釣行会レポート

2007年3月3日(土)〜4日(日)

伊豆解禁釣行

リーダ:中野

参加者:満藤、小幡、八木、石下、今井、小野寺、村松、本間、
近松、櫻井、筧、沖野谷、大場、中野 


計:14名


交通:自由参加(車6台)

宿:伊豆湯ヶ島温泉 『たつた旅館』

費用:−円

天候;晴れ

気温:朝 11℃ 日中:20℃

概況:
3月3日、ひな祭り、待ちに待った東渓の解禁釣行会を行った。
今年は暖冬のため朝の冷え込みもなく、風もなくポカポカと暖かく、日中は20℃と解禁に相応しい釣り日和であった。
大方のグループは前日(金曜日)夜発ちで、思い思いの河川での釣行を楽しみ夕方に宿へ集合の予定で楽しんだ。
集合予定の16時には全員、宿に入り、宴会の前に温泉で汗を流した。
18時、満藤新会長の乾杯で宴会を開始した。宿からの酒の差入れとちょっと豪華な料理に舌鼓を打った。
気になる釣果であるが恒例として深く追求することは避け、何気なく確認したがお祭りであり、釣果をぼちぼちといったところであった。河川の状況としては水量は
平年並みで水温は場所にもよるが13℃前後と高めであった。形は10cm前後の1年ものと20センチ前後の成魚放流ものであり、大物は確認できなかった。昨年に比べ魚影は多く確認でき、一雨後が楽しみだ。
宴会は19時半に中締めとし、明日に備え床に就くもの、部屋で語り合うものそれぞれ余韻を楽しんだ。
翌朝、深酒組、朝風呂組を残し、日の出と共に目当ての河川へと車を走らせた。
朝釣り組も7時半頃には戻り、朝食を済ませ、9時にチェックアウト。宿前で祈念写真を撮り、解散。釣りをする者、帰宅するものそれぞれ宿を後にした。
今年は全国的な暖冬で東北の雪は極少と言う。「渓流釣りの行方は如何に!」気になるところである。
今年も安全に楽しい釣りを期待したい。


東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2007〜  東京渓流釣人倶楽部