釣行会レポート


2006年7月1日(土)〜2日(日)

山形野川キャンプ釣行

リーダ:関口、サブ 西川

参加者:柳田、村松、西川、大場、近松、櫻井、筧、関口、小宮山、植森、
                         現地参加(菅野)


  計:10名



交通:車3台

宿:長井市縄文の森「バンガロー」

費用:17、000円(交通費、食料等)

天候;
雨、曇り

概  要:

恒例の山形キャンプ釣行のリーダは小野寺さん。仕事の日程調整が困難と白羽の矢が向けられた。サブは西川大ベテランだったからリーダの代打を私が気楽に引受けた。メンバーは柳田、村松、近松さんなどキャンプのベテランぞろい。西川さんが手際よく計画を立案してくれた。現地、山形の菅野さんグループと交流を深める計画だったが残念ながら菅野さんグループは、サクランボ農家も多く収穫の最盛期のため菅野さん一人の参加となった。
 前夜23時に蓮田SAに車3台が集合の予定で出発だったが、近松車の同乗者二人が餌を忘れ(毎週組みでボケていた)、出発が少し遅れて那須高原SAで3台が集合。小康状態だった梅雨前線も日本海から東北方面に移動する予報、降られるのを覚悟しての出発となった。
 近松車は磐越道から大峠越えで大樽川、小樽川方面を廻り実渕方面に向かう。関口車と柳田車は寒河江川に向かう。途中の福島に入ってから物凄い雨が続いたものの山形道に入り笹谷トンネルを越えると小雨に、西川IC下車時には雨雲もどこやら路面は乾いている。上流の水沢部落の道の駅に3時半到着。夜明けを待って仕度をし、2台とも寒河江の本流の状況を見る。菅野君の情報では、先週水がだいぶ落ちて入渓できたとのことで、八寸クラスを2時間で5匹ゲットしたとの情報を頼りに高取地区の入間小学校の下手の橋から覗く。水は落ちたとはいえ相当な流れだった。分流している場所以外は到底太刀打ちできそうもない。関口車の3名は橋のたもとに駐車して入渓した。川底の石は雪白で出来たヌルが腐って油の中にいるように滑るから身動き取れない。分流の中洲に渉るため大場さんを拙攻隊として出す。ヌルで滑る渡渉を何度か試みたが一向に進まない。かなりてこずって三十分近く経った。見かねて戻るよう合図を出す。結局渡渉できず退散して橋を渡り分流の上流に回り入渓した。分流を釣り下ったが先行者が居て思うような釣りができなかった。
 柳田車は、さらに下流の製材所辺りに入渓する2名と水沢の中流部に入渓する2名に分かれて釣行したが形を見た程度であった。本流はもう一回水が出てヌルを流さないと無理のようだ。さらに減水する時期に入渓するとベストコンデションと思われる。菅野さんも9時に道の駅に集合。サクランボを買い求めたがあっという間に売り切れてしまい買い求めることが出来ないメンバーもいた。
さらに今晩の酒のつまみにする山菜の青ミズ、地元のきゅうりの漬物、キムチなどを買い求め、野川への集合場所の長井駅へ一路向かう。途中の月布川は笹濁りで釣りになる状態がったが、最上川本流は真っ赤かの濁流で上流域に相当な雨量があったようだ。朝日町の道の駅でさらにお土産のサクランボを購入。東京の半値くらいと安さに皆大量に買い込んだ。コンニャクの田楽も美味かった。さらに南下すると十一時過ぎに長井駅に到着。雨は強く振ったり小雨になったりと前線が真上を通過している状態であり、すこぶる荒れた天気になっている。小樽方面に向かった近松車は、大雨の中で濁流の大樽川で少し竿を出した後、実渕川と朝日川の下流域に入渓してほどほどの釣りをして合流した。
