釣行会レポート

2004年7月17日(土)〜19日(月)
秋田方面釣行

リーダ:近松

参加者: 青木、沖野谷、小野寺、筧、小宮山、関口、中野、西川、松田、近松
 
 計:10名



交通:車 2台

宿:金田一温泉「緑風荘」、大湯温泉 「岡部荘」 各1泊

費用:31,400円 (宿代 8,000円税込み)

天候;7月17日(土)雨、18日(日)曇り時々晴れ、19日(月)晴れ

概況:

7月16日 21:45蓮田SAの集合予定が、首都高の渋滞で、1時間半以上の遅れとなった。初日の川割を協議し、関口車(沖野谷、筧、松田、近松)は東渓が遥か昔釣行していた小本川(岩手県)に直行し、金田一方面に北上することになった。小野寺車(青木、小宮山、中野、西川)は一戸IC経由田子(熊原川水系)方面とした。2台は小雨が降ったり止んだりする中、出足の遅れも取り戻せないまま紫波SAでの合流を最後に、近松車は盛岡ICから小本川へ、小野寺車は熊原川を、それぞれ“雨による増水と濁りの入らないことを願いつつ”目指した。

第一日目:

関口車は07:00に小本川に到着。相変わらず小雨が降る中、09:00までで釣果は21〜23cmのヤマメを関口会長6〜7尾、その他は各人2〜3尾であった。小本で第2ラウンドを狙う頃には、増水に加え、濁りがいよいよ強くなり釣は不可能になっていた。小本川を諦め、葛巻に向かうも途中の街道沿いの馬渕川は濁流であった。
馬渕支流の外川川を覗いたが、真茶に濁り釣は不可、仕方なく、ゆっくり昼食を取り、15:30頃に金田一温泉「緑風荘」に入る。
小野寺車は第1ラウンドを熊原川とし、一戸ICに向かった。中野、小宮山、西川3氏は田子温泉付近の熊原川本流に、小野寺、青木両氏は支流の杉倉沢に入った。やはり水量も多く、濁りが強くなり、釣果もそこそこに、周辺を見て回るも何処もかしこも濁りが強かったため、15:00近くには関口車より一足早く「緑風荘」に入った。

雨にたたられた初日であった。後で聞けば、この日、盛岡地方は大雨洪水注意報が出たとのことであった。濡れた身体を温泉で暖め、憂さを晴らすように酒盛りとなるのは、致し方ないとしても、気になるのは予算のオーバー。夕食時は、今日の様子を肴に、明日は何処をやるかで、ビール(20本)、冷酒(一升半)、焼酎他を痛飲しながら、何とか沢割り決定。疲労と、泥酔とで、20:00就寝。
緑風荘-1緑風荘-2














緑風荘前での記念撮影
第二日目:
明け方には雨は止んでいた。全員が04:00前に出発。関口車は熊原川本流と杉倉沢とし、小野寺車は熊原川支流の種子川に入った。全員が前日の雨のための「消化不良、欲求不満」を吹き飛ばすが如きにハッスルし、濁りもある程度落ち、釣果もグッドで08:30に賑やかに朝食となった。特に、種子川で体高のあるヤマメ29cm始め良形を釣り上げた小野寺氏はウハウハであった。入浴後、09:30「緑風荘」を出発し、第2ラウンドに向かう。


関口車は大湯方面、小野寺車は小坂方面に向かった。関口車は、大湯川上流から川見をしながら下流へ、川は平水でホッとする。11:00頃から堀内沢に筧氏、その下の本流に沖野谷、松田の両氏、大湯温泉の橋から関口会長、岡部荘裏の橋から近松と分散した。会長は200m足らずの瀬釣りで、大釣りをした。全員が何とか釣果に恵まれたラウンドであった。近松は、竿を折りながらも30.5cmのイワナを上げた。
小坂川に向かった小野寺車は、本流に小野寺氏、中野氏、青木氏の3氏が入り、砂子沢に小宮山氏と西川氏が入渓した。それぞれ良形ヤマメ数尾を手中にした。

二日目は、まあまあの釣果のためか、余裕が出たと言うか、17:00には両車共、宿「岡部荘」の川縁の部屋に入り、ノンビリと風呂に入った後、幹事の予算オーバーの心配をよそに、酒盛りとなった。ふと、川縁に目をやると夕闇迫る中、川で釣竿を盛んに振っている人が居るではないか、皆にあおられ、その気になった中野氏がウエダ―に宿の浴衣姿でテンカラを振っていた。
夕マズメのせいか、腕のせいか、2尾のヤマメを釣り上げた。
グッドサイズのヤマメギャラリーから拍手があったのは言うまでもない。
浴衣姿でテンカラを振るN氏
18:30から夕食、今日も元気にビール(15本)、冷酒(一升)を痛飲しながら、遊び二日間の過ぎ去ることの早さを実感しながら疲労と、泥酔とで、20:00就寝。
岡部荘での宴会ー2
岡部荘での宴会ー1













第三日目:

全員が04:00前に出発。関口車は小坂川とし、小野寺車は大湯川とした。大湯川グループは朝釣りだけのために、4名分の日釣券(小野寺氏はお休み)を前夜の内に購入した。やはり、意気込みと言うか、元手を取り返すかのように型ぞろいを好釣りしたのは言うまでもない。

小坂川に向かった関口車は、荒川に、関口会長、松田氏が入り、会長は水のない荒川の瀬で、サクラます以上に紅いヤマメ31cmをゲットした。小坂上流に入った筧、青木両氏は、藪こぎの努力の甲斐があってか、型ぞろいの釣果であった。ただ、ここでも筧氏が深みで、入水と相成った。

朝食前に、釣果の分配をした。初日が終日雨降りでほとんど釣にならなかったが、その
後のハッスルでヤマメ31cm、イワナ30.5cmもあり、サイズ的にもまあまあでお土産には十分であった。なお、秋田釣行と銘打ったものの、岩手、青森、秋田3つの県境を跨いでの北東北3県の釣行会でした。
09:30宿を出発し、十和田ICから東北道に入り、途中3連休の混雑と事故渋滞につかまるも、蓮田SAに無事18時前に到着し散会した。

岡部荘前での記念撮影

東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2003 東京渓流釣人倶楽部