釣行会レポート

2005年6月3日(金)〜5日(日)

本流(秋田大曲方面)釣行

リーダ:石田

参加者:村松、柳田、西川、本間、近松、櫻井、筧、中野、石田

計:9名


交通:車(3台)

宿:角館 『雲沢旅館』

費用:30,000円

天候;晴れ

概況:

6月2日(木)夜行発3日(金)〜5日(日)でサクラマスとヤマメの本流釣行ということで9名の参加で行った。
石田リーダーは秋田県のサクラマス釣りの解禁が6月1日だったので希望として1日ということでしたが、それにはいけず2日明け方からの釣りということで、一人での先発釣行でした。
3日(金)4時ちょい過ぎに空が明るくなり始めた頃、約束の集合地、桧木内川の堰堤に2台の車8名が着き先発の石田氏と合流した。すでに石田氏は川に立ちこみ竿を振っていたのですが我々が竿を出せるよう場所取りしてくれていたそうでご苦労様でした。
川には3名が竿を出していましたが、まだ釣果は無く、1日はルアーの数人が5本あげたそうで堰堤下にはサクラマスが集まっているとのこと、早速、サクラ組み3名(石田、本間、村松)ヤマメ組みに分かれ、サクラ組みは石田、本間両氏が堰堤下にたちこみ竿を出す。
ヤマメ組みは院内川(櫻井、西川、柳田)と桧木内川(筧,近松、中野)へ大ヤマメに胸を膨らまし向かった。8時堰堤下に集合まで2時間ほどの釣りが第1ランド。
村松は1時間ほど2人の釣りを地元のじいさんルアーマンと見ていたが、じいさんが作日下流の柳木の下でサクラが出たと教えてくれたので、竿をそこで振った。まもなく本間氏が大きな叫びを上げたので見ると竿が弓なりになっていた。石田氏が竿を寝かせろと怒鳴づている間もなくサクラはばれてしまった。本間氏の顔がひきつっている。くやしー、ほっし一、竿を立てないで寝かせろーと3人思わず言い合った。又、しばらく今度は仕掛けが石をかみ本間氏の竿が折れてしまった。石田氏が車まで戻り、竿と仕掛けを本間氏に貸し再び挑戦。
その間村松は柳の下ではハヤぱかりであきらめ本間氏のポイントに入った.本間氏が隣に来て竿を振リ15分もしないうちまた竿が弓なリになってサクラがかかった。右に左にサクラは猛然と走り、青白い腹を見せている。でかい、本間氏はただ竿を必死に握って抵抗するサクラを見ているのが精一杯。顔はさっきよリさらに引きつり、歯をくい縛っている形相がすごい。石田氏も駆け寄り大きな声で浅瀬に寄せろとアドバイスする。魚が浅瀬に寄ってきたので村松がタモですくおうとすると深みに走っていく。石田氏が「まだ早い」、「もっと弱らせろ」、「浅瀬に寄せろ」と叫ぶ。3人は何とかぱらさないよう必死だった。
15分間のやリ取りで石田氏の大きなタモにやっとおさまって、3人で握手した。おめでとう!
車から巻き尺を持ってきて測ると52cm、針ががっちリ食い込んでいた。
本間氏の顔にやっと笑顔がでて緊張と喜びの複雑な様子、体が幾分震えているようにも見える。
石田氏も自分が釣った以上の喜び顔だった。少し落ち着いてから本間氏が「おかげさまで釣らしていただきました。ありがとうございました。」とリーダー石田氏と今1度の握手。本当に良かった。
本間氏は昨年11月から体調崩し療養しやっと今回釣行に参加できたわけで、まさに快気祝いの一発だった。それと東渓クラブの初めてのサクラマス釣行で会員の初釣りという意味でもすばらしい出来事だ。
まもなくヤマメグループの櫻井氏も戻りお祝いしてくれる。まだ帰らない仲間に携帯で知らせる。
ききつけて戻ってくる会員が次から祝福してくれる。
「今夜の酒は本間ちゃん持ちだ!」と誰かが言った。酒一升、ホンマに本間氏が持つてくれた。
ヤマメグループはちぴヤマメかハヤで釣果なし。話題は「サクラ」、楽しい宴会になった。
2日目はサクラ狙いで再び石田氏、本間氏。ヤマメ狙いで岩見三内川へ近松車グループが玉川水系に柳田車グループが向かい、夕方5時帰宿の予定で散った。
どちらもそこそこの釣果だったが玉川本流が大増水で釣りならず、支流に入り大当たりだった。
サクラグループも人が多く途中ヤマメに切リ番えた。
残念なことに柳田氏の車が宿近くの角館警察近くで信号待ちのとき、後ろからお釜を掘られてしまった。相手の全面保障だったが後が大変だ。
3日目、いまいち消化不良の近松グルーブ4人がんばって玉川支流へ行くも、釣果は良いも悪いもばらついた。柳田グループは角館の朝市に期待して6時に行ったが昨日大市場で、今日は小市場、9時からということで、武家屋敷見学を車で廻って、宿に戻った。
9時30分宿前で記念写真後帰京し無事全員燭宅した。 


東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2005〜  東京渓流釣人倶楽部