釣行会レポート

2006年3月4日(土)〜5日(日)

伊豆解禁釣行

リーダ:中野

参加者:小幡、八木、今井、石下、近松、櫻井、柳田、西川、本間、村松、
  満藤、徳丸、
石田、筧、沖野谷、大場、植村、小野寺、中野


計:19名



交通:自由参加(車8台)

宿:伊豆湯ヶ島温泉 たつた旅館

費用:12,000円

天候;4日: 晴れ 5日: 晴れ

概況:

2006年、渓流釣りの解禁釣行会を恒例の伊豆で開催した。
今年は倶楽部創立50周年、放流事業30周年と記念すべき年であり、記念イベントを盛り込んだ釣行会としていくが、東渓として渓流釣り解禁の幕開けに当り、狩野川漁協と連携し、近隣の河川に記念放流を実施することになった。
3月4日(土)晴れ、気温10℃と平年よりやや低めの中、参加者の面々、逸る気持ちを抑えながらも前夜発ち、当日発ちと各グループ、思い思いの河川で解禁釣行を楽しんだ。
例年だと各河川、渇水気味であるが今年は数日前の雨で水量はどこも多めであった。気になる釣果であるが確認するもこれと言った良い報告はなかった。例年、グループにより、釣果の差は有るものの、幾つかのグループで幸先の良い話が聞けたが今年はどのグループも貧果であったようだ。その中で運が良いのか腕が良いのか分からないが何人かは型を見ることが出来たようだ。
この様な状況からか集合の16時30分にはほぼ全員が宿に入った。温泉でゆっくりと疲れを取り、18時から宴会となった。
宴会には狩野川漁協の組合長、総務委員長をお招きし、組合長の挨拶に始まり、華々しく開宴となった。また、つり人社の取材も受けた。
漁協の話によると今年はアユの遡上が近年にない程、多くの遡上が確認されているとの事。
鮎釣りファンには朗報と言える。一方、渓魚(アマゴ)については本流主体に放流しているが解禁日を含め今ひとつの状況であり、渓魚の放流にも力をいれて行きたいとの報告があった。今日の釣果がうなずける。
渓流釣り関係の取組みとして毛ばり釣りは現在、5月中頃まで可能であるが今年から川鵜対策を兼ね、本流以外は9月末まで可能にする方向で検討しているとの事であった。
漁協へは渓流釣りファンを代表し、狩野川の益々の渓流釣り活性をお願いした。
また、河川の清掃を住民一体で実施するので協力依頼があった。我々も河川環境保全には積極的に努めて行きたい。
宴会は宿からの差し入れもあり、豪華な料理を肴に時間を忘れ、遅くまで釣り談義で盛り上がった。
3月5日(日)、前日の好天気からか朝の冷え込みは今年一番か?かなりの冷え込みであった。宴会の酒もさめない中、いつもの事ながら数名の勇士が前日のリベンジよろしく早朝から頑張ったが寒さのせいかエサ付けも容易でない状況で殆ど釣りにならず朝風呂を楽しむ結果となった。
早々に朝食を済ませ、10時から記念放流として八木放流リーダの元、狩野川漁協の協力(2名の応援)を得て、参加者全員で近隣の河川にアマゴの稚魚を3,000匹、分散放流を行った。11時頃には放流も無事終わり、現地解散とした。
風も強くなり、帰路の途中、晴々とした空に際立った富士山を横目で見ながら、帰路に着いた。
尚、つり人社の取材は「つり人」誌5月号に掲載される予定です。
「解禁釣行会はお祭り!」東渓50周年の開幕として相応しい解禁釣行会でした。


東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2003-2006 東京渓流釣人倶楽部