釣行会レポート

2004年5月8日(土)〜9日(日)
会津方面 山菜と釣り

リーダ:沖野谷、サブリーダ:西川

参加者:今井、宇田川、大場、筧、小宮山、近松、柳田、西川、沖野谷

 計:9名



交通:車(2台)

宿:只見町 福田屋旅館

費用:17,000円

天候;

概況:

5月7日pm11:00 東北道は蓮田SAに柳田車(今井、宇田川、大場、小宮山、西川の6名)と近松車{沖野谷、筧の3名}の2台が合流した。小宮山氏が近松車へ乗り換え、西那須野塩原インターから国道400号線で会津田島手前の山王のコンビニ「ホットスパ」で食料調達を兼ねしばし休憩することとした。
ここは休憩所も併設されており食事、仮眠OK、入漁券も販売・・なかなか便利なところである。
再度、川割りの確認を行い近松車は小宮山氏のすすめで野尻川へ向かう。
早朝、川沿いの入漁券売り場のオヤジさん曰く「4月にはヤマメ300匹上げたヨ まだまだ釣れるはずだヨ」・・と得意満面、『こりゃー駄目だ!』誰しもが内心そう呟きながら渇水気味の川に立つ・・台風の影響でずいぶん渓相が変わってしまったようだ。
案の定、ほとんどアタリがない。たまにチビヤマメがくるだけ。
午前9時までに4人で唐揚げサイズ12とストレスの残る釣果に終わった。
釣りを諦め、南郷村の秘密の場所で近松氏と小生はコシアブラ取りに熱中し、山菜にはとんと興味のない筧氏は道沿いの小渓でイワナと戯れ、小宮山氏は散歩を楽しんでいた。
一方、柳田車は塩の岐中流部に大場氏、その上流に今井女史、西川氏、更に上流に柳田氏、宇田川氏が入るも雪代太く徒渉もままならず、メジャー釣り場のためか各々イワナ数匹ずつの貧果であった。
釣りはそこそこにして山菜取りに時間を費やした。コシアブラ、コゴミ、タラノメ少々、残雪の脇ではフキノトウも・・・・
今回は「山菜と釣り」ということで、昼には全員で集まり「山菜料理パーティー」を開催する予定で両車12:00に只見線の会津蒲生駅前で集合した。
蒲生川を見渡す広川原で柳田、西川両氏の「野外料理の達人」が手際よく次から次へと見事なまでに作り上げていく・・・「今朝釣ったばかりのイワナをぶつ切りにタケノコ、コゴミ入り味噌仕立てのイワナ汁」・「タラノメ、コシアブラの天ぷら」・「マヨネーズ味噌の和え物」・「コゴミのオカカ入りおひたし」etc
新緑の青空のもと、すべてが旨い。
久しぶりに参加の宇田川氏のために関口会長からの差し入れ「清酒久保田」もあっというまに空になった。
時間もあり、付近で竿出す人、スケッチする人、山菜採りに精出す人・・それぞれ楽しんでいる。雪解けの斜面はアカコゴミ畑で、ポリ袋いっぱいに採れた。福島の人はアカは食べないそうだ。
隣の山形ではコゴミより人気があるとのこと。味にコクがあり旨いという。乾燥品まで売っているというのには驚きである。地域性っていうのはおもしろい。
夕方、今夜の宿の福田屋旅館に入った。ここは西川氏や柳田氏がよく利用する定宿で田子倉ダム真下の国道252が坂道になる角にある。値切った割りには(1泊7,500円)山菜をメインとした料理は充分満足できるものだった。
第二日目
4:00起床、朝食前に柳田氏、西川氏、小生の3名で伊南川下流の小沢、黒沢川に入った。
西川氏が26センチのイワナ4本、柳田氏と小生はほとんど釣りにならず、山菜採りに方向転換、食べごろ最高の「コゴミの群落」、うまそうな「でかタラノメ」、「コシアブラ」、・・・「ウド」はまだ少し早いのかほとんど見当たらない。
柳田氏や西川氏を山菜採りの師範と呼んでほしい。山に入るとどんなに遠くからでも目的のものが見えるらしい。沢沿いを歩きながらの山菜談義、実に興味深くおもしろい。
一方、大場、筧、近松の三氏は楢戸川上流へ・・近松氏は砂防ダム付近から大場氏と筧氏は更に上流から入る。
筧氏と大場氏にそこそこのイワナがきたがその後は全然・・今朝もイマイチというとこだった。
8:00全員で朝食、昨夜お土産用に注文しておいた田子倉湖の刺し網で捕ったサクラマス(キロ700円)が届いた。「そんなもん俺は自分で釣るからいらないヨォー」豪語していたK氏が魚形を見るや、真っ先に一番でかいやつを掴んだのである。
朝食後、たくさん採れた山菜の仕分け作業がこれまた大変・・・、全員でやるのはいいがやり方がまちまちでなんのかんの文句を言いながらずいぶん時間がかかってしまった。
10:00やっと宿を出発、開通したばかりの六十里越街道は残雪と新緑のコントラストがすばらしい。すばらしすぎて途中のカメラ休憩もしばしば・・・
昼食は柳田、西川、両氏がよく利用するという小出駅前のそばや「ますだや」で注文しておいた新潟名物「へぎそば」を食べ関越道より帰路についた。
今回は釣果は少なかったが、各種の山菜いっぱいで充分楽しめた2日間だった。

*(帰路のハプニング)
 途中、ゴミ捨てしようということで某サービスエリアに寄った際、ゴミと間違えて一緒に置いてあった筧氏の大切な山菜を捨ててしまった。筧氏の山菜料理も一巻の終わり・・「あぁーあぁー、ざぁーんねぇーん」・・・因みに捨てた犯人は???・・テンカラ釣師



追記:なんと言っても久しぶりに宇田川さんの参加がうれしい。そんな宇田川さんに例会には出られないだろうとの配慮で西川さんから記念写真をメール送信したところ次のようなメッセージが届いたとのこと。
東渓『幽霊会員』の宇田川です。釣行アルバムの添付ファイルを受領しました。楽しく拝見させていただきました。女房にも見せましたよ。誰かが26センチのイワナをゲットしてるとは知りませんでしたが、山菜も、あんなにたくさんお土産にいただけるとは、望外の出来事でした。おかげさまで帰ってから知人、友人にもおすそ分けし、喜ばれましたよ。てんぷら昼食会にあたっては、道具の準備なんかも大変だったとぞんじます。いろいろお世話になりました。ありがとうございました。(以上原文のまま)

東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2003 東京渓流釣人倶楽部