 キャンプ地の野川上流は、険しい山岳の林道でかなり危険の状態と思われる。こんなときのために西川さんは、ネットで近くにあるバンガローやロッジを調べて来ていただいている。長井市に2箇所キャンプ場がある。一箇所は無料?だが怪しい物件だった。もう一つは「古代の丘」という長井市の施設で有料である。長井駅の公衆電話から市役所に電話、土曜日のため当直の係からバンガローの管理人の連絡先を教えてもらった。西川さんは管理人に何度も連絡したが留守電で連絡が取れない。駅前の中華屋で昼食をとった後にバンガローのある古代の丘なる場所に向かう。縄文時代の遺跡があって、資料館の中に出土した土器、鏃や土偶などの展示があり無料で公開している。資料館には気の良さそうな館長とお手伝いのおばさんの二人。
バンガローの件を尋ねたところ管理人宅は3軒となり、といってもかなり離れている。館長は近いから様子を見てくると出掛けて行った。その間に館内を見学してくださいと案内され、中のソファーでお茶のもてなしまで頂く。管理人は青森に出掛けて留守(何回電話しても通じなかった訳だ)だったが、代理の息子さんに連絡してもらった結果、借りることができるとの返事を頂いた。鍵と手続きのため一時間ほど待つと息子さんのさらに代理の嫁さんがやって来て現地まで案内される。買出しに行っていた近松車も戻ってきた。
 池の周りを半周すると斜面に6棟のバンガローが点在し、その真ん中に炊事場と大きなテーブルに長椅子が二組あり、真ん中に火を燃やす堂々とした施設がある。大きな高い屋根が付いており、火を囲んで宴会もバッチリ、少々の雨でも快適な空間が存在する。なかなか立派で全員大いに気に入った。バンガローの案内板には3号棟△△△さんの名前が書き込んである。管理人の代役のさらに代役の嫁さんにそのことを尋ねると今日はキャンセルがあり全部空いている。どれでも自由に選んでくださいとのこと、貸し切りとは願ってもない。炊事場に近い3号と4号の二棟を借り、薪も買出しで調達してきたがただで使い放題。使用料二棟分六千円を払い手続き完了。
 まだ魚の顔を見ていない大場さんと植森君に野川の下流域に竿を出して来いと送り出す。雨は時々激しく降り、前線が活発に通過している状態の中で荷物を降ろし、早々と火を付け宴会の準備に着手した。3時過ぎに車10台ほどのグループがドカドカとやって来る。近くの子供会の30名に引率の大人10 名ほどだった。若いリーダは2ヶ月前に予約し、全棟貸しきりのはずと息巻く、市役所に電話を入れている。確認しようとしたようだが担当者は休みのため話が通らないからいら立っている。どうやら管理人と市役所の受付に行き違いがあったようであるが、我々も店を広げてしまった。この雨の中行く当てもないのでこちらの1棟を提供するから一緒にどうですかと助け舟を出す。しかし、憮然として妥協しない。様子を見ていると車1台残し全員退散してしまった。やれやれと火を取り囲んでビールで乾杯。すっかりご機嫌になっていると、居なくなった子供会のリーダが市役所の職員を連れて来た。そして我々に近くにある別の施設に移動してほしいと要求してきた。対応の悪さに、いまさらって事になってしまった。
何の言葉もなく黙って後にしておき、あまりにも勝手な言い分ではないか。我々は1棟提供して仲良くやりましょうとまで提案していた。
こっちは近くに別の施設があることも知らない。これから市役所の担当者に来てもらい調整してもらうから少し時間を下さいの一言があれば、店も広げなかったし酒も我慢して移動できた。我々は当日の申し込みだが、ちゃんとこの用紙で今しがた手続きも支払いも完了しており落ち度はまったくない。もう酒が入り移動できないという結末になった。大人気ない対応はしたくなかったが、あまりにも若いリーダの資質に問題があるようだったから少々苦い薬をなめさせてやった。筧さん曰く「このアクシデントを子供たちに伝え、解決していく姿を見せることが大事である」それが出来たとき子供達から「うちのリーダはえらい」と感心される。同感である。リーダ自ら学習効果が得られるチャンスを逃したのである・・・残念。別れ際リーダに猪の肉を渡した。みんなで食べてよ。・・頂きますの声は小さかった。
