釣行会レポート

2005年4月9日(土)〜10日(日)

日本渓流釣連盟 懇親釣行(伊豆方面)

リーダ:近松(日渓連担当:満藤理事)

参加者: 満藤、石田、小幡、石下、八木、佐々木、村松、柳田、大場、櫻井、筧、植森、近松

  計:13名



交通:車5台

宿:伊豆湯ヶ島温泉 たつた旅館

費用:13,000円

天候;4月9日(土)晴れ、 10日(日)晴れ

概況:

 各地釣りクラブ主催による日渓連懇親釣行会が、諸般の事情で2年前をもって実質打ち切りとなったが、懇親会だけでもという日渓連会員の希望により、今回の集いとなった。東渓として、日渓連懇親会に併せ、伊豆釣行会を計画することとなった。夕方の懇親会までの時間を自由に釣りをして頂くこととし、釣り場は狩野川中心なので、本流組みと他の河川組に分かれ釣行となった。
本流組(櫻井、大場、筧、植森、近松)は石田“本流師範”の案内で大見川に入り、 10時頃までやり、櫻井氏は25cmのアマゴ数尾を確保した。本流と大見川合流点に入った石田氏は45cmの野性味のある堂々の虹鱒を0.3号で釣る。45cmの虹鱒を0.3のハリスで釣上げニンマリの石田氏
その手ごたえは?ご想像ください。同じく、合流点に入った大場氏も26cmのアマゴをゲットした。その後、櫻井、筧、植森、近松4名は戸田川に転戦するも水量が全く無く、河津方面に移動した。
河津では、ハヤの猛攻の中、植森氏が30.5cmのアマゴを釣り上げた。
 今のところの大物賞です。 植森氏はこれまでフライ専門できたそうですが、エサ釣り初めてにして、30.5cmのアマゴは見事です。

 村松車(佐々木、柳田)は小土肥川を目指したが水量が無く、宇久須へ移動した。先のタイヤ悪戯事件の教訓から公民館の駐車場に停めた。宇久須川では釣果は虹鱒が多く出たが、アマゴのサイズは今一であった。植森氏が釣上げた30.5cmのアマゴ
 5月開催予定のかわせみ会との交流釣行会の打合せ目的も兼ね、かわせみ会吉田氏の車に同乗した小幡、石下、八木氏等は村松車と同様に(昨年、今年のタイヤ悪戯事件に懲りもせず)宇久須川に入るも、村松グループとかち合う。その後、那賀川に移動し、アマゴの釣果はそこそこであった。
 今回は日渓連懇親会がメインでもあり、各車共早々に釣りを切り上げ、15時前後には全員が宿入りとなった。今回の参加者は46名で、狩野川漁協組合長、農水省釣人専門官等の来賓、計50名の出席であった。小幡理事の進行により、佐々木日渓連会長の挨拶に続いて、懇親会となった。宴途中で参加クラブの紹介、抽選会もあり、飲み放題でもありニギニギしく時間が過ぎ去りました。たつた旅館は普段我々の釣行会では使えない格式のもので、料理、部屋にしても、相応に良かった。(注;来年の東渓解禁釣行の宿として、格安値段で予約済みとの非公式情報があります。)翌日(日曜)は朝食後、記念放流と狩野川清掃で、今回の日渓連懇親会は無事終了した。
日渓連関係者の方々には大変お疲れ様でした。

東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2003-2005 東京渓流釣人倶楽部