代、参加費)

宿: たつた旅館(伊豆湯ヶ島)

天候:

概況:

 この懇親会は年に一度、日本渓流釣連盟所属のクラブ会員や個人会員の方達が渓流釣りを通して親睦を図る為に開催されるイベントで日本渓魚会、東京渓流釣行会の幹事のもと、静岡県伊豆湯ヶ島温泉「たつた旅館」で開催された。当日は夕刻迄、好みの河川で釣行した後、三々五々と宿に集合。温泉で一風呂浴び、祝宴を待ちわび始まれば杯を重ね、興が高じれば膳を挟みそれぞれの友人に今年の釣りや川の移ろいの悲喜こもごもを声高に語り合い、宴の中途に行われる恒例の抽選会が催されると当たった人や景品等にさんざめき、更に杯を上げる楽しい会合(宴会)です。
              挨拶する佐々木日渓連会長


              司会の話に耳を傾ける東渓 村松幹事長 


         懇談中の会員諸氏。放流マニュアルをじっと見る某会員


                   私がリーダの伊藤です

翌日は狩野川水系の稚魚放流と釣場掃除を各倶楽部毎に担当河川を割り当て、実施しました。我倶楽部は冷川水系を振り当てられ、8〜10cmの稚魚を1000匹を上下流域に放流し、併せて河川掃除をしました。ほとんどが投げ捨てられた空き缶でしたが中にはガスレンジの崩れた物も有りマナーのなさに呆れました。
 釣果に関しては、皆様それぞれお得意の河川に赴かれそれぞれの釣果だったと聞き及んでいますが、伊豆にて特筆するような釣果は聞こえませんでした。
 私事ながら、懇親会担当リーダーを拝命して、今回の伊豆まで約7年間続けさせていただきましたが、この懇親会も連盟の諸事情で今回で取り敢えず一時休止となりました。チョット寂しい気がしますが又、再会される事になりましたなら、お手伝いをさせて貰えればと思っております。

懇親釣行会の担当幹事に当られたクラブの方々、準備、運営にと、ご苦労様でした。

東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2003 東京渓流釣人倶楽部