釣行会レポート

2004年3月6日〜7日(日)
伊豆解禁釣行

リーダ:中野

参加者: 今井、今村、石田、石下、大場、小幡、小野寺、沖野谷、
 竹内、近松、本間、満藤、村松、八木、柳田、中野

 計:16名



交通:自由参加(車8台)

宿:伊豆下田 蓮台寺温泉 みなみ

費用:13,000円

天候;6日:気温7℃ 雨のち晴れ 7日:気温 6℃ 晴れ

概況:
待ちに待った2004年、東渓の解禁釣行会を伊豆で開催した。
各人、解禁釣行に思いを寄せ、好みの河川で解禁を楽しんだ。
我々(今村、沖野谷、中野組)例に漏れず前夜発ちと言うことで河津川を釣る事にした。
東京を11時過ぎに出発し、のんびりと目的の河津川へ向ったが早朝2時過ぎには着いてしまった。途中、パラパラの雨であったが河津では、本格降りなってきた。コンビニで朝食とビールを調達し、車の中で夜明けまで仮眠をとった。雨は本降りとなり、夜明け前には断続的に雷を伴う、強い雨が降った。この雨も6時半過ぎには小振りになり、一安心と言ったところ。I氏とM氏の記念撮影
去年と違い解禁第一週目の土曜日であるが釣人は思ったほど多くない。
河津川は雨の勢で増水はしているものの水は少ない。そうとう渇水状態であったと思われる。
今村さんは餌釣りで沖野谷さんと中野はテンカラで攻めた。出るのは太ったオイカワだけで中野が大物?のアマゴの反応を1回見ただけで後は反応なし。その内、風が強くなり戦意喪失ぎみ。あっちこっちと場所を探していると満藤氏と遭遇。我々同様、風と格闘していた。

満藤氏と合流し、しばらく近くの小河川で時間をつぶし、昼食に恒例のうなぎを食べた。
何時もは修善寺のB店であるが今回は河津A店で食べた。
1時間近く待たされた挙句のうなぎで味わうまもなく即刻、胃袋に収まった。吊るし雛
海釣り予定の近松氏の動向が気になり、携帯に伝言を入れていたら、しばらくしたら携帯があり、河津川で尺を釣り上げたとの事。早々に確認、31センチはある立派なアマゴであった。
天気はすっかり良くなり、河津の桜が映えた。河津の桜も今週一杯か、多くの桜見物人があり、近松氏は桜見物人に大喝采を浴びたとの事。
風は相変わらず強く、テレビのニュースによると20m〜30mの突風が吹いたと言っていた。
宿へ向うべく、稲生沢川へ移動。少し遊ぼうと竿を出すがどうにも風が邪魔で釣りにならない。早々に切り上げ、宿に向った。
近松氏も我々と同じ跡をたどり、稲生沢川で遊んだとの事。帰って来る早々、デカイアマゴを釣り落としたとの事。所詮、釣師のたわごと!話半分、釣り落とした魚は大きいのが通説である。
5時過ぎには続々と集まってきた。やはりどこも風に悩まされた模様でいい話は聞けなかった。他のメンバーの状況は?と言うと詳しくは聞いていないが人によりバラツキが多かったようである。その中で村松組がそこそこの釣果を得たようだ。後で聞いた話だが小幡組みも結構良い釣りをしたようだ。
夕食を前に一風呂浴び、6時からの宴会を待った。楽しい宴会です
「たまには別な宿で!」との要望も有り、今回の宿は会員の今井さんの紹介で下田蓮台寺温泉の割烹旅館を貸切で行った。少し背伸びした嫌いがあり、予算に苦しんだ。宿と折衝の上、皆様からの寄付、お酒の提供もあり、気持ち良く寝ることが出来た。
料理は無理をお願いした割にはしっかりしたものが出て、美味しく頂けた。会員諸氏も満足して頂けたこと思う。お風呂が狭いのが気になるが部屋もきれいで畳の匂いも「プンプン」と新鮮で東渓にはもったいない宿であった。
何時もの解禁釣行は「朝風呂でのんびり」が恒例であるが今回はドラマがあった。
リベンジ宜しく、はやる釣師は近くの稲生沢川に出かけた。出たのである、昨日の近松氏の釣落しを見事、釣り上げた。35センチはあろうか立派なアマゴである。35cmのアマゴ「さつきますでは?」との声もあるが解禁早々大物が出た。悔しいかなアマゴの部の大物賞は、ほぼ近松氏に取られたたようなものだ。

8時に朝食を取り、9時に解散した。
下田方面はさほど寒さを感じなかったが東京に近づくにつれ、風が強くなり、寒くなった。
東京では所によっては雪が舞ったとか!三寒四温の3月である。東渓もいよいよ渓流釣りの開幕となった。今年も安全に楽しんでいきたい。
記念撮影


東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2003 東京渓流釣人倶楽部