釣行会レポート

2005年5月21日(土)〜22日(日)
北信州 雑魚川交流釣行

リーダ:石下

参加者:小幡、村松、上野、八木、柳田、石下

 計:6名



交通:車(2台)

宿:ホワイトイン 北志賀

費用:22,000円

天候;

概況:

予定通り関越道 高坂S・Aに23:00に6名全員集合し、2台の車に3名づつ乗車出発した。途中上信越自動車道に入ってから信州中野ITでおりてルート292で志賀高原方面に向かい、かわせみ会との待ち合わせである「道の駅」北信州やまのうちに2時半すぎに着いてしまった。
集合時間に1時間あるので仮眠し、目をさますとかわせみ会の会員らしき人が来ていた。実は前日からここにきて軽く宴会をして仮眠していたのだと言う。
3時30分、空もうっすら白みがかって来たころ、かわせみ会6名もそろい、小澤会長の丁重な歓迎挨拶を受けた。「東渓の関口会長より大変ありがたい交流釣行会のお誘いを頂きかわせみ会として嬉しい限りで2日間楽しい交流になるようご案内したいと思います」とのこと。
それぞれにコンビニで日釣り券350円と弁当を買ってから、雑魚川に向かう。
下流へ奥志賀林道471と502合流点まで下り、そこから上流へそれぞれ2人2人の4人1組で3グループに分かれた。奥志賀林道はまだ正式には開通していないのでところどころ落石がごろごろしている。道路と川は10mから50m近づいたり離れたりの入りやすい釣り場だ。
渓相は大石、大岩が重なり合い淵も多く、まさにイワナの渓流だ。そんな良いところを優先的に東漢メンバーを入れてくれた。かわせみ会のNさんは2週前にもこのポイントに入っていい釣りをしたという。雪も結構あったのにもう消えてしまった、と雪解けの早さに感心していた。NさんもNAさんも東渓の我々がミミズを餌にしているのにかなり驚いている。此処ではミミズでは釣れないと思っているみたいだ。Nさんは盛んに川虫をとってえさにしているし、NAさんはイクラを常餌にしている。
東渓の柳田さんと2人で彼らより上流にはいり、2人でなんとか8〜9寸イワナを8匹釣って彼らの元へ帰ると、かれらは50メートルぐらいのポイントを行ったり来たりの釣りで余り動かない。それでも2人共6匹づつ釣っていた。我々がミミズで釣ったものだから(彼らより型良し)盛んに感心していたので、東渓の大半の人はキジでのつりですよというとますます感心されてしまった。


東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2003 東京渓流釣人倶楽部