釣行会レポート

2005年7月8日(金)〜10日(日)

秋田 生保内川源流釣行

リーダ:村松、サブリーダー:柳田

参加者: 筧、近松、西川、八木、柳田、村松 

  計:6名



交通:車2台

宿:テント、バンガロー

費用:23,000円

天候;7月8日(金)曇りのち晴れ、9日(土)晴れ後夜半雨、
    10日(日)雨のち曇り


概  要:
前夜発2泊3日の田沢湖方面、生保内川源流釣行は6名参加、車2台で行いました。
8日朝4時ごろ、盛岡から田沢湖までの国道46号(秋田街道)は途中から生保内川沿いに走り、みおろした川は前日の梅雨による増水で白泡を立てた濁流になっている。源流への入渓に大きな不安がよぎる。
初日は川の増水を考え、玉川支流の先達川上流、乳頭温泉周辺に流れる鳥坂沢(柳田、八木)蟹沢(近松、村松)、桧木内沢、小先達沢(筧、西川)に入渓、11時まで第一ランドの釣りで始まった。どの沢も小渓ながら増水が幸いしイワナ、ヤマメの活性が高く良い釣りが楽しめた。
今回初の鳥坂沢、蟹沢はいたるとこ温泉に囲まれる中の数少ない良水質の源流の様相で大岩の間を縫って流れ、ポイントごとイワナがみられ好渓である。蟹沢の帰りがけにブナの木に鈴なりの平茸をいただき、2日間の味噌汁の具と油炒めで美食を味った。
鳥坂沢に入った柳田、八木氏たちは先達川との合流点までの道を誤り1時間ロスでなんとか入渓できたが増水でポイントが限られる中でも良い釣りが出来、水が収まればもっと楽な釣りが出来る抜群な渓相だそうです。
小先達沢、桧木内沢の筧、西川氏たちは実績とおり良型のヤマメ、イワナをそろえてきた。
玉川本流が濁流なので水質の良い両渓に本流差しがあるのであろうか。
田沢湖駅前の食堂で昼食をとる。全員納得の釣りが出来て、夜行の疲れも吹き飛び笑顔の会話が弾み飯もうまく満足だった。
午後は朝道路越しに見た濁流を心配しながら生保内川源流を目指し林道を走る。川の水は収まり始め、何とかつりは出来そう。雨上がり後の山々の木々は緑濃くすっかり夏葉になっている。遠くの山谷はまだうっすらモヤがかかりぼんやりして余計奥深さを感じさせる。
林道はところどころがけ崩れの痕を残し石が転がり荒れている。途中2台の車とすれ違い情報交換したが上流での釣りはまあまあだが林道は荒れていて、軽自動車でないと終点まではいけないとのこと。ここまでの本流の渓相は見事で大イワナを予期し、今すぐにでも竿を出したい気分にさせらた。
雨が何時降るかわからないしがけ崩れもあると戻れない事を考え上流をあきらめて、途中の広場に薪に使える倒木の山があり地面も平らで石が少なく、水場も近くテント張りにぴったりの場所があったのでここに決定。
2時間かけてのテント張り、薪運び、テーブルセット、荷物降ろしの作業を終え、ビールで乾杯。焚き火も気持ちがいい。向かい側の川向こうに時々「秋田新幹線が走り」後ろの高台にある国道はトラックが走り山々に囲まれたなんともいえない源流の雰囲気の場所である。
誰かが「新幹線の走る源流釣り場」と名づけた。
夕方、近松昭雄、筧両氏がテント場上下流に入りつり始め、まもなく近松氏が竿先にきらきら魚をぶら下げているのが遠見で判り、25cm強の幅広ヤマメだった。明日の釣りが楽しみ。
西川氏が新幹線をバックに近松氏の釣ったとこをデジカメに収めようと待ち構えていたが、結局釣れなくて撮れなかった。残念。
マキが豊富なので焚き火でヤマメ、イワナ30本のくし差しを焼く、夕飯は肉野菜炒めライスとイワナ汁、夜空も満天の星、飲む酒もうまし、みんな楽しそうだがやがて疲れも出てテントにもぐりこむ。
2日目朝4時起床、生保内川本流釣行をテント場を境に上流に筧、近松、村松、八木、下流に西川、柳田、と分かれ、2台の車で向かった。
上流では八木氏は泣き尺ヤマメ(31cm)頭に3匹、筧氏40cm超えイワナをばらし、近松、村松はイワナ2本づつで八木氏一人にこにこ顔で第一ランド終了。
下流の西川さん3匹ヤマメ、柳田氏幅広9寸ヤマメを爆釣(9本)で八木氏も出し抜かれてしまった。第二ランドは八木氏支流入り以下全員下流に分散、柳田氏またもや9寸ヤマメ4本追加で、一人勝ちであった。8m竿で仕掛長め、対岸のポイントが竿抜けで、錘も条件にあっていたそうです。しかし生保内川のヤマメが実に見事な型で惚れ惚れしてしまい改めて川を見直したしだいでした。
夕方まで間があるが、雲行きが怪しくなってきた。天気予報も今晩再び崩れる様子なので、早々にテントを撤収し、田沢湖キャンプ場のバンガローに入ることにした。
これが大正解で、夜中に土砂降りの雨でテントをぬらすことなく、翌朝の出発もスムースに出られた。夜食はカレーライス腹一杯で疲れも手伝いすぐ寝てしまう。
3日目朝4時起床、夜中の雨で釣りは不可能と判断し和賀川方面に移動する。釣りゼミナールでの佐々木名誉会長お勧めの大物ヤマメつり場を覗き、湯っ子駅温泉で湯を浴びて帰ろうということになった。一台の車が燃料切れになりそうで早朝のガソリンスタンドがなく、北上西インター下車、国道でやっと補給したが、和賀川は増水で釣りに入れず温泉もやめて帰京することにした。
途中サービスエリアで魚分けし解散をした。無事怪我も無く楽しい釣行ができ参加された方々お疲れ様でした。この方面の釣り場は今後も有望ですので又の日を期待しましょう。
                                  以上

東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2003-2005 東京渓流釣人倶楽部