釣行会レポート


2006年7月28日(金)〜30日(日)

奥只見袖沢源流釣行

リーダ:村松

参加者:青木、上野、植森、大場、沖野谷、筧、近松、村松 

  計:8名



交通:車2台

宿:キャンプと宿1泊
  
奥只見ダム「とんじろ」рO25−795−2646


費用:27,000円

天候;
曇り雨

概  要:
 7月27日(木)前夜発 関越道 三芳SAに23時に集合 車2台に乗車した8名は奥只見源流釣行へと出発!。
 例年なら7月20日前後に梅雨明け宣言があるのに今年は桜の花期、山菜などが10日遅れでそのまま梅雨明けまでがずれている。
数日続いた雨と例年にない大雪による残雪の雪解け水の増水が懸念される・・・が昨年9月に有志釣行で好釣りであった袖沢に期待する気持と入り混じり複雑な気持ちで向かう。
赤木高原SAで休憩し、小出ICを2時30分に出て、途中のコンビニで朝昼弁当を買い入れダムの宿「とんじろ」に3時30分に到着。宿のおやじさん、星さんに10ヶ月ぶりの挨拶し、袖沢の情報確認。4時に出発。袖沢行き先発隊5人が七里沢出合まで行き折り返し、後発隊3人は大鳥沢へと向かった。
 2年前の新潟地震と台風による出水で袖沢林道はいたるところ崩壊され昨年は取水ダム上部で林道の半分が削られ車は通行不能、今年は七里沢出合い先が大雪渓で塞がれ除雪が終わらず通行不能でした。
朝靄に浮かぶ異様な光景にただただ愕き… 雪渓の上を歩くのは危険 川と雪渓の堺をへずるしかない。バランスをくずせば川の深みにはまってしまうので一歩一歩慎重に進み時間をかけやっとの事通り抜けた。例年ならダムで取水され水は少ない筈なのに・・・。1時間ほどで取水ダムの下.不動沢出合に着いた。
上野、青木両氏が昨年好釣りをした八木氏に続きリベンジ!。対岸に渡るのが心配だったが何とか渡れる所が上のほうに有りそう、くれぐれも無理せずに注意しようと別れた。
今にも降りそうな空模様で今度は帰りの事が心配。取水ダムのトンネルをくぐりミノコクリ沢を目指す。キャンプグループ3人は荒れた袖沢の林道を黙々と歩く。数日前に歩いた2人ぐらいの足跡が見える。ウドは伸び放題 残雪の脇で短いのが何本か採れる。ミズ菜も群生していて帰りの土産も楽しみだ。
だんだん登りの傾斜がきつくなる。しばらくして監視小屋が見えホッとする
ここが袖沢本流とミノコクリ沢の出合だ 此処まで3時間30分 三人とも疲労困憊
昨年のテント場を見送りさらに林道終点のミノコクリ取水場まで悪路を40分かけやっと到着。ザックをドサッと降ろし熱くなった身体を川の水で冷やした。
広場はややゆるい傾斜になり水が出ると流れになりそうなのでテント部分だけ掘り下げて水路にし、ヨモギのベットを敷いてテントを張り、ブルーシートを張り焚き火の場所を確保。
10時30分、雨が降り始めるが釣りに入ろうと…取水ダム上部のミノコクリ沢の水量はやや多めだが歩けない状態ではなく好条件のように思える。昨年は40分歩いて竿を出したので同じように歩く事にした。20分ほど沢を登り詰めると大雪渓。雪?が先まで続き50m以上は有りそうだが川の底が暗くて見えない。
雪渓は厚みがあるが3本の大きな亀裂が入っている。雪渓の上を登る事も出来ないし、下をくぐり抜けていくしかないが、はたして大丈夫かしばらく観察し、イメージで通り抜けるルートを描いて、意を決して行こうと一歩踏み入れた時、右側の雪渓の一部、ブロックが突然落下した。何トンもありそうな大きなのが落下した圧力で淵の水圧がもろに身体にかかって、後ろにいる二人のところまで飛ばされてしまった。二人がうまく支えてくれ止まったが、間一髪の危ない出来事であった。三人で顔を見合わせ無事であった事を何度も「よかった」を繰り返した。これまで沢の雪渓くぐりは何回かあったが、今回のように亀裂が三ヶ所も入っていることは全くなかった。大声で話し合っていたことが振動となり亀裂の入ったブロックに刺激を与え落下したようで崩壊寸前の状態だったのだろう。その見極めが出来ず、通ろうとした事は深く反省しなければならない。基本的には雪渓アーチの下は通らない事が安全なのに!
三人で反省を繰り返し、気持ちが落ち着いてから釣り下がることにした。好条件、笹濁りの水の淵々から良い型のイワナが次々と顔を見せ、経験の浅い若い植森君は良い型ばかりが釣れ、至福の体である。
