釣行会レポート

2005年3月5日(土)〜6日(日)
伊豆解禁釣行

リーダ:中野

参加者: 石田、今井、小幡、八木、村松、西川、筧、桜井、近松、満藤、沖野谷、中野

  計:12名



交通:自由参加(車6台)

宿:伊豆湯ヶ島温泉 三吉

費用:12,000円

天候;5日: 曇りのち晴れ 6日: 曇り

概況:

釣行会前日の3月3日は、関東地方は7年ぶり?の雪で土・日も寒波の影響で雪と言う予報の中、安全を確認しあいながらの釣行会となった。
3月4日、深夜は東京ではみぞれ気味の天候、途中、御殿場近辺の走行が懸念されたが特に問題もなく通行できた。我々は一路、河津川へ向け、途中、コンビニでコーヒーブレークしながら目的地へと向かった。天城峠の途中は残雪があり、通行が心配されたが凍結注意の表示のみで無事、河津へ着いた。

いつもの釣具店は閉まっており、やむなくコンビニで朝食と入漁券を購入、釣りに備えた。コンビニの駐車場にはすでに満藤氏が到着し、仮眠中であった。満藤氏と到着の確認と入渓場所の確認を行い我々は入渓点へと移動した。

解禁最初の土日というのに釣人の姿はまばらと少ない。気温7℃、桜は満開の状況。6時過ぎから9時ころまで下流域をエサと毛ばりで攻めるが出るのはハヤばかり。アマゴの反応すらない状況、水温は11℃と高め。出会った釣り人に釣果を聞くがハヤばかりと嘆いていた。解禁、最初の土日と言うのに入漁券の販売も消極的であり、監視員の訪問もなく、その点が釣果に関係しているように思えてならない。
諦めて稲生沢川へ移動した。ここも下流部はハヤばかり、上流部の淵で虹マスが群れていたが毛ばりに反応するのはハヤばかりであった。

昼に近松氏より村松車が何者かにいたずらされ移動不可との情報がいった。
早々に村松氏に連絡を取ったところ、宇久須川で釣りをし、車に戻ったらタイヤにいたずらされ、タイヤ交換のため業者手配中とのこと。思えば去年も同河川で同じいたずらを別の車が受けた。地元警察曰く、他に届けはないと言う。誰が、何のために....。当河川への釣行には十分注意したいものだ。当然、迷惑にならないような駐車への配慮は言うまでもない。
いやな話を肴に修善寺で昼食を済ませ、近辺で竿を出したがダメ、早々に宿へと向かった。

宿にはすでに石田氏、満藤氏は着いて降り、酒盛りの中であった。6時近くには全員揃い、6時半から宴会となった。

近松、桜井、筧氏の海組から1.5kgのタイの差し入れがあり、テーブルを飾った。海組は近松氏、一人舞台であったとのこと。宿の調理は夕食の準備で手がまわらず、急遽、東渓専属料理長の筧氏が担当、中々の出来映えである。
気になる釣果であるが西伊豆に分があったようだ。村松組は虹マス中心にかなりの釣果であったみたいだ。小幡車は土肥大川、那珂川を攻め、テンカラで八木氏が開眼、今井氏は形を見た程度、小幡氏は程ほど、近松組はマダイ3匹、アマゴは形を見た程度、他の者は惨敗であった。翌朝も宿前で勇士が頑張ったが寒さの勢か不調であった。
8時から朝食、今年は女将の体調不調とのことで「お食事の用意ができました。いろりの間にど〜ぞ!」が聴けなかったことが残念でした。


東京方面は雪の情報、伊豆においても風が強くかなり寒い。東北地方はまだまだ雪深い、今年も異常気象か?本格釣行は4月から、安全を祈願して9時過ぎに宿を解散した。




東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2003-2005 東京渓流釣人倶楽部