釣行会レポート

2003年6月26日(木)〜30日(日)

白戸川源流釣行会

リーダ:村松国男 

参加者:  八木、筧、近松、松田、柳田、村松
    

    計:6名

釣行概況:

交通:車 2台  田子倉湖を白戸川入り口まで渡船
           船宿:鈴屋 TEL 0241(82)2414

費用:20,000円  (車代、船代、宿代)

宿:白戸川幕営 2泊、 南郷「ふるさとの家」 1泊

天候:

概況:
昨年に続き2回目の白戸川源流釣行だが、初参加は寛、松田、八木の3名。経験者は近松、柳田、村松の3名で、柳田氏は数回の経験をつむベテランで、今回サプリーダーを受けてもらった。出来るだけ荷物は必要最小限に軽くする事につとめ、10キロ〜15キロと体力に合わせた。
昨年は天候に恵まれ、行きも帰りも沢通しで行動できたが、スノーブリッチの恐怖にあった。今年はまったく同じ時期であるにもかかわらず、スノーブリンチはなかったが雨による増水に悩まされ、まさに「行きは良い良い帰りは怖い」そのものであった。
白戸川は山菜取りの杣道はあまり使われていなく、ところどころ寸断されて荒れている。
沢を歩けないと倍の労力と時間がかかってしまい、ときには急な斜面をトラバースするのにザイルワークを何回も余儀なくされ、非常に危険だった。今回は釣りは一分、アドベンチャー九分というまさにアドベンチャーフィッシングそのものだった。
なにはともあれ全員無事に帰れたことがリーダーとして一番うれしかった。
白戸川の岩魚は自然の神々が守っているようだ。
尚、詳細は寛氏の源流釣行特別寄稿「遥かなる白戸川の源流を望む!」を参照してください。

東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2003 東京渓流釣人倶楽部