釣行会レポート

2006年7月15日(土)〜17日(月)

秋田方面行

リーダ:近松、櫻井

参加者: 村松、柳田、西川、本間、青木、筧、櫻井、近松 

  計:8名



交通:車2台

宿:田沢湖水沢温泉「友情苑」、千畑温泉「サンアール」 各1泊
  

費用:31,500円

天候;
7月15日(土)曇り時雨、16日(日)曇り時雨、17日(月)曇り時雨

概  要:
総論として、実釣中は釣りの出来ないほどの雨にも遭わず、おしなべて釣り日和であった。いろいろと小さいハプニンググもありましたが、終ってみれば、大型賞の記録更新こそできなかったのが残念であったが、イワナ31.5cm2尾、ヤマメの泣き尺数尾混じりで、さすが東渓マン、かなりの成果であった。
適度の水量と笹濁りを期待するのがこの7月中旬ですが、例年梅雨が明けそうで、明けない、天気予報もハッキリしないのもこの頃であります。今年の3日間は小雨混じり曇り予想の中、本命の第1ラウンドは生保内川に全員張り付くべく、生保内川先着確保のため現地着を4時30分とし、そのため全員の最初の集合を那須高原SA23時とした。途中、北上辺りまでは雨にも遭わずであったが、盛岡ICから生保内までが結構な雨降りとなった。
第一日目:
小雨降る中、4時前に無事生保内のコンビニに到着、軒先を借りての釣り支度にかかる。ここで、偶然の小劇があった。横に停めた車から二人の男性が声を掛けてきて、「生保内川を私たちもやるのですが、沢割として、シトナイ沢を希望します。」我々衆議一致で「どうぞ。」この辺までは良くあることですが、ここで、小ハプニングその1、先方から「ところで、どちらから、東京、三鷹ですか?私も三鷹に居ました、xx無線です。」ということで、今回参加者の内、4名はxx無線OBですので、名前を確かめ合ったり、改めて互いに顔を眺めつつ数十年前とは変わり果てた(?)姿に昔を懐かしむやり取りの場面があった。「世の中、広いようで狭い」を実感。
 そうこうしている内に、雨も霧雨に変わり、全員4時30分には川面に立つ。生保内川は多少増水気味で川通しは、選べば所々どうにかという状況でした。玉川合流点から林道終点までの10km以上を8名で昼まで探釣した。水量の多さにポイントも被り、苦戦しつつも幅広ヤマメと上流ではイワナ混じりの釣果で、生保内川の豊かさを実感した。
午前中、村松幹事長から、「小幡さんが病院を抜け出し、今日のお昼に我々と合流する。」とのことで宿泊1名追加要請が来た。これも小ハプニングその2です。昼食後、曇り空で雨も無く、釣り日和となった。イワナ組(村松、柳田、青木、筧)は乳頭温泉方面の沢へ分散入渓し、大型こそ出なかったものの、釣果はまずまずであった。ヤマメ組(西川、本間、櫻井、近松)は桧木内川(沢の方)と小先達川を実釣したが、小渓なので年々魚影は薄らいで行く感じがした。
宿泊は水沢温泉郷の「友情苑」(名前からも推察のとおり学生の合宿向けの宿)は初めての宿であったが、予算と料金を考え決定。兎も角、温泉もそこそこに16時30分から部屋での酒盛りの開始、例により、宿に「釣ってきた魚を焼け、お新香を出せ、、、。」夕食前に出来上がったメンバーも居たようでした。夕食後は、一人の飲ベー(誰でしょう?)を残し全員20時就寝。

第二日目:
 朝食抜きで斉内川上流の真昼渓谷を目指すイワナ組(村松、柳田、青木、筧)は3時起床、ショボ降る雨の中3時30分出発。西川、本間両氏は雨に嫌気が差したか朝寝。 ヤマメ組(櫻井、近松)は4時30分に宿を出発し朝食前の釣りに向かう。
 3時からほぼこの日一日を真昼渓谷の沢に絞って、真昼を目指したイワナ組は事前情報どうりの増水のため、沢を諦めざるを得なかった。斎内川本流を午前中攻めることにした。ヤマメ混じりのイワナであった。大物は筧氏のイワナ31.5cmが2本で、ヤマメは本流ならではの幅広であった。
ヤマメ組(櫻井、近松)の朝食前の釣りはというと、桧木内川(沢の方)を少々やり、生保内川の昨日のグッドポイントを探釣する積りであったが、ここで小ハプニングその3、近松が車の前照灯を消し忘れバッテリーダウン、桧木内川でJAFを呼ぶ羽目になりました。このJAFの係員(アンちゃん)が如何いう訳か相当の釣りキチガイのようで、エンジンが掛かるようになっても、10、20分と話し込み一向に帰ろうと(否、帰させようと)しない。漸く2人の待つ宿に8時30分に戻れた次第。朝食後は4名で生保内川の昨日のグッドポイントのみを探釣し、目論見どおり幅広やまめを数尾ずつゲットした。その後、岩見三内方面も検討したが時間的に無理となったので、中里(横手)方面に移動した。
 結局、善知鳥川はイワナ組が斎内本流の後に攻めてしまったので、全員で窪堰川、真昼川を探釣したが、丁度午後のピーカン天気のため、苦戦を強いられた。(その後の有志釣行で、この窪堰川でサクラマスの60cmを掛けた会員がいたそうです。無論、取り込みは出来ませんでした、とのこと。)
 暑さと疲れの為早々に、今日の宿千畑温泉「サンアール」にチェックイン。湯につかり、夕食前にビールで、満足、満足。18時30分から夕食、今日も元気にビール、冷酒を痛飲しながら、遊び二日間の過ぎ去ることの早さを実感しながら疲労と、泥酔とで、20時就寝。

第三日目:
4時宿を出発し、朝釣りは斎内本流、窪堰川、善知鳥川に分散した。善知鳥下流部に入川した本間氏が尺オーバーのイワナと9寸オーバーのヤマメを釣り有終を飾った。
朝食後9時に、サンアール下の河原で魚の分配をした。イワナの31.5cm、ヤマメ29cmを筆頭
にまずまずの釣果であった。大の男8名の2日半の釣果であるので、それなりに圧倒される感じがありました。
9時20分に出発し、横手ICから秋田道軽油東北道に入り、予想はしていたが、途中3連休の渋滞もあり、混雑も考え大谷PAで解散し、浦和I料金所に16時半に無事到着した。 


東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2003-2006 東京渓流釣人倶楽部