釣行会レポート

2003年6月14日(土)〜15日(日)
糸魚川方面釣行会

リーダ:伊藤譲聡 

参加者(敬称略) 浅川、井口、上野、沖野谷、小宮山、関口、近松
    

    計:8名

釣行概況:
交通:車 2台

費用:23,000円円 (宿代    円)

宿: 清風館(焼山温泉)

天候:

概況:

 参加者8名で車割りは井口車(伊藤、小宮山)関口車(上野、沖野谷、近松)の2台で振り分け浅川氏は都合上、宿にて合流する事で実施しました。
 本当に久方ぶりの糸魚川方面の釣行会なので、期待半分・何半分の気持ちでリーダを相務めました。釣行計画を立てる際、柿崎川水系・姫川水系・能生川水系・早川水系等と色々と候補地を選びましたが、いかんせん情報不足によって最良と思われる河川が決定出来ませんでした。
 結局、上信越道・新井PAで打ち合わせて初日一発目は関川水系の上流部と支流の矢代川に決戦を挑む事に決め別れましたが、行ってみれば本流はガンガンの流れで入渓出来ず、それではと支流に行ってみると逆に水が有りません。後から聞くと平野部には雨が全然降らず山の上の方は雨が多く降り続いていた為と解り本当に今年の天気は不順なんだなーと感じました。
 1ラウンド目は、その様な条件でほぼ全員討ち死にと相成りまして、2ラウンド目は井口車は名立川に転戦しましたが、どこもかしこも鮠・ハヤ・はや誠にイヤハヤで降参。
致し方なく宿の方に向かい途中の早川の支流を覗きましたが矢張り水が無く竿を出す気になれませんでした。本流脇の流れが緩いところで漸く9寸強の山女魚が魚籠に入りましたが何とも寂しい限りの釣果でした。関口車の方も釣果に恵まれず同様な結果でした。
 2日目の朝一に関口車は姫川支流に最後のアタックを掛けに勇んで行き、井口車は能生川に臨みました。関口車で出かけた沖野谷、近松両氏は前日の鬱憤を晴らすかのような釣果に恵まれ、沖野谷氏は釣行会の大物賞になるような32cmを頭に尺上を2匹もてんからで釣り上げ、近松氏も27cm、28cm、29cmと1cm刻みで手にして尺上には届かない迄も釣果を得る事が出来リーダとしてもやや肩の荷を下ろせた気分でした。
 余話;井口氏と私とで能生川に入り、暫くすると井口氏が私を大声で呼びましたので押っ取り刀で駆け付けると瀬頭で井口氏の竿が満月で震えていました。「どうしましょう」と言うので腰を落として充分に撓めるように言いながら様子を見ていますと何故か竿は引いているのに上流下流に動きません、不審に思い竿を預かり手応えを確認すると大物の引きを感じる物の一点から動きません。竿先を緩め再び竿をあおると凄い手応えでしたおそらく川底にビニールのような物が引っかかって流れていた所に針掛かりして早い流れの動きで魚のような引きをしたのでしょう。二人でガッカリするやら可笑しいやらの一幕でした。


東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2003 東京渓流釣人倶楽部