釣行会レポート

2007年6月16日(土)〜17日(日)

木曽川水系釣行

リーダ:柳田 

参加者:近松、櫻井、筧、村松、西川、柳田

計:6名

交通:車2台

宿:温泉旅館 「丸中山荘」 пF024−461−0366

費用:29,000円(交通費、飲食代)

天候:晴

気温:

概況:
 当釣行は東京からも近場の河川で出発も23時とゆっくりで諏訪SAで充分休息を取り、釣場へと車を走らせた。先は薮原駅前にて入川場所の打合せ。
近松車は笹川から本流部付近。柳田車は黒川。午前中の釣果はそれぞれ形を見た程度である。
黒川のダム上流部は1kmにわたり道路及び川岸の工事のため、それより上流部が釣場となる。多少の「ぼやき」を交えながらの昼食をすませ、午後の部の入川場所を探しながら、結局は「ほてい竹」の竹の子取りとなり、最高のお土産をゲット。
宿泊所は木曽駒高原の別荘地を抜けスキー場手前の温泉宿「丸中山荘」。気兼ねなくゆっくり泊まれる宿である。
2日目は木曽福島下流部に注ぐ小川川に入川する。下流部に近松車、上流部に柳田車で分散して入川した。結果は下流部「良」。上流部「いまいち」である。
尚、最上流部は左右に別れ、左の沢は禁漁である。宿に戻る途中「竹の子」を再度ゲット。早い帰りとなったが来年は釣行を二の次にし、メインを「竹の子取り」、サブを「釣り」で行いたいものだ。

東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2007  東京渓流釣人倶楽部