 一段落して、酒を呑み直していると、今度は真っ赤なステーションワゴンが乗り込んできた。背の高い30代後半のお父さんと二人の小学生が雨のなか我々の横を通り3号棟へ向かって行く。すみません。そこは我々が借りていますよ。今日は、ほかに借りている人はいないはずですが。今しがた市役所の人が来て、子供会のメンバーと別の施設に移動していきましたから確認して下さい。そのお父さんは早速携帯を取り出して連絡している。さっきのリーダほどいきり立っていない。しばらくすると市役所の人がやってきて、お父さんと話をしている。・・・・
借り手は市役所の職員だった。仲間内のためか調整してこちらに泊まりますからと左手の高いところを選んだ。筧さんが「会長、子供がいますから猪肉少し分けてやってもいいですか」。「お裾分けいいですね」。子供に罪はない。とはいうものの、いったいここの管理はどうなっているのだ。憶測だがかなりずさんな管理のようだ。ロケーションも好いし立派な施設でありもったいない。
 5時過ぎには雨のため日が落ちたように木立の中は薄暗い。炊事場の横に止めてあった柳さんの車の後ろで村松さんが荷物を出していたときに、ドスーンと大きな音がした。真上の楢の木の直径10p くらいの枝が折れ、車のバックドアに当った音だった。テールランプのコーナーが割れた。バックドアを開けていなかったら村松さんの頭を直撃していた。不幸中の幸いだった。
 野川に出掛けた二人は、なかなか戻ってこない。そもそも案内役の大場さんは、前回釣れた場所に行き着くことができたのか不安だ、違うところで竿を出している可能性がある。帰ってくる道が判るのか。釣れていなかったら可哀想だなー。などなど、酒の肴に事欠かないご両人も無事帰還した。・・・残念ながら、あの二人のことだから釣れなかったとの予想が的中してしまった。猪の焼肉も背ロースの部分があったので菅野さんも脂が美味いなんて始めてとご機嫌だった。菅野さん差し入れの大量の砂糖錦も上品な香りと甘さが絶品であった。筧さんの手料理と柳さんの岩魚のから揚げ、山菜のてんぷらも大いに満足。車で5分ほどの処に「桜温泉」があるとの館長の話から、そこも泊まれるか頼んだのであるが、今日は満室と断られた。3百円で温泉に入れるとのことでアルコールを一滴も飲まない筧さんに運転をお願いして出掛けた。山の方に上って左に進むと右に「長井あやめ温泉・桜湯」の看板が、山小屋風の温泉で地元の家族連れが入りに来る。岩風呂の露天風で少し鉄分があるらしく濁っているが気持ちいの良いお湯だった。サクランボの観光農園もやっている。別館があり1棟1泊1万5千円5名まで。追加1人千円、最大10人まで可能とのことだった。温泉の後も大いに飲み夜は更ける。
夜半相当の雨がバンガローのトタン屋根を激しくたたく音に悩まされつつ熟睡。 3時半には、村松さんがまだ魚を手にとっていない大場、植森君を連れて出掛けた。月布川支流の小清川に入渓し、最上流に入った村松さんが岩魚32cm、山女30cmと良形をゲット。大場、植森君もほどほどの釣りをしてきた。9時には朝食を済ませ、飛ぶ鳥後を濁さずのごとく炊事場をきれいに掃除して菅野君と別れる。我々は大峠を超え磐越道廻りで夕方早めに帰路に着く。昨年の朝日川キャンプも集中豪雨だったから二年連続の大雨にたたられたキャンプ釣行となってしまった。菅野君に今年中に厄払いをしましょうとお礼のメールを出した。この時期は梅雨ですからー、とつれない返事が返ってきた。
来年は場所を変えて計画をお願いしたいものである。




東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2003-2007 東京渓流釣人倶楽部