釣行会レポート

2005年7月16日(土)〜18日(月)(15日(金)夜発ち)

秋田(岩手、青森)方面釣行

リーダ:近松昭雄、櫻井敬一

参加者: 中野、筧、櫻井、近松 

  計:4名



交通:車1台

宿:金田一温泉「まべち苑」、大湯温泉 「岡部荘」 各1泊  

費用:32,500円

天候;7月16日(土)晴れ、17日(日)晴れ、18日(月)曇り後晴れ

概  要:
7月15日21:00東上線朝霞台駅を出発。4名で車両1台のみのため、いつもの様に、蓮田SAに集合する必要も無く、東北道を一路北上した。3連休前夜のため相当の混み様で、また、途中仙台辺りまで稲光の雨の中、運転はかなり慎重になった。白川IC辺りで乗用車3台が横転(雨でスリップ?)していたが、渋滞、通行止め等に巻き込まれること無く済んだ。
車中で初日に狙う河川を相談し、朝一は安比川、兄川から始め、一戸IC経由田子(熊原川水系)方面とした。このところ、東北方面もかなりの降雨があり、適水量であることを願いつつ、安代ICを目指した。

 第一日目:
04:00に安代ICに到着、04:30安比川で実釣開始した。 少々増水気味の中、08:00までで釣果は、櫻井さんが体高のある23〜28cmのヤマメ9尾の好釣をしたが、他は各人2〜3尾であった。中野さんがテンカラ第1投でヤマメを掛けた途端竿が折れ、集合時間まで川原で朝寝(不貞寝?)。テンカラの予備竿の持参も忘れ、急遽、釣道具屋を探す羽目に。ナビで探し、走り回り何とか購入したが、予定の兄川はカットし、一戸ICに向かった。
熊原川本流は増水した真新しい跡があり、水量はまだ少々多めであったので、熊原川と支流の杉倉沢の合流点から二人ずつに分かれて上流側に入った。杉倉は工事のためか、濁りが強くなり、釣果もそこそこ、本流側もそこそこであった。昼過ぎからはピーカンとなり、昼食後は田子公園の東屋で小一時間の昼寝をした。その後、田子川支流の種子川で実釣したが、ピーカンの中、各人1〜3尾で終わった。
17:30過ぎに、まべち苑に入り、入浴後夕食となったが、疲労と、泥酔とで、全員20:00就寝。まべち苑は東渓としては、初めての宿であったが、料金を考えると、今後ともオススメです。



第二日目:
 04:00に宿を出発し朝食前の釣りに向かう。筧さんは杉倉沢のダム下、中野さんは熊原川合流点から上流の杉倉沢、櫻井さんは杉倉沢との合流点から下流の熊原本流、近松は熊原川本流(田子温泉付近)とした。杉倉も前日の様な、工事による濁りも無くほどほどの釣果であった。前日に比べ多少減水した感のあった本流(中流)は丁度良い釣り具合となり、近松は23〜27cmの本流ヤマメ8尾の釣果でグッドであった。合流点から下流側本流に入った櫻井さんは河川のゴミの多さを嘆いていた。インターネット情報でも熊原川のゴミ汚れ(特に農業用ビニール、プラスチック等)が指摘されている。08:30に朝食後、沢山の氷を頂き、09:30「まべち苑」を出発し、第2ラウンドの長木川に向かう。
途中、大湯川上流から川見をしながら下流へ、川は減水気味で、こちら方面はこのところ雨が降っていない様であった。大湯を飛ばし、11:00頃長木川到着、ピーカンの中、鉄道橋から上流に筧氏、その下の本流に中野、櫻井、近松の順に入った。長木川も超減水でハヤの猛攻の中、1〜3尾のヤマメをゲットした。その後、大湯川に戻り3:30頃から5:00頃まで釣りをしたが、ここでも各人1〜3尾の結果であった。「岡部荘」では、いつもの川縁の部屋に通され、入浴後、18:30から夕食、今日も元気にビール、冷酒を痛飲しながら、遊び二日間の過ぎ去ることの早さを実感しながら疲労と、泥酔とで、20:30就寝。




第三日目:
04:00宿出発と前夜に決めていたが、03:30の起床では、外はまだ薄暗く、様子を見ながら出発した。中野さんは小坂川と荒川の合流点を目指した。その他3名は、大湯川とした。宿前の橋から近松、浄水場跡から櫻井さん、堀内沢に筧さんと分かれて入った。櫻井さんは、浄水場跡地の裏側から入り、ここならではの良型ヤマメ2尾、イワナ2尾をゲットした。堀内沢に入った筧さんは合流点から、イワナ30cmを初めとして好釣した。
 朝食前に、釣果の分配をした。サイズ的にはイワナの30cmは出たものの、ヤマメは泣き尺が最高であったが、尾数的には、まあまあでお土産には十分であった。
09:20宿を出発し、十和田ICから東北道に入り、予想はしていたが、途中3連休の混雑と事故渋滞に捕まるも、運転手4名の強みか、浦和I料金所に17時前に無事到着した。
                                 以上

東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2003-2005 東京渓流釣人倶楽部