釣行会レポート

2007年7月14日(土)〜16日(月)

秋田・青森釣行

リーダー:近松   サブリーダー:櫻井
 

参加者:青木、伊藤、沖野谷、小野寺、筧、中野、西川、満藤、柳田、櫻井、近松


計:11名


交通:車3台(小野寺車、柳田車、近松車)


宿 :田子町  「田子温泉」  電話:0179-32-2728
   大湯温泉 「馬ぶち」   電話:0186-37-2277


費用:32,500円(宿、交通費)

天候:7/14 曇り時々霧雨
7/15 曇り後晴れ、7/16 曇り(風強し)

概況:

 7月13日 22:00前には、蓮田SAに11名(3台)が集合。初日午前中は、リーダーの我儘で予め決めてあった通り、初日は熊原川本流を全員で釣ってもらうこととした。熊原川も、かって(20年以上前?)は東渓が足繁く釣行した河川の一つであるが、2003年に釣行会で再度挑戦をはじめたが、今回のように多くの時間を熊原川に割くのは初めてであった。川割は下流域を近松車(櫻井、伊藤)、中間域を柳田車(西川、青木、筧)、上流域を小野寺車(満藤、中野、沖野谷)とした。現地までの途中は梅雨前線の影響で宮城県の先までしとしと雨であったが、走行に支障と成る程ではなかった。途中、休憩を挟み、運転手を交代しながら安全に目的地に向った。
第一日目:7月14日:何とか4:30には一戸ICに到着し、ホッとする。各車金田一町あたりで釣り仕度を行う、幸い天候は曇りで着替えもスムースに行えた。朝食を近くのコンビニで購入し、5:30には実釣開始となった。下流組は櫻井氏が豊川付近から入渓(田子川の水量が合わさり、かなりの押しがあった)、伊藤氏と近松は武士沢辺りから入渓した。伊藤氏は途中から相米川に入渓した。昼までに数の上では相当なものであった。
中間組は田子川合流点から入った柳田車グループはウハウハで割り当て区間の幾分も消化しないうちに、制限尾数になってしまった。上流に入った小野寺車グループもそこそこの尾数に満足し、12:00には約束の田子町「サンモールたっこ」に全員集合し、昼食となった。リーダーが約束したヤマメ大型特別賞(全員への昼飯代の奢り)は、残念ながら対象無しであった。一応このイベントは明日の昼まで延長することとした。(結果は、残念ながら・・・であった。)昼食後、「サンモールたっこ」を散策しているとバス停に懐かしいバスが来たので思わずシャッターを切った。
昼食後は、近松車、小野寺車グループが朝の区間の続きを実釣し、16時前には宿入りした。午前中で制限尾数に達した柳田車グループは川見(穴場探し?)と 称して浄法寺方面にドライブをし、17時に宿入りした。田子温泉は風呂場が改修されており、以前より感じは良好であった。食事内容等はお値段に相応で、可もなく否もない。

ただ、熊原川の中心に位置し、金田一温泉泊よりははるかに釣りには利便性がある。
一風呂浴び、17時前から持ち込んだビール(村松幹事長の差入れ)と清酒(櫻井さん差入)で、夕食前の一杯(?)で気分は既にほろ酔い、続く夕食では一日中釣り日和であった今日の結果報告を肴に、明日は何処をやるかで、ビール、冷酒、焼酎を痛飲しながら、川割り決定。徹夜走行の疲労と、泥酔とで、大型台風4号の進路を心配しながらも、19時過ぎには早々と就寝。
第二日目: 台風は東方海上にそれた模様で、ここ青森県田子町は風もなく曇り、全員が3:30に起床し、前日と殆ど同じ川割のとおりに入渓することになり、4:00から朝食前の釣りに出発した。曇り空の下、全員が釣果に恵まれた。前日、大物を確認した小野寺グループは特別賞が懸かったヤマメ大物に再挑戦したが賞(昼食おごり)に与ることは出来なかった。熊原川は時期的にタイミングが良かったのか水量も良く、全般に釣果に恵まれ、魚影の濃い川であった。朝食後、宿前で記念写真(初日に記念写真を撮るほど余裕があった?)を撮り、3台で第二ラウンドに出発、柳田車は初日に続き未釣区間を釣行。近松車は大湯川、小野寺車は長木川へと向った。ここで、明暗が出ることになった。 秋田街道を大湯方面に向かうにつれ、秋田側は晴れてきたが、風が強くなり、いよいよ台風の影響が出始めた。秋田側はこのところ殆ど雨が降っていないようで、渇水模様であった。渇水の大湯川に入った近松車には魚も応えてくれず、貧果に終わった。風も強く、気温も上がってきたので、昼寝後、風を避けて堀内沢に近松、伊藤が入ったが小型ばかりで、途中から“ミズ”の採取となった。小野寺車は長木川の上流に入渓した。
長木川も渇水状態で上流域の源流部となると更に厳しい状況であったとの事。辛うじて型を見た程度で貧果であった。早々に切り上げ、途中、小坂川を覗いたがやはり水が少ない。全員で、下流域で竿を出したが結果は予想通りであった。一雨後に期待が持てそうだ。
一方、西川さんの提案で、秋田側に転戦せず引き続き熊原川の未釣区間に入った柳田車グループは、秋田側に移動した近松車、小野寺車グループに対し、結果は大正解であった。田子町で悠々と余裕の昼食をとり、15時過ぎには、早々に御宿「馬ぶち」に入った。16時頃には、小野寺車、近松車共に宿に到着、前日の田子温泉と雲泥の差のある旅館で優雅&リッチな気分となる。大風呂にノンビリと浸かった後、夕食前の部屋での小宴会、18:00から夕食、今日も元気にビール、焼酎x2本、清酒を痛飲(伊藤、筧さんはウーロン茶を痛飲)し、疲労と、泥酔とで、20:00就寝。最終日の朝釣りは、長木川(中野、青木、筧)、大湯川(伊藤、櫻井、近松)、他は山菜採りと決まった。

第三日目:やはり気になるのは、逸れたとは言え、大型台風の影響。夜中に何回も起き確認する者、数名。雨は無いが、風がやはり強そう、街灯に浮かぶ宿の垂れ幕が風にたなびいていた。
長木川(中野、青木、筧)グループは3:30には、エンジン音もけたたましく出発。本流下流域を攻め、良型のヤマメをゲットしてきた。大湯川(伊藤、櫻井、近松)グループは昨日に続き、大湯本流を温泉街から堀内に上流辺りを釣る。堀内地区から大湯川の上流に入った櫻井氏がヤマメの良形をゲットした。柳田車グループは、安久谷川上流にミズ採りに向かった。朝食前の一風呂を浴び、8時過ぎには全員朝食も終ったが、朝食のメニューもこれまでの東渓で宿泊した中では、(値段からも)質も量も最高であった。
  朝食後、釣果の分配をしたがサイズ的にもまあまあで、数量的にもお土産には十分過る程であった。また、山菜(ミズ)も欲しい人に均等に分け、お土産に花を添えた。今回の釣行でただただ、残念であったのが、11名による2泊3日の釣行会にも拘らず尺オーバーが出なかったことである。記念写真後、9:15宿を出発し、十和田ICから東北道入り、3連休最終日であったが台風の影響か、渋滞もさほどでもなく、無事、蓮田SAに16:30到着し、散会した。本当にお疲れさまでした。                        





東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2007  東京渓流釣人倶楽部