釣行会レポート

2003年9月6日(土)〜7日(日)
最終釣行会

リーダ:村松 

参加者: 井口、石下桜井、八木、満藤、沖野谷、筧、近松、
  伊藤、上野、小幡、柳田、今村、西川、村松

    

  
計:15名

釣行概況

交通:車 4台

費用:19,200円 (宿代 7,000円)

宿: 真室川温泉 「関沢荘」

天候:

概況:

22.00蓮田サービスエリアに集合し車ごとに沢割りをして、健闘をちかいそれぞれに向かう。どこの沢も前日の雨と当日の雨で増水、小沢での釣りはまあまあであったが、大川は釣りにならなかった。17.30関沢荘に集合、雨で疲労した体を温泉で癒し、全員揃ったところで、夕食にはいる。満藤副会長から、まことに悲しい事ですが、永年会に尽くしてこられた薄井さんが、823日に亡くなられたことを報告され、全員で献杯をした。ご冥福を祈ります。尚、関沢荘のご好意により、薄井さんの影膳を用意していただきました。
食をとりながら、車ごとの釣果を報告し会い情報交換を行った。
井口車は銅山川は増水で赤松川に切り替えたが、下流過ぎてハヤばかり、上流に入れば少しは釣りになったかも。金山川は伊藤氏たちがすでにいた。
満藤車は今野川は釣果なく、藤島川で筧氏が一淵で、
27,28,29p3本のヤマメをあげた。今年のばかツキ男だ。
近松車は役内川は増水でにえくりかえり釣りならず、院内の十分一川で南沢合流附近くで、良型のヤマメ片手以上あげた。金山川でもそこそこに釣れた。
柳田車は古川インターの係員に雨降りの状況が連日の降りと聞き、大川は無理と判断、小沢の長崎川に行くが、ハヤばかり。草木川は上流一時間でイワナ、ヤマメ
4本と有望。上流山越えで荒雄川上流に入るが釣りにならず。
各車の情報交換後、薄井さんをしのびつつ盃を交わし、食事を済ませ、早々に眠りについた。翌日3名釣り、830分朝食、930分記念写真後、関沢荘を出発、蓮田サービスエリアで解散、全員無事帰宅しました。
参加者のみなさんおつかれさまでした。


東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2003 東京渓流釣人倶楽部