釣行会レポート

2003年7月19日(土)〜21日(月)
秋田大湯川周辺釣行

リーダ:近松昭雄 サブリーダー:櫻井

参加者:  伊藤、沖野谷、筧、櫻井、西川、松田、村松、柳田、近松
    


    計:9名

釣行概況:
交通:車 2台

費用:31,000円 (宿代 8,000円税込み)

宿: 大湯温泉 「岡部荘」

天候:

概況:
7月18日 22:00蓮田SAに2台が集合。初日の川割を協議し、柳田車(櫻井、西川、松田、村松)は長木川に直行し、午後小坂、大湯川に転進することになった。近松車(伊藤、沖野谷、筧)は東渓が10年以上釣行していない山形川、外川に直行し、午後二戸経由熊原川方面とした。2台は小雨が降ったり止んだりする中、前沢SAでの合流を最後に、近松車は滝山ICから山形川方面へ、柳田車は長木川を、それぞれ“夢と希望を抱き“目指した。
第一日目:
近松車は05:30山形川に入る。道路沿いの釣りやすい川で、08:30までで釣果は21〜23cmのヤマメを各人2〜3尾であった。魚影が特に多いとは感じなかったが、丹念にやればそこそこの釣果が得られそうであった。第2ラウンドは隣の外川に移ったが水量が無く、ハリ掛かりしないチビのみで短時間で切り上げた。
昼食後、熊原川に向かった、熊原川もかっては東渓が釣行した川であるが、流程も長く、水量、川幅もあり、支流も多く、なかなかの川に見えた。移動に時間が掛かり、2時間程度の釣であったが、当たり(魚信)は少なかったが、型は川なりのサイズが出た。次回チャンスがあれば、じっくりと探釣したい。

柳田車は第1ラウンドを長木川とし、4名が花輪線を越えた下流部から入渓し、1名がその上流部に入った。渓が深く、降りるのと上がり口が判り難いことから、ジックリ釣ることとした。ハヤ5尾にヤマメ1尾とハヤのうるさい川であるが、ビッグサイズこそ出なかったが全員そこそこの釣果に満足した。第2ラウンドは小坂川本流に柳田氏、松田氏の2名が入り、砂子沢に櫻井氏、新遠部川に西川氏が入渓した。村松氏は忘れ物を取りに長木川に戻り、そのまま朝の続き部に入渓した。本流組はハヤのアタリすらほとんどなかった。砂子沢で櫻井氏がヤマメ29pを釣り、西川氏もまあまあの釣果を得た。15:00近くに「岡部荘」に入ったが、松田、櫻井両氏は時間があるため、旅館前の大湯川に入った。今年は減水で、ポイントは絞られる反面、例年に比べ、釣果は今一であった。特に、大湯川は超減水で、大型がまだ差してきていないと感じられた。台風の1,2回が欲しいところ。17:00には近松車も岡部荘に入った。夕食時は、今日の結果報告を肴に、宿周辺は余りはかばかしくない中、明日は何処をやるかで、ビール(10本)、冷酒(一升)、焼酎(4合)を痛飲しながら、何とか沢割り決定。疲労と、泥酔とで、20:00就寝。
第二日目:
前夜からのシトシト雨が降り続く中、全員が04:00出発。朝食前は堀内沢に村松、西川、近松の三名、安久谷に櫻井氏、松田、筧氏等は大湯川に、その他は小坂川に分散した。堀内沢は小型ながら数は出た。安久谷の今回は、大湯川の減水が原因か不漁であった。

朝食を08:30にとり、入浴後一休みし(連泊の利点はここにあります)、雲り空の下、10:00第二ラウンドに出る。長木川に村松、沖野谷、西川、柳田、伊藤、近松の6名が、前日入渓していないポイントに分散、柳田、西川両氏は、昨年小熊に出くわした更に上流を目指した。15:00までやり、ハヤが相変わらずウルサイが、ヤマメの数はほどほどであった。尺物は出なかったが、柳田氏がヤマメ29pを釣り上げた。

櫻井、松田、筧の3氏は、小坂川を目指し、松田氏が砂子沢出会いから本流を釣り、櫻井、筧氏は小坂上流の西側の沢に入渓した。松田氏はそこそこの釣果であったが、上流に入った2名は、リリースサイズのイワナのみであった。中途半端な時間となったため昼食を取らず、大湯に戻り、大湯川本流に分散して入渓した。櫻井氏が堰堤下流部の橋から入り、松田氏が「元の湯」旅館付近、筧氏はその上流部に入ったが、3名とも良い釣果には恵まれなかった。

夕方には宿裏の大湯川で沖野谷氏のテンカラ教室があり、数名が毛針に反応するヤマメ、
イワナの姿を堪能した。
ノンビリと風呂に入ったあと18:30から夕食、今日も元気にビール(7本)、冷酒(一升)、焼酎(4合)を痛飲(伊藤さんはウーロン茶を痛飲)しながら、遊び二日間の過ぎ去ることの早さを実感しながら疲労と、泥酔とで、20:00就寝。筧、松田氏は飲み足りないらしく部屋で続編をしたかった様であるが、安眠妨害の声に、しぶしぶ就寝。
第三日目:

伊藤、櫻井、近松の3名は、諦め悪く、小坂本流をやるも、見事惨敗であった。
朝食後、釣果の分配をしたが2泊3日の釣行会にしては、尺オーバーが無く、サイズ的
に今一であったが、お土産には十分であった。09:30宿を出発し、十和田ICから東北道入り、途中3連休の渋滞につかまるも、蓮田SAに無事17:30到着し散会した。

東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2003 東京渓流釣人倶楽部