釣行会レポート

2003年05月24日(土)〜25日(日)
福島県阿賀川水系 ヤマメ稚魚放流(追悼)と釣り

リーダ:八木

参加者:  井口、伊藤、沖野谷、小宮山、桜井、関口、高根、
近松、中野、村松、柳田、西川、八木

    

    計:13名
 

釣行概況:
交通:車 5台

費用:19,000円 (宿代    円)

宿: 大塩裏磐梯温泉 「米沢旅館」

天候:

概況:

今年で阿賀川水系でのヤマメ稚魚放流は3年目を迎えたが、今回は昨年他界された会員の大伴さん、郡司さん、宮城さん、大河原さんの追悼放流を行う形で実施された。
前夜、東北道の佐野SAで沢割りを行い車単位で土曜日の午前中は釣りを楽しみ、午後
1時に喜多方プラザの駐車場に集合することにした。定刻には阿賀川非出資漁協より、磯目組合長他2名と運搬用トラック1台、吾妻山養魚場より佐藤場長運搬の放流用トラックの、総勢18名と運搬車2台が揃った。
ヤマメ稚魚、1万尾を2台に分け、放流河川のT川とN川へと2班に分かれ放流を行う。リーダの八木さん優しく放流する井口さん
放流Bチームの面々
雪代が終わり水量も申し分なしで追悼放流も無事終了し、宿にて合流する。
午後6時より漁協を招待しての懇親夕食会が開かれた。漁協より昼間参加された方々が参加され、村松幹事長兼放流委員長の挨拶、関口会長の挨拶、磯目組合長より挨拶と当倶楽部へ感謝状が贈られた。組合長より感謝状を授かる関口会長

感謝状
翌朝は各人、釣りや山菜取りを楽しみ、朝食後9時半に宿を出発。途中、当倶楽部会員の山谷氏が今年4月に那須にオープンされた手打ちそば処「照葉」に寄り、手打ちそばで昼食とり、帰宅した。


東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2003 東京渓流釣人倶楽部