釣行会レポート

2007年6月9日(土)〜10日(日)

創立50周年&放流事業30周年記念放流と釣行

リーダー:八木 サブ: 

参加者:青木、沖野谷、櫻井、近松、中野、西川、本間、村松、山谷、菅野、八木

計:11名

交通:車5台

宿:山形県小野川 『広重温泉』    tel:0238−32−2200

費用:20,000円

天候;曇り、晴

概況:
 昨年、平成18年で東渓創立50周年と放流事業30周年を迎え、その記念放流を一昨年と昨年とに行い、今年が最終回となりました。30年間でヤマメ、イワナの稚魚及び卵の合計が100万尾の放流を行い続けたのは、先輩達と共に大変喜ばしい事と思います。
正しく“継続は力なり”です。

 前夜金曜日の午後11時30分に東北道、蓮田SAに近松車と村松車の7名が揃う。(中野車は櫻井氏と二人で前日発、山谷氏と菅野氏は現地集合)車単位で沢割り後出発、天気は小雨模様。午前中は釣りを楽しみ、午後1時30分に広重温泉駐車場に集合し、記念放流となる。駐車場には県南漁協の方1名(当日は県南漁協の総会日)とお馴染みのヤマメ購入先の“吾妻山養魚場”の今回は息子さんの総勢13名が揃い、挨拶後出発。小樽川の下流域から上流域の4ヶ所へ、ヤマメ稚魚6〜7cmを合計8000尾バケツリレーにて放流しました。午後4時30分に無事放流を終え、未だ陽がある為、夕マズメを狙う人、温泉入湯を楽しむ人とに散会。

夕方、6時30分から懇親会となり、漁協から島軒組合長を含め、3名が参加され、村松放流委員長の挨拶と島軒組合長からの謝辞を頂き、宴会スタート。宴たけなわも8時30分に中野副会長の中締め後、明早朝釣りの為お開き。

釣行結果は土曜午前中と日曜日早朝釣り共に、各自好釣果を得られましたが大型は9寸止まりでした。何れもミミズ日和でした。

会計的には、広重温泉は持ち込み自由のため、皆さんから差し入れ(日本酒、焼酎等)を頂き、3000円のバックが出来ました。ありがとうございました。



東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2007  東京渓流釣人倶楽部