釣行会レポート

2007年5月18日(土)〜19日(日)

『釣り&山菜』東渓発祥の地を訪ねて

リーダ:沖野谷 サブ:西川 

参加者:青木、今井、上野(泰)、上野(信)、大場、柳田、筧、櫻井
関口、近松、 西川、満藤、村松、八木、沖野谷 


計:15名

交通:車4台

宿:南会津 湯の花温泉『旅館末廣』

費用:20,000円

天候;

気温:

概況:

 小雨降る5月18日(金)の23時、東北道蓮田SAに4台の車が合流。メンバーは青木車(櫻井、八木)、関口車(今井、上野泰彦、満藤)、近松車(大場、沖野谷、筧)、柳田車(上野信男、西川村松)の総勢15名、小宮山氏が止む無き事情で急遽欠席となった。
全員活き活きとした表情だ。
倶楽部のメンバーは皆、元気だ。実に頼もしい集団だ。

予め決めておいた概略の沢割りも極めてスムーズに事運び、新入会員の上野(信)氏も柳田車に同乗し、山菜のレクチャーを受けることになった。
西那須野塩原ICで降りて途中、田島手前で食料調達、入漁券購入、夜食・休憩・仮眠もОKのコンビニ「ホットスパー」で早々と着替えを済ませてしまった。
 今日は12時から新伊南川橋下の河原で山菜のてんぷら、イワナ汁をメインに野外パーティーを予定している。それを楽しみに薄暗い朝もやの中をそれぞれ目的地へと向かった。
 各車の状況は概ね次のとおりであった。
近松車は筧氏の隠し沢と言われている舘岩川の某支流には入った。
近松氏が下流域から攻め、食べごろサイズのヤマメ5匹、大場氏がその上手で同様のヤマメ3匹、最近、大場氏の技術革新が著しい。
小生は大場氏の更に上から入渓し毛鉤を振るも全く出ない。
「やっとでたぁ〜、ハヤの20センチが」「諦めて山菜採りに」と思った矢先、23センチのヤマメが毛鉤をがっちり咥えた。(写真)yamame
 筧氏に追いついてしまったので聞いてみるとヤマメとイワナを計5匹もキープしている。
第2ラウンドは伊南川本流で少し遊びたいとのことで尾白橋下の分流域から近松、筧、大場の三氏が上下に分かれ長竿を振るも近松氏は諦めが早く山菜採りに転向、小生は高見の見物、筧氏は流されそうになりながら恐怖の渡渉、恐怖のわりに合わないサイズのヤマメ1匹、大場氏は賢く土手伝いでやはりヤマメ1匹、その間、僅か1時間強の出来事だった。
 第3ラウンドは南郷村の秘密のコシアブラポイントへ。流石のコシアブラ群落地帯もここ1週間の気温の上昇で収穫対象外、それでも選りすぐりながら15人分を軽く確保できた。叉、タラノメやウドもそこそこ収穫することができた。
 一方、関口車は懐かしの荒海、桧沢川へ。今井さん(女性)が荒海川でヤマメを見事に釣りあげ、上野(泰)氏はモンスターレインボー(45センチオーバー)と格闘のすえなんとかゲット、関口氏は百戦錬磨の手腕を遺憾なく発揮しヤマメ5匹をキープした。
 そして青木車は塩の岐川へ。櫻井氏はしっかり8寸ヤマメ2匹、青木氏、同じ8寸でもこちらはイワナ2匹、いかにも青木氏らしい。八木氏もそこそこのヤマメ3匹をビクへ。
今回の「釣り&山菜」の達人チーム柳田車は小滝川へ。イワナ汁用のイワナと唐揚げ用のヤマメ15人分の確保とコシアブラ、ウド、コゴミ、タラノメ、アイコ、ウルイ、ホンナ等々、大忙し、達人たちは山に入ると「山菜の眼」になっているから不思議である。
そう言う小生や近松氏もそれに似たとこあるが・・・。
新人の上野(信)氏はたっぷりとその凄さを味わったに違いない。


11時半前には、ほぼ全員が新伊南川橋下に集合、達人チームの的確な指示と手際良さで山菜パーティの始まりだ。柳田職人の揚げたての「てんぷら」(コシアブラ、タラノメ、ウド、コゴミ、ヤマメetc)を次から次へとパクツク『食べるさんチーム』は圧巻だ。
西川職人も和え物から得意のイワナ汁、ダシがきいて実に旨い。
自然の恵みを新緑と澄みきった空気の中で食べられる幸せ感!、のど越しのビールの旨さ、まさに「野外パーティの素晴らしさここにあり!」と言ったとこか。
でも、シェフ達は大変だ。食べる暇も無い。

 今夜の「旅館末廣」は、昭和50年前後に東渓が盛んに利用した宿で、今のおかみが二十歳前後のときだったそうだ。
当時を知ってるのは参加者の中では関口氏ぐらいとのこと。
夕食は山菜主体の素朴な料理であるが昼間、山菜尽くしだったためか少し食傷気味。
それでも数十年ぶりに訪れる我々のために精一杯のもてなしだろう。
宿から清酒末廣一升、櫻井氏から八海山一升、その他焼酎・・・。いつものごとく酒は豊富だ。
みんなよく飲むもんだ。そしてなによりも元気なことがいい。なごやかで楽しいひとときもやがては前夜の疲れからいつの間にか寝入ってしまった。
 翌20日は、3時半起床4時出発、山菜組と釣り組と朝寝坊組にわかれた。
筧、大場氏組は目の前の湯の花川へ、小生は柳田氏の車で村松氏、近松氏、上野(信)氏と共に伊南川支流の安越股川沿いへ山菜採りに。ウド、シドケ、ホンナ、アイコ等々かなり奥へ入ったが残念ながら期待ほどではなかった。時期が遅かった感は否めない。sannsai_1
      ウド        アイコ自生             収穫アイコ


     
コシアブラ             オニオゴミ(食用に非す)

上野(信)氏はホンナ(正式名称よぶすま草)を覚え、必死に採ってる姿が印象的だった。

ホンナとクワダイはほんとに良く似ている。
 * ホンナ(ウドブキ)・・・正式名 ヨブスマソウ(夜衾草)
             葉の形が夜衾(ムササビ)に似てるのでこの名がある。
 * クワダイ・・・正式名 イヌドウナ。方言名 ホンナ、ボンナとも言う。
         葉柄が茎を巻くのが特徴でヨブスマソウの変種とされている。
   要は見た感じはほとんど同じである。

帰りは恒例となった那須の山谷さんのお蕎麦屋で、もりそばを食べて解散となった。
kinen


東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2007  東京渓流釣人倶楽部