釣行会レポート

2003年6月5日(木)〜8日(日)、6月6日(金)夜発の2班
キャンプ釣行(山形県荒川上流針生平広場)

リーダ:小野寺俊雄 サブリーダー:柳田実

参加者:  青木、小野寺、小宮山、櫻井、近松、西川、村松、柳田
    

    計:8名

釣行概況:
交通:車 1台

費用:12,000円 (宿代    円)

宿: キャンプ 山形県荒川上流針生平広場

天候:

概況:

6月5日(木)夜発の小宮山氏、西川氏、村松氏、柳田氏の4名は吉祥寺駅東口(実際には東口は無いみたいです。)に集合し柳田車にて出発。
6月6日(金)夜立ちの青木氏
、櫻井氏、近松氏それに小野寺の4名は志木駅南口ロータリー松屋前に集合し小野寺車にて出発。
柳田車はどこの河川に入ったか、釣果はどうだったか確認し忘れてしまったが、リーダーの怠慢と反省しております。我々の車は志木駅を22時頃出発し、上河内SA、安達太良SAで休憩を取りながらどこの河川に入るか迷ったが、結局キャンプ地近くの河川に入ろうということで、福島飯坂ICで降り、米沢経由にて荒川支流の金目川に入渓する。
櫻井氏は出会い付近の金目橋から、その上へ近松、青木氏を、小生は金目部落より少し下がった所から入る。
8時まで3時間ほど釣りそれぞれの釣果はと言うと、良かったのは
櫻井氏だけで、後の3人はハヤばかりでかろうじて青木氏がイワナを一匹釣り上げていた。第2ラウンドをと、荒川の各支流(石滝川、折戸川等)をみたが、減水気味で竿を出す気にならなかったので玉川の支流の足水川へ向かう。
下流部は谷が深く入渓しずらか
ったので市野沢に架かっている橋から櫻井氏、しばらく走った堰堤下から近松氏が入渓。小生と青木氏は更に上流部へと車を走らせたが、不動橋付近で川が二股になり細くなっててしまい、水量もなく一寸竿を出しては見たが、アタリも無かったのであきらめて納竿。さらに上流に行けば良かったのかも知れない。
櫻井、近松の両氏は数匹づつ釣っており、
ヤマメも太った良形であった。昼近くになり、小国駅近くに日本そば屋があったので昼食にすることにした。手打ちそばということで「へぎそば」を注文し食べたが、腰があって美味しかった。
昼時、村松
氏から電話が入り、小国町の近くまで来ているとのことだったので、小国駅で待ち合わせをし、12時頃合流する。駅前のスーパーで今夜の食料、飲物を調達することにし、米沢牛、ビール、酒などを仕入れキャンプ地である針生平へと向かう。
設営場所は、先発組がすでに前日よりキャンプをしていたので我々のテントだけをセッテングすればよかった。先発組はさすがにキャンプ釣行のベテランらしく設営用具には感心させられとても参考になった。テーブル、椅子をセットし宴会場がセッティングされ釣りに行く組と料理組とに分かれ、宴までの時間を過ごすことにする。柳田、西川の両氏により夕食の準備にはいる。メニューは前日調達した山菜(ウド、ミズ等)をふんだんに使っての天ぷら、おひたし等、米沢牛一人二切れ割り当てのバーベキュー、山女魚の唐揚げといった何とも豪勢なメニューである。




日も落ち、ランタンに火が灯り、かまどの火が赤々と燃え、今夜のメニューがテーブル
の上にセットされ宴の開始となった。そして夜遅くまで針生平での宴は続いた。メンバーがメンバーだけにアルコール類が見る見るうちに無くなっていったのは当然である。佐々木名誉会長からの差し入れの何とかという韓国の焼酎は美味しかった。もちろん櫻井氏が差し入れてくれた八海山もグットでした。翌朝、3時起きの釣り組(青木、櫻井、近松、村松氏の4名)は、朝食まで足水川と近くの沢へ。足水川へ入渓した村松氏は良かったらしく、うはうは顔で帰ってきた。我々はと言うと、朝6時頃、今日から朝日岳の山開きと言うことで登山者が6時30分頃来るので、5〜6台車が止まるからテントを退けてもらいたいと言われ、慌ててテントをたたむと言ったハプニングがあった。
朝8時頃朝食をとり、テン場を撤収し国道沿いにある山菜売場へ寄り、山菜、生シメジなどを買い求め関越道回りで帰路へ、高坂SAで解散する。(注意:越後川口SAのレストランは工事中なので今後は要確認)2班に別れたキャンプ釣行も「梅雨」で雨が心配な釣行ではあったが、天気にも恵まれ釣果は今ひとつだったがそこそこ満足してもらった釣行だったと思う。サブリーダーの柳田さん、そして参加していただいた会員諸氏ご協力有難うございました。




東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2003 東京渓流釣人倶楽部