釣行会レポート

2007年9月29日(土)〜30日(日)

日本渓流釣連盟 16回懇親会

リーダー:満藤   サブ: 

参加者:石下、小野寺、小幡、村松、八木、満藤

計:6名


交通:自由参加

宿 :おくたま路 (国民年金健康保養センター  電話:0428-78-9711

費用:15,000円(保険料含む、交通費各自負担)

参加団体:渓魚会(9名)、岩魚会(4名)、東渓(6名)、個人会員(1名)
     計20名

天候: 雨


概況:


小幡氏から人数の確認の電話が有り今回は6名と話をすると、前回の参加者は15〜16名と言われたが今回は急遽リーダーの変更により手配が遅れやもう得ない事と話す。
ところで明日はと聞くと秋川上流の養沢川に行くとの事。29日、早朝9時に養沢川鱒釣り場に集合するが、雨が降り止まず、各自躊躇するが更に村松幹事長は釣り場の上流にて釣の真最中との話で、入漁料4500円を払い釣り場に向かうが初めての毛ばり釣りと有って、毛ばりを打込んでも瀬では見えず、淵、瀞に打込んでやっと確認出来た。自然の状態の渓流なので、上下左右確認して打込むが、魚は出てくれない。そうこうする内に昼食となり釣り場近くの食堂で蕎麦をすすり、午後1時より1時間だけ毛ばりを打つが魚は出ずで終了する。
午後2時釣り場から宿のおくたま路へ向かう。途中、五日市で祭りに遭遇し1時間後に宿に到着する。相吉副会長とこの後打合せを行う。
午後5時頃には参加団体(3団体)と蓮沼