釣行会レポート

2007年6月23日(土)〜24日(日)

岩手県鶯宿方面釣行

リーダ:伊藤 

参加者:関口、筧、上野(信)、近松、村松、沖野谷、伊藤

計:7名

交通:車2台

宿:鶯宿温泉 あけぼの荘(温泉民宿) пF

費用:22,000円(交通費、飲食代)

天候:

気温:

概況:

 鶯宿方面には、20余年ぶりに釣行会を催す事になり、過去の渓々がどの様になっているか楽しみ半分・怖さ半分的な気持ちでリーダーを受けました。只、葛根田川・竜川・志戸前川・鶯宿川、場合によっては豊沢川等が選択肢として選べるので、何とかなるだろうと思いました。
 この釣行会は当初11名の参加者でしたが、それぞれの理由で7名と減少し費用負担が心配されましたが、旅館費用が安く済んだ事と皆様の協力で何とか予定通り出来ました。
車割り:
   関口車・・・近松、上野、筧 4名
   村松車・・・沖野谷、伊藤 3名

初日、竜川は雪代の増水で手こずりそうな状況でしたが、取り敢えず田沢湖線「赤渕駅」から5kmほど上流の道の駅「雫石あねっこ」で釣り支度をしました。上流の様子を見に行来ましたが10km先は落差もあってガンガンの流れでした。
引き返して道の駅の反対側にある坂本川を覘くと小渓でしたが増水はしているものの程よい流れに筧氏が入渓、落差のない瀬の多い流れで20pクラスを5匹ほどの釣り上げたそうです。(筧氏武勇伝;当日ご本人はぎっくり腰で本来ならば釣りどころではないのですが、メンバーの減少を知り無理に参加して下さいました。川に立ちアタリに合わせをくれるとグキッと腰に痛みが走り、竿を落とされる事しば々だった
そうです。その中での5匹はリッパです)
関口、近松、上野氏は本流を5kmほど下った支流の安栖川の橋へ。橋の下流には1台の地元釣師の車があったので、林道を1kmほど上ったところで川を覘くが藪の中を川幅いっぱいに流れており、水色は鉄分が多いせいか赤く濁っている。あきらめて本流との出合いの前後を釣ることにした。
関口氏は出合いから本流を下流へと向かう。合流点で20pほどのヤマメを3匹ほど釣ったところで地元の釣師が下流から上がってきて、氏の竿先20mに入渓し平然と釣りを始める。この辺りの釣師はモラルが全く無く、入れ替わり立ち替わり釣っている釣師の20〜30m先に挨拶もなく平然と入るには驚くというか唖然とされたそうです。とにかく釣人が多いのには驚きである。
近松氏も一緒に入って本流上流に入り数匹釣ったものの、何組もの釣師が入れ代わり立ち替わりで、すっかり戦意を消失したそうです。
上野氏は、安栖川を合流点から入渓、あまり川原が広くなく、木が覆い被さっているため長竿で長仕掛けの釣り方では、良いポイントのみの釣しかできなかったようですが、尺には届かなかったものの良形の岩魚をゲットされたそうです。
私は取染沢に入りましたが、ポイントはやや遠いのですが何とか手頃サイズを7匹程度釣り上げました。
此処も竿を差しづらい小枝の下や藪の根本などがポイントでした。
第2ラウンドはと志戸前川を覗くも下流部は大川で、上流部の釣りが出来そうな箇所は車だらけでした。両車、適宜小渓等を探し、定時に宿に集合。
 あけぼの荘は綺麗な宿で、掛け流し温泉で疲れた体には何よりでした。食事は食堂で椅子に腰掛け美味しい夕食をいただきました。特別料理としてステーキが無料追加され全員大喜びで胃袋へ!(東京渓流釣人倶楽部の名前で宿泊すればステーキをサービスして呉れるそうです。)
 翌日は、本流組と南畑川及び鶯宿川等に分かれて釣りをしました。
私は宿から少し下がって鶯宿川を釣ってみましたが、型はさほどでは無いものの、制限尾数を魚籠に出来ました。(温泉に近い方が魚影は濃いようです)南畑川上流に村松氏が入渓しそこそこの釣りをされ、水の綺麗さに惚れ込まれたようです。
 探せば面白い釣りが出来そうな箇所がまだまだ有りそうに感じました。

東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2007  東京渓流釣人倶楽部