釣行会レポート

2004年6月25日〜27日(日)
白神山山系の源流釣行

リーダ:村松

参加者: 青木、上野、沖野谷、小野寺、近松、西川、本間、八木、柳田、村松

 計:10名



交通:車(2台)

宿:クルミ台キャンプ場でテント

費用:25,000円

天候;

概況:
源流釣行は只見川支流の袖沢を予定していたが、リーダーの体調崩しで交通の便の良いしかも源流釣行の気分が味わえる秋田白神山系の藤琴川クルミ台キャンプ場ベースに周辺の源流を釣行する事にした。世界遺産指定後唯一白神に足をいれられるのは此処だけに、期待されもしたが遠方だけに1日目は途中の河川釣行のワンクッションおいての入渓とした。
蓮田
SAに21:30集合。熊原川径由グループは小野寺車に上野、沖野谷、近松、 八木の名、長木川グループは柳田車に青木、西川、本間、村松の名に分乗し目的地に 向かった。柳田車は夜中降り続いた雨もやみ空が白くなってきた頃、小坂ICを降り長木川につくが、心配したとおり増水していた。何とか釣りは出来そうだと二人三人一組で分かれて入渓したが、アシも背丈ほど伸びそれに増水で上流へ前進するのも釣りするのも大変難儀だ。 釣れるのはあいかわらずハヤが多く、なかなかヤマメの型が見られない。初めて入渓した青木氏に何とか釣ってもらいたいと思うもうまくいかず、ビクに匹収まって時間になってしまった。西川、本間、柳田の三氏も同じ様子で何時もの良い釣果がなく、疲れた様子。釣りをあきらめ国道に戻り、キャンプ用食料調達に鷹巣町に向かおうとしたとき、偶然に も小野寺車と遭遇した。彼らも雨による増水で熊原川はまっかっかのごんごんで釣りならずひきあげ、大湯川に よっても同じ状態、そのまま来たら我々と遭遇したわけだった。残念。
全員そろったところで鷹巣町へ食料等調達の買い物に向かう。買い物を終え二ツ井町から藤琴川上流クルミ台キャンプ場へ向かう。山は夏模様の濃い緑の葉に覆われ美しくも吸い込まれそうな感じだ。この道は白神山の観光ルートとして整備され、昨年までは砂利道だったのが太良峡手前まできれいに舗装され、さらにクルミ台を越して駒ケ岳登山口近くまでいきそうな勢いだ。世界遺産のおかげ?何かよからぬ予感がするもキャンプ場に付くと早速テント張り、まき集め、食事の用意と10人手際よく働きあっという間に一仕事終えまずはビールで乾杯。夕食時までそれぞれに釣りをやるなり、山菜取りするなり、焚き火をするなり思い思いに時を過ごした。以前はテント場の近くでも良型のイワナが良くつれたのに、沖野谷さんの毛ばりに飛びつくイワナはちびで針にかからない。道路が良くなり早くから釣り人が入るようになって釣りきられたか。来ていた釣り人の話では、5月連休に入った釣り人3人が大釣りして、さらにそのうちの一人が太良峡へ入って濁流に飲まれ死亡したとのこと。便利になってかえって事故になりやすい。夕食はヤマメのから揚げ、塩焼き、牛肉の炭火焼、ピリカラわさびとビールも酒も美味焚き火を囲んで小野寺氏の椅子にもたれて疲れた身体も癒されサイコーだった。
日目。6時発、藤琴川源流の黒石川二股右沢を青木,西川、八木3名が入渓、沖野谷、本間の2名は黒石川下流を小野寺、村松、柳田名は種梅川上流へとそれぞれに散った。小野寺車グループは釣りはだめだったが青ミズ菜とミズ菜が採れ、いい土産になった。黒石川源流は渓相抜群、イワナも良型、魅力のある沢であったそうでさらに二股右の沢もよさそうとのこと、またの機会にでも。
日目。8時30分テンと場撤収し帰りはゆっくりと林道をくだり、二ツ井町から能代に向かう。10:30頃、能代ICに入り、蓮田SAに17:30無事到着し解散した。


東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2003 東京渓流釣人倶楽部