釣行会レポート

2003年7月12日(土)〜13日(日)
奥多摩 放流調査釣行

リーダ:沖野谷 サブリーダー:

参加者:  小宮山、櫻井、近松、本間、伊藤、小野寺、村松、沖野谷
    

    計:8名

釣行概況

交通:車

費用: ? 円 (宿代 ?   )

宿: 山のふるさと村 「ログケビン」

天候:曇り

概況:

この日の天候は早朝まで霧雨後曇りから薄目が差し、蒸し暑く、水は笹にごりで魚の活性は非常に高かった。調査後、ケビンで冷たいビールでのどを潤し、美酒を味わいながら放流談義で一夜を過ごした。調査状況は次の通りです。お疲れ様でした。

 *峰谷川坊主谷6:00〜7:30
   林道終点から100m下った地点から前後100m分かれて試釣りを行った。アタリは頻繁
   にあるが6〜10cm位が多く、ハリがかりしない。
当歳魚から1.5歳魚と思われる。残念
   ながら大型は出なかった。(3年前は9寸が出た)

 *モクポ谷林道終点のわさび田上流を第1放流地と第2放流地に分れ、一人は毛ばり、もう
   一人は餌での試釣りを行う。随所に魚影を確認、かなり濃い。
   体調10cm前後が多く、17〜18cmも出た。落ち葉が堆積しているよどみには4〜5cm
   位の稚魚が群れていた。モクポ谷はそこそこにポイントもあり、渓相が良くゴミも少ない。
   20cm以上はいなかったが小型は数多くいて、放流効果が感じられ今後が楽しみである。

 *峰谷川本流管理釣り場上流10cm程のヤマメが入れ食い。漁協の河村氏の話では自然
   艀化のものだそうです。10目前に同じところで18〜20cmのヤマメ10匹釣れたが今回
   は先行者がいてダメだった。

 *クキ沢ヨシスキ沢11:00〜12:30
   周遊道路の橋下から200m上流から入り、100m区間までは10cmクラスだが魚影は濃
   い。そこから伏流となり200m程で流れが出始め、2段の滝までで18cmの美しいヤマメと
   20cmのイワナが出た。あたりは多く、少ない水量の中でそれなりに成長しているようだ。

 *サイグチ沢周遊道路上の発眼卵放流地から最上流部まで釣上る。最大で10cm、落ち込
   みのポイントでは殆どの場所でアタリまたは目視でヤマメを確認できた。
以前見られた20
   cm以上は見られなかった。また、8cmほどのイワナの稚魚が釣れた。

 *小袖沢小袖部落2km下流から入渓する予定であったが先行者があり断念。小袖部落下 
   から入るが下り釣りとなる。渓相良く水量も適当にあるので期待したが、10cmクラスが良
   く走るが釣れない。部落の下の勢かゴミが非常に多いので閉口する。
戻って上流を釣る 
   がまったくアタリ無し、やはり先行者ありと思われる。

   ゴミ収集の活動を強める必要を感じた。

東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2003 東京渓流釣人倶楽部