釣行会レポート


2006年6月10日(土)〜11日(日)

日本渓流釣連盟 懇親釣行

リーダ:

参加者:関口、小幡、小野寺、石下、八木、中野、沖野谷、櫻井、満藤、近松、村松、筧 

  計:12名



交通:車3台

宿:小野川温泉 河鹿荘

天候;
雨、晴れ

概  要:

約束の蓮田SA午後11時集合も各車の都合でそれぞれの釣り場到着時間を逆算して、まず小野寺氏一行が9時過ぎ通過の報告が小幡氏より入る。
次に11時少し前、中野氏一行の沖野谷氏より先行の一報が寄せられた。
1号車(小野寺車)は武蔵小杉駅にて集合。小幡氏、石下女史、八木氏の4名で、入渓河川は野川、実淵川方面を釣行した。
釣果は、野川は魚出ず。実淵川で石下女史の竿頭4尾、各人1尾と軽く抑えて、早々宴会準備のため宿に入る。
2号車(中野車)は亀戸駅前にて集合。沖野谷氏、桜井氏の3名。入渓河川は新潟県に注ぐ荒川上流域の玉川支流足水川、内川、実淵川を釣行。何時もの事ながら此処でも桜井氏の豪腕が唸り冴える、内川で30cmオーバーの岩魚を筆頭に7本、足水川では25cmオーバーの山女魚、又小野寺氏御一行後の実淵川でも山女魚を翌朝は一人大樽上流域で5本に抑えたと謙虚な御報告を戴く。倶楽部の誰もが称える釣果。沖野谷氏は内川の崖上から8寸オーバーの岩魚を抜き上げる。その時の形容は「雨上がりの美しい陽光を白い魚体は受けて、キラキラと輝きながら上ってくる一時の感動は忘れられない」と、後の釣果は窺い知れない。
3号車(関口車)は、村松氏、近松氏、満藤氏、筧氏の5名。入渓河川は、福島県裏磐梯の長瀬川、小樽川、本間氏が逃したと言う大物を求めて長瀬川に分かれ入川。
葦が伸びて川は幾つも分水している。水質は悪くは無いと思うがゴミが多い(生活ゴミから産業ゴミまで)遡行は難儀で釣りポイントが絞り難い、山女魚の型は出るが食いが渋く「アブラハヤの当り」と思わせる程、それでも全員で12尾を挙げる。

夕刻から山形県漁連の島軒会長代行(県南漁協組合長)、県南漁協白田副組合長、他の来賓を迎え、日渓連懇親会が開催され6団体、30名の参加があった。当倶楽部から、関口会長はじめ12名のメンバーが参加した。
来賓の挨拶、相吉日渓連副会長の挨拶の後、小口相談役の乾杯で、賑やかな懇親会となった。
当倶楽部から創立50周年記念としてゴミ収集袋を5000枚、携帯ゴミ入れ(ポケット灰皿)500個を寄贈した。

翌、11日は午前10時から日渓連による参加者全員により、山女魚稚魚4500尾を各班分かれて放流。無事終了し、解散となった。ご苦労様でした。



東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2003-2007 東京渓流釣人倶楽部