釣行会レポート

2007年7月7日(土)〜8日(日)

山形県 野川上流キャンプ釣行

リーダ:西川 

参加者:筧、櫻井、近松、本間、村松、柳田、西川

計:7名

交通:車2台

宿:テント泊まり

費用:14,750円(交通費、飲食代)

天候;曇り時々晴れ

気温:

概況:

 前の週にリーダーの小野寺氏から連絡で急に心臓の手術するので行けないとのことでびっくり。急遽、サブリーダーの私が代わりに努めました。この野川は朝日連峰の南のはずれにある祝瓶山を源頭にし、最上川に流れ込んでおり、上流の奥に木地山ダムがあります。其処までは細く長い危険な山岳道路を走ることになります。三年前に一度林道終点でキャンプ釣行しており、もう一度ダムとの中間でキャンプをしようと言うことで、一昨年計画しましたが林道の入り口で、土砂崩れ通行不能ということで追い帰えされ、急遽、白川のキャンプ場に変更しテント張りました。また、昨年は集中豪雨にあい。長井市のバンガローに泊りました(この時の顛末は会報93号に関口さんの報告でくわしくのっている)
 
 東渓山形支部長の菅野氏にメールでやりとりしところ、6月29日の第一報は悲観的なもので、前週は山形方面は大雨で、県の担当によるとダムまでの県道は土砂崩れで通行止め、その先の林道は市道であるが当然わからないとのこと、ただ7月1日は祝瓶山の山開きであり、たぶん開通するだろうと希望ももたせるものでした。7月5日の第二報は全線通行可能で山形の各河川は水が引きはじめて、ベストコンデションであるとの連絡でした。菅野さんが母親の病気で参加出来ないとのこと残念です。

 7月6日(金)23時に蓮田SAに2台の車が集合。メンバーは近松車に桜井、筧、柳田車は村松、本間、西川、に分乗し、沢割りは寒河江川などの話が出たが、近松車は大樽、小樽、柳田車は小国方面ということで磐越道から大峠経由で向かう。途中喜多方のコンビニで朝食を購入し別れ、集合は各車昼食をとって12時30分に長井駅前に集合とした。
 柳田車は玉川支流の足水川に向かう。この川はメンバー全員初めてで、村松情報では良いらしいとのこと、試釣をかねて行くことにする。国道121「道の駅」さきを右折、峠を二つ越えて白川ダムへ、さらに小国町から目的地着5時30分。下流に2名、中流に2名で入り下流組は川に降りるのに苦労したが、ハヤ混じりの中から良形山女魚数本、上流組は岩魚と山女魚、さらに第二ラウンドはさらに上流へ、岩魚と山女魚だが岩魚は小形が多いようだ。二週間前の集中豪雨は岸辺の草木の倒れ状況から1メートル近く増水したと思われた。釣り人には全然合わなかったが、途中で監視員から入漁券を求められた。年券をかざしOK。ということは放流もしっかり行はれているのではないか。
 近松車は小樽川の出会いから順次入り、わずかな距離で全員が山女魚を爆釣したようだ。
夜の焚き火で塩焼きは近松車の獲物の一部でまかなえたのだ。

 長井駅前に時間どうり集合できた。駅前広場ではイベントが行われていて地元の農作物や、おもちゃ、お菓子等の出店が並んでいた。今夜のつまみを物色したが、たいした物は無くトマトと行者にんにくもどきを仕入れてから近くのスーパーで食料、飲み物を購入する。特に三年前のキャンプではアルコール不足でたまたま山開きの準備に来ていた地元の青年が町まで買い物に行くと言うのでお願いして焼酎を買ってきてもらったことがあり、たっぷりと仕入れました。
木地山ダムからは砂利道となり、バックウオーターからしばらく行った道を左に石ころだらけの坂道を下ると本流に面した広場があり、テントを張るには十分な広さだ。先行者のジープが1台止まっていた。すぐ近くには湧水がたまった池があり、そこから流れ出る小川は手が切れるほど冷たい。2つのテントを張り終える頃フライマン2名帰って来た。岩魚はそこそこ出たが本流通しは水量が多く大変らしい。車が帰ってしまうと、もう我々の天下で、ビールで乾杯してから薪を集める人、炊事する人、火付け人と大忙しだ。その間にもアルコールがどんどん消化される。
 焚き火も盛大になり、薪も十分確保、焚き火を囲み宴会のはじまりです。つまみも沢山。
関口さん差し入れの熊肉を、調理師免許もちの筧さんが自宅で味噌煮にして持ってきたやつは臭みもなく、柔らかで抜群だ。飯盒のお湯も沸いた。トン汁も出来た。岩魚の唐揚げ、山菜のおひたしも出来た。主食はパックライスで鍋で沸騰させれば何時でも食べられる。わざわざ飯ごうで米からかげんを見ながら炊く手間はいらない。私はこのさき、ご飯を食べたのか、何時テントに入りシュラフにもぐったのか一切記憶に無いのであります。

 二日目は皆さん早起きで、4時には上流に4名出発した。残りの近松、本間、西川は目の前は水が太く渡れないし、岸の上下流はヤブがひどく思案一服、本間さんが偵察し上流の大淵まで行けそうな踏跡を見つけてくれた。大淵でいざ仕掛けを伸ばし餌を付けようとしたらビクを持って来なかったのに気ずく。当然餌箱も無い、自分は昨日から調子が今一で今朝も頭が痛く、吐き気がして思考力がにぶっていた。本間さんから餌を恵んでもらいポケットに入れ竿が出せそうだ。20センチクラスのハヤの中から岩魚を2本ゲット。そのあと近松さんと何とか対岸に渡り枝沢に入る。そこは小さなポイント毎に岩魚の入れ食いであった。ただし小形が多くビク入るのは(と言っても近松さんのビク)3匹に1匹ぐらいである。調子が悪く歩けなくなってしまったので早々引き返した。奥に行けば大形岩魚が間違いなしの沢であろう。やっとテント場に帰ると上流組もすでに着いており、ハヤの猛攻にあいながらしっかり岩魚を持ち帰った。朝食は昨夜のトン汁にウドンを入れた煮込みウドンである。
テント撤収、焚き火の始末、ゴミすべて持ち帰り、残すのは足跡だけにして9時には出発できた。途中飯豊町の「道の駅」でおみやげのサクランボを買って大峠経由帰途についた。


東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2007  東京渓流釣人倶楽部