釣行会レポート

2007年9月8日(土)〜9日(日)

最終釣行

リーダー:村松 

参加者:青木、井口、石下、伊藤、今井、上野(信)、上野(泰)、
  植森、大場、沖野谷、小野寺、小幡、筧、櫻井、関口、
  近松、西川、満藤、八木、矢田部、柳田、(村上)
、村松


計:23名

交通:車4台

宿:秋田県秋の宮温泉、「おなじみ荘」 пF0183-56-2415

費用:20,000円〜21,000円(交通費、飲食代)

天候:台風一過/晴れ

気温:

概況:

 例年だと最終釣行は9月の一週目に行なうが、河川の水不足で釣りが思わしくない。
一週間後は台風や秋雨前線で水量が増加する。この周期を見て今年は2週目に釣行計画を
立て河川の条件が釣り日和となる事を期待した。
 しかし、台風9号が11月7日に来て、台風を追いかける形になってしまった。それも50年に一度という超大型台風で、伊豆半島南部に上陸し箱根、丹沢、奥多摩、と関東地方の山間部に大雨を降り注ぎ、多摩川が氾濫にならんとする危険な状況で、釣行計画を断念するか悩んだ所でした。
 幸いに台風は太平洋側に抜けて、早々に北海道へと移動してしまい、日本海側はあまり大水が出なかった様子なので、釣行を決行したが、現地に着くまでは心配であった。
 今回は23名と近年の最終釣行では最高の参加者になり、宿も大勢の収容が出来、宴会が一同に集まり出来る宿として、秋の宮温泉「おなじみ荘」を伊藤氏が確保してくれた。
宿は、以前から小幡氏たちが利用していた所で、宿の主人たちも心から歓迎してくれたのはありがたかった。
 また、準会員として、植森君の友人の村上氏が参加され会員になっていただく期待もあり、良い釣行会になる事を祈った。
 車は4台、と新幹線グループの5グループにわかれ、那須高原SAで釣り場の割り振りをした。
 青木車(植森、大場、筧、村上)は役内川、院内川、満藤車(沖野谷、櫻井、八木)は庄内相沢川水系、関口車(伊藤、今井、近松、矢田部)は喜多方から米沢へ大樽川、小樽川金山方面、柳田車(井口、上野信男、西川、村松)は藤島川、立谷川へ、新幹線グループ(石下、上野泰彦、小野寺、小幡)は鳥海山水系と決まり目的地に向かった。
 台風の影響で風がしばらくは吹いていたが、朝方になるとだいぶ収まり何とか竿を出せるまでになってきた。川の水量は場所によってかなり多く竿だしが出来ない所もあれば、ベストの所も有り、日本海側の河川は釣行が可能であった。
 今年は会の大物賞の対象者候補がヤマメもイワナもまだいなく、今回の最終釣行会で是非出してもらいたいのであったが、初日は残念ながら出なかった。
  満藤車は早々に宿で温泉につかり、次に青木車がその次が柳田車、関口車、新幹線レンタル車グループという順で宿に入ったが、釣果の悪かった順に早く入宿したのか?宴会での報告会が待たれる。
 宿の主人に丁重に迎えられ、初めての挨拶になった。玄関正面にヤマメのカラー魚拓の額が飾ってあり、見覚えのある魚拓と思っていたら、龍渓の名が入っている。小幡氏が一昨年に役内川本流で、毛鉤で釣った34cmの大物賞になったヤマメの魚拓で、私が作った魚拓であった。小幡氏は川に返すという意味で、現地の釣り宿に寄贈したそうで、宿の主人が喜んでいた。
全員そろって、午後6時夕食宴会の始まり、筧氏の司会で満藤会長、村松リーダーの挨拶が終わり、関口相談役の温度で乾杯、食事を終え総勢23名のにぎやかな宴会へと進行、車ごとの釣行報告を各リーダーにしてもらう。

* 柳田車(柳田):台風の影響が少ないのではと日本海側の赤川の支流、今野川、藤島川、立谷川、の3河川に入渓したが、今野川で井口君が8寸クラスのヤマメを2本釣り今年初の釣果で喜んでくれた。他の者も同様の釣果だった。藤島川,立谷川はにごりが強く釣りにならなかった。

* 関口車(近松):喜多方、米沢方面の河川は増水で竿出せず、金山川、上台川へ移動。メンバーは8寸クラスのヤマメ4〜5本を確保。矢田部さんが40cm以上のニジマスを悪戦苦闘して吊り上げた。外川では関口相談役、竿抜けでばっちりの釣果。

* 満藤車(櫻井):庄内方面の田沢に朝3時に着き1時間仮眠、小林川、相沢川、中野岐川共、増水で濁りもひどく竿をだせず、荒瀬川に行けば今度は集中豪雨で釣りできず、金山へ移動、近松氏に会い、全員で、学校そばで昼食。それから宿に向かう。

* 新幹線グループ(小幡):4人で新幹線大人の休日クラブ割引切符を利用。台風の影響で古川駅で40分停車、何とか昼過ぎに釣り場へ着く。味噌川で石下さん27cmのヤマメを釣る。2週間前に沢抜けがあり、その傷跡がすごい。

* 青木車(植森):役内川、大役内川へ目指したが、大水で釣りならず、院内川へ移動、山の田川、じゅうべい川、南沢とも水量やや大目だったが良く釣れた。準会員の村上氏はフライをやめて餌つりに挑戦、ばっちりで大喜び、大変良かったです。
以上の報告後宴会は8時で終了し、二次会グループ、明日の釣りのため寝るグループそれぞれに別れお開きになった。

9日(日)、5グループとも昨日の報告会の話を参考に釣り場に向かう。新幹線グループは高速道を使い横手へ、石下さんが善知川で32cmの鼻曲がり雄ヤマメを釣りついに2007年度のヤマメの大物賞を確保しました。石下さんの前にいた地元の釣り師がもう一回り大きいヤマメを粘って、粘って釣ったそうで、石下さんは悔しがっていましたが、尺ヤマメを釣ったのですからグーです。おめでとうございます。




 何はともあれ台風の心配をよそに楽しい釣行が出来ました。大勢の会員が参加をしていただき有難うございました。この釣行会がきっかけで村上さんが入会されましたので喜び合いたいと思います。



東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2007  東京渓流釣人倶楽部