釣行会レポート

2007年4月13日(金)〜15日(日)

南紀方面釣行

リーダー:村松 サブ: 

参加者:青木、大場、本間、筧、近松、柳田、沖野谷、村松 

計:8名

交通:車2台

宿: 深山荘

費用:50,000円

天候;

気温:

概況:

 かねてから南紀方面の釣りを思いやっと実現した。期待と夢膨らましての今回の釣行。目指すは日高川。
4月12日(木)21時、中央高速調布インター入り口下の青木宅に集合。
青木車に大場、沖野谷、近松、の4名、柳田車に筧、本間、村松、の4名。計8名全員定時にそろったところで出発、中央高速道の名古屋経由で行く。
22時30分、諏訪SAで会費徴収、1日目の沢割を決め、恵那SAまで行く。23時30分用足しと腹こしらえの休憩。やはりみんな嬉しそうである。
小牧,一宮から東名阪自動車道へ入る予定が道に迷い田んぼの中をさまよう。やっと自動車道に入り亀山に向かう。この亀山が帰りに震度5強の地震にあうなど夢にも思わなかった。
ここから名阪国道(以前は有料)で天理、郡山まで信号なしの国道で行けるのは助かった。橿原(かしはら)、御所、橋本駅までの一般道が長かった。後でわかったのだが京奈和自動車道が4月から開通していたのである。これで橋本まで短縮できたのに情報がなかったのは残念だった。
橋本駅には大阪へ単身赴任長期出張の植森君が釣行に参加するとのことで待っている。寒い駅で予定2時間遅れ待たしてしまい悪かったけど防寒具を着て寝て待っていたので良かった。
ここからは和歌山出身の彼の先導で高野龍神スカイラインにはいり紀伊山地の尾根を延々と縫って走っていく。非常に長い道のりであったがこれが最も短縮した早い南下の道のりであるとのこと。朝もしらけ、日も上がり、予定5時の竜神温泉到着が、3時間遅れの8時過ぎの東京から延べ13時間の行程であった。
おかげで紀伊山地の奥深い美しい山なみを眺められたのだから良としなければ、である。
ただ残念なのは山全体が杉の木で覆われている事だった。
かねてから筧氏が手はずをしていた入漁券購入(日釣り券2100円、年券5250円)、非常に高い。
親父さんの情報では、スカイラインで大阪、名古屋からの釣り人が多く、かってのような天然アマゴはもういなく、すべて稚魚放流の育ったもので、12cm〜20cmが釣り対象で、間々尺物がつれるが、ほとんどが小型であるとのこと。何か出鼻をくじかれた感じであった。
気を取り戻して、12時まで第一ランドとして沢割の通り分かれて釣ることにする。
日高川は下流に椿山ダムがあり、竜神温泉が中心であるが、下流から、初湯川、寒川、丹生川、小又川、古川、小森川、小川と7つの大きな支流があり、本流だけでも50キロぐらいの長い大川であり、淵有り瀬有りとその渓相はすばらしいのであるが、全体的に子砂利が引き詰まった川で頭以上の石が少ないのが残念だ。
大場、筧、村松、柳田4名は8〜9mの長竿の本流釣をおこなうのであるが、カワムツ、ハヤの20cmクラスが入れ食いであった。特にカワムツには閉口する。
そんな中で柳田氏が、20cmのアマゴ2本を確保した。アマゴ1本出たら後はカワムツ、と絶対量が違うのである。
丹生川に入り浅いチャラ瀬でアマゴがでるが、すぐにカワムツに邪魔される。橋際の地元の人家の親父さんが我々を見つけ釣り談義、先日の雨上がりの濁りのある時に上流で釣ったアマゴを冷凍したのを自慢げにわざわざ見せてきた。30本ぐらいいるが17cm前後の大きさで、エサはイクラで釣った。条件がよければ釣れるとのこと。
筧氏たちは食堂で食事をしたら、そこの親父さんが部屋に張ってある大物アマゴ(38cm)や42cmのイワナの魚拓等は9月に大熊や小又沢出合で釣ったもので、秋に大物が釣れると話をした。ダムからの遡上の魚であろうか。
日高川は今はサクラの花満開で、桃、さらに柳、レンギョ、水仙、菜の花、と花いっぱいで一番よい時ではないか。
早々に小又川にある宿、深山荘に行き、温泉で疲れを癒す。宿のしだれサクラが実に見事な咲きっぷり、宿もきれいで世話をやくおばさんたちも親切である。魚はいまいちだがすくわれる思いであった。
上流にいったグループの沖野谷、近松、植森、青木、本間5名はやはりカワムツにやられたとのこと、本間氏が17cm以上4本上げた。
宿に来たのは午後5時頃、ずいぶん頑張ってきたなと聞いたら、明日の釣り場の偵察に尾根越えで寒川行ってきたのだと、ご苦労様でした。