歩いて20分の間だが、テント場の取水ダムまでで、5、6本ずつ釣れたという事は人が余り攻めていない証拠。雨も強くなり、焚き火で身体を温め、熱いコーヒーが実に旨い。昼食を済ませ薪集め薪作り今晩のおかず用に大きい岩魚3本を串刺し塩焼きにする。
午後3時 雨が小降りになり植森君と一緒に下の方の大堰堤を釣ることにする。
林道から沢まで土手も垂直に近い状態だったが1ヶ所足場がありしっかりした木に捨て縄でフイックスしザイルで懸垂下降で岸辺に着いた
下降点から堰堤まで200m位の距離だがホイントはかなり有りそう…良型イワナを3本づつ釣り、フィニッシュは堰堤の落ち込み手前のはき出しの深みで8〜9寸のイワナが代わる代わる釣れる。2人で5本釣り落ち込みの淵右側を植森君が竿を入れるといきなり竿先が水面近くまで引っ張られ「こりゃ尺物?」と魚と共に堰堤のふち尻を右に左にと駆けずり回った。やっと魚の姿が現われたら…タモを忘れた!右岸にずり上げるしかない。やっとの思いで上げる。丸々と肥えて貫録充分泣き尺…、植森君の満面の笑み、こちらも嬉しくなる。誰も入ってないポイントを探れたのはラッキーだった。右手樹林の急勾配を登り林道に出て近松氏が待っているテント場へ、早速報告彼も喜んでくれた。夕食のよく焼けのイワナはコクがあり旨かった。
満足したので翌朝釣りなしでゆっくり下山。ウド、ウルイ、ミズナの土産もたっぷり…。
不動沢に入った上野、青木グループは水量が多いのですぐ竿を出し釣れ続け大滝までで良型イワナ4、5本確保、雨が強くなり本流釣行渡りを考えて下山したとの事。正しい判断だった。本来は滝上部が本命、下部でも充分釣れたのは今まで人が入れなかったのだろう。
大鳥沢グループ(沖野谷、筧、大場の3氏)はリール竿にして大物ねらいで行ったが結果的にはその竿が荷物になり苦労を強いられ、釣果は筧氏がサクラマス(30.5p)1本。
2日目は上野、青木両氏が合流し5人でこの日開通の奥只見スーパー林道で只見川本流に行きヤマメ.イワナをポツポツ結構な良い旅気分だった。
3日目は10時迄と言うことでそれぞれ入る。
南沢上部(上野、近松)、中流部(沖野谷、植森、村松)、合流部(筧、大場)、袖沢本流北沢出合下に青木氏と分かれた。
青木氏はいきなり1投目大物(35cmはある)イワナを釣り?川を下り上り荒瀬に入られないように大格闘に末何とか対岸の瀬に寄せてきたがタモをザックに入れたままなので使えず糸(0.6)を持って上げようとした時ブッツリ!糸切れて大物は水の中へ さ〜っと・・・。
この話が又みんなの集中攻撃の的に。「何で0.6の糸なんだ?」「せめて0.8だよ」「タモ出さないからだよ」「糸持ったら0.6は切れるよ」本人、「報告したくなかったよ〜」。それにしても大物賞の取り損ねと重ね重ねお気の毒さまでした。
中流部に入った3人は毛鉤りつり、フライ釣りをする。植森君はフライ釣りから始めたとの事でさすが手さばきは慣れたものだった。
沖野谷氏は、毛鉤り釣りの師匠として、私は手ほどきを受けるつもりで同伴した。
先行した植森君が手ぶりで何やら合図している。大きいのが下で泳いでいる。
「いるよ!いるよ!」という風だった。しばらく様子を見ていると、いっこうに竿をふらないで、何やら仕掛けをいじっているようだが、時間が長い。「エモノがいるから先にやってよ!」と言われたのかと思い毛鉤りを振り込むと、なんと一発でかかってしまった。結構な型のイワナであった。まぐれにしても余りにうまくいってしまい、植森君の顔を見ると、悔しそうに顔をくしゃくしゃにしているではないか。話を聞くと、一投目で毛鉤を食われたが、かからず、二投目も同じくかからず、三投目は近くに寄っただけなので、毛鉤りを変えようとしていたのだけど、村松さんが近くに来たので、焦ってうまく結べなかったのだそうだ。
何度もライズしている、食気たっぷりの良型イワナをなんとか釣ろうと思っていたのに、トンビに油揚げを取られた気持ちだったのだ。代わりに釣って下さいと、呼ばれたのかと、逆にとらえてしまったのだ、申し訳ない!」
やはり1ポイントすべて、1人に任せ、ポイントを交互に釣っていくというルールを確立しないと、複数の組み合わせでのコンビ釣りは、うまくいかないしお互いに気持ち良く釣るということにならない。今後充分に気をつけて行くことだと思う。



東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2003-2006 東京渓流釣人倶楽部