釣行会レポート

2007年7月27日(金)〜29日(日)

奥只見 大津岐川源流釣行

リーダー:柳田 

参加者:青木、近松、植森、沖野谷、村松、柳田

計:6名

交通:車2台

宿:キャンプ(27日)
  バンガロー(28日) 桧枝岐「カラマツ」
пF0241-75-2220


費用:17,000円(交通費、飲食代)

天候:晴(27日)、晴/小雨(28日)、曇り(29日)

気温:

概況:

 毎年恒例の源流釣行の時期である。良きにつけ、悪しきにつけそぼ降る雨の中の出発となった。塩原から桧枝岐を経由して白んで来た明け方4時頃、只見川本流の渡船場近くを渡りいよいよ源流入口へと向う。昨夜の降雨で穴ぼこだらけの路面を車を進めるも途中停車して川の流れを伺うと水の音が激しい。間もなくして設営予定のゲートに達するがゲートがない。と言う事は「1.5時間を歩かずに車でダムのバックオーターまで行けるぞ」と思いつつ車を進める。間もなくしてダムサイトに着き周りを見ると、さすがに源流近くに立っている事を実感する。
現実に戻りダム下をのぞくと白泡を立てて水が流れ下って行く。水量の多さを実感しながら上流へと進め、最終ゲートに到着。そこはバックオーターの目前である。道路わきをテント設営場所に決め、幕営を終え、早々に食事後の第一ラウンドへの釣行である。申し遅れたが小ヨッピ沢の入口である。何人かが釣行、何人かが昼食・夕食の担当をする。天候は良。早めの酒盛り、夕食を済ませ明日の源流にそなえる。夜半は満点の星空!!明日は小ヨッピ沢(ダム上流)、大ヨッピ沢(本流)に3人1組で入渓。帰着を12時とする。
大ヨッピ組は渓相抜群ながら釣果は1匹。良い訳だけだが先行者がいた。
9時半には早々に幕営地に戻りビールでも食らいながら釣りの後始末やテント撤収の準備をしながら小ヨッピ釣行組の帰りを待つ。一人は寝て待ち、一人はビールを飲みながら待ち、一人は湖畔を眺めながら待つ。すると水面に尺(30cm)はあろう魚が飛び上がる。対岸のあちらこちらに散見出来る。それが1、2分ではない、30分〜1時間以上繰返すのである。何の魚?ハヤ?ヤマメ?イワナ?解らない。退屈している処へ小ヨッピ組が戻って来た。小ヨッピ組は熊の糞を横目で見ながらおそるおそる2つの滝を越えながら上流部へ。本来の源流釣行である。釣果は決して満足出来ない。しかし、源流釣行の実感を充分に感じ得ていた。
昼過ぎに全員合流して次なる宿泊所へと移動開始する。桧枝岐部落のバンガローで宿を取る。今夜は雨の心配もない。ひたすら「食す!、飲む!」である。充実の万感の源流であった気がする。次年は何処へとまた、夢を馳せる!!

追記
さすがに源流!ゴミも散見しない。何処に行こうともそうであって欲しい。

東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2007  東京渓流釣人倶楽部