夕飯は午後6時30分、それまで暖かい風呂に入って部屋でいっぱいやっていると疲れがどっと出て眠気が来てしまう。
夕飯はまずはビールで乾杯、宿の心つくしで用意された梅酒でまた乾杯、山菜、アマゴの塩焼き、カツオの刺身、など10品ほど、食べていると次々出てきて、実に美味しく食べさせて貰った。
この地方は有名な梅の産地で梅酒も梅干もうまい。
食べながらの釣り談義では皆一様にカワムツの来襲とアマゴの小さい型に閉口していた。
天気予報では今夜から明日の朝まで雨とのことでそれに期待して、各沢に入ろうという事にした。
8時には大半が寝入っていたがなかなか寝付かれない。疲れていて眠かったはずが寝むれずにいると、9時30分ごろ突然雷が鳴りだし大粒の雨が降ってきた。ピカツ、ドドツ、ドーン近くに2回ほど落ちたらしい。それでも同部屋の柳田氏は目が覚めずぐっすり寝ていた。雷を知っているのは3人位で後は知らないと言う、長旅の疲れで熟睡していたのだろう。
朝4時、目が覚め外をうかがうと雨は上がっていた。予報では朝まで雨だったが雷で飛んでしまったのだろう。これ幸いである。5時過ぎにならないと明るくならない。柳田氏も目を覚ましたので、お茶を飲み、沢割りの話をしながら明るくなるのを待った。
5時15分、薄明るい中で駐車場に集合、何処の沢に入りたいか希望を聞き、沢割りを決める。
宿前の小又川に沖野谷、近松、上流の小森川、小川に青木、植森、筧、大場、柳田、下流の丹生川には本間、村松と決まり、8時まで第一ランドでそれぞれに向かう。
近松氏が小又川の本流出合からはいるので車に同乗、途中増水した小又川を見てあきらめ同行、本間、近松、村松3名で丹生川に入る。
宿から20分で本流との出合、上流に10分かけて駐車できるところから入渓する。雨での増水で対岸に渡れそうもない。5分ほど林道を歩くと最奥の民家が出てきてそこの前の長い深い長瀬で竿出しをする。水色は笹濁りより強い濁り条件で浅めの瀬に流すと当たりがある。
キジを食いちぎっていくので少し送り気味に流すとかかってきた。なんとカワムツではないか。
何回か当たりを取るが全てカワムツである。次の長い深瀬の浅いところでやっと17cmのアマゴが釣れた。いま少し深めに流すとカワムツの20cmと大きいのが来る。1時間でアマゴ3尾、カワムツが圧倒的に多く参ってしまう。
やがて地元の釣り師が来て上流に行って良いか聞くのでOKを合図すると急流の瀬を渡って対岸から上流に行った。渡れるほどにいつの間にか水量が少し下がってきていた。
7時30分で終了3尾のアマゴを処理して車まで戻ると近松、本間両氏もあがっていたので情報交換。
やはり同じような結果である。
8時30分宿の朝食に全員そろった。上流に行った筧氏は小森川、小川両方ともすばらしい渓相でこれならアマゴの型を見られると期待したが釣れるのは小型アマゴとカワムツだったと悔しがっていた。
ただ堰堤がありその上流ならカワムツはいなくなるやも、しかし林道と川が離れ急なので人が入りにくいようだと言う。
第二ランドは植森君のリクエストで、そこへ村松さんと入りたいと言われ、幸いザイルも持ってきているので入ることにした。それぞれに場所を決め分かれた。青木。沖野谷、両氏は我々の下流に入る。
小川の通らず地帯(?)に何とか下りて見ると川通しで行けそうである。3っ目の淵で22cmのアマゴが出た。2人、交互にポイントを探っていくが淵ではアブラパヤがでるがアマゴはでない。
11時と気温も上がっているので瀬を重点に流すと瀬尻でつれる。植森君にそれを教えると彼も釣れる。
淵有り瀬有り軽相抜群、当たりも盛んになってきた頃、12時30分で時間切れ、13時、車に集合。すでに青木、沖野谷両氏は上がっていた。毛鉤に来るが小型。青木氏はぜんぜんだめとのこと。我々のビクを除いた沖野谷氏はびっくりしている。22cm頭に8尾、植森3尾、今回ではそれが最高なのだから仕方がない。東北の釣りと比較したら比べ物にならない。
食事に行くか相談したが沖野谷氏は私もその釣れる所をやりたいと、食事なしでのリクエスト。
青木氏は足が悪いので上流の林道と川が近い足場の良い所まで送り、我々は上がってきた杉林の急斜面から再入渓。沖野谷氏優先で釣り上がり3尾釣った所で満足と言う。
しばらく釣り上るがあたりがパタッととまったので林道まで急斜面を藪漕ぎ、車まで10分歩く。
青木氏を迎えにいくと釣果なしである。彼がいまだ釣れずにいるのが気になる。イワナ釣りに慣れている彼はヤマメ釣りがいまだだめなのだ。今年はヤマメ釣りを覚えたいと課題にしている。
4時過ぎ、林道を下ると途中斜面が崩れて土砂をかたずけた跡が出てきた。あがる時にはなかったのである。宿に戻ると他の仲間は戻っていたが、彼らも小川に偵察に来ていたらしく、林道の崩れを心配していたとのこと。無事戻れてよかった。
結局小川に入った我々だけが良い釣果で、あとは同じ結果だった。
2日目の夕食もまた豪華なメニューで、昼飯抜きの空腹で余計にうまさを感じる。イタドリの煮付け、栗の皮付きの甘煮は特に絶品の美味である。
今回も釣りの変わりに宿の夕食で癒されて、ありがたき幸せでした。
3日目は朝食まで自由行動、宿の前の小又沢で青木氏へのヤマメつり実習講座を筧指導、大場氏の3人で行なってくれ、青木氏にとって良い勉強になったと思う。
植森君から寒川の支流朝日沢に行きたいと希望が出され、植森、沖野谷、近松、村松、柳田5名で山菜取り兼ねての探索釣行にした。しかし現地まで45分の道のり、実質1時間強の時間しかないが新しい沢の魅力に惹かれた。朝日沢は水量もあり隠れ沢的感じで、植森君が以前良い釣りをしたらしい。
沖野谷氏がぶどう虫えさで22cm幅広アマゴをつりあげた。その前の深淵で一回り大きいのを落としたと言う。植森君も同型位をばらしたと言う。近松氏は1尾確保。柳田、村松は山菜取りに行くが寒いのだろうタラ芽はまだつぼみであった。周りは梅林で小さな実をつけていた。
前から入っていればと名残惜しみながら後にして宿に戻る。
朝食を済ませ9時30分、まかないのおばさん達に全員の記念写真を頼み3日間のお世話にお礼を言って宿を出発。
植森君先導で和歌山駅に向かう。途中道の駅でお土産を購入し、12時に和歌山駅着、植森君を下ろしここで別れた。
和歌山からは京奈和自動車道に乗り天理まで向かうのであるが、途中、三重県で震度5強の地震のため通行止めになっていた。丁度その時携帯がなり、東京の八木さんから「12時ちょい前に三重県で大地震があったけど大丈夫か」との電話が入った。「我々はぜんぜん感じなく、高速道の通行止めでわかったばかりだといまは大丈夫だから、心配してくれて有難う」とお礼を言って電話をきった。
さあ大変だ。高速道を使えないと東京は真夜中になってしまう。30分ほどのろのろ走行していると筧氏いわく、「何か解除される雰囲気みたいだ。トラックが途中下車しないのは解除が近いのだ」という。
まもなく高速道は動き出し助かった。SAで昼食をとり、天理から名阪国道に入り亀山に向かう。
後でわかったのだが震源地が亀山で民家がつぶれたり、城壁が崩れたり、の大きな地震だったのだ。
15時、そこを通り過ぎて東名阪自動車道で名古屋へ向かう。軌道に乗れば早いもの、名古屋、小牧、中央高速へ、17時30分には駒ケ岳SAへ到着。右に南アルプス、左に中央アルプスが夕日に輝き、サクラの花越しに美しい光景だ。
心配なのは、この花見で高遠や信州からの後楽帰りで、中央高速の渋滞である。双葉SAは満員で食堂は使えそうもないので、たこ焼き、肉の串焼き等すぐ買える物を車中で夕飯の代行にしてすぐ出発。
長坂から須玉間が30分渋滞、これを過ぎれば小仏峠トンネル手前の渋滞、だけで大きな渋滞なく何とか無事21時30分に青木宅に到着。家まで事故無い様に確認してここで解散。お疲れ様でした。
家に着くと松島からかみさんも帰っていて、佐々木名誉会長から地震の心配の電話が入ってると教えられたが遅いので明日にして、八木さんに無事帰った事と御礼のTELをした。
今回は釣りは期待はずれでしたが良い宿にめぐまれ、紀州路の旅として楽しかったです。いろいろありましたがそれも楽しいたびの思い出になりました。また参加者一同仲良く過ごし、良い交流が出来たと思います。又この釣行を通して、東北の釣り場の良さをあらためて感じました。
南紀方面の釣り場はもう少し研究すれば良い所が見つかると思う。今回も2箇所ほど有りましたし、竿のあまり入らない沢もあるでしょう。又いける機会がありましたら良いと思います。
今回、すべての準備に長きにわたり労力を費やしてくれました筧氏にお礼を申しあげます。
また、地震の心配をしていただきました会員の皆さんに無事に何もなく帰れたことを報告するとともにお礼を申し上げます。




東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2007  東京渓流釣人倶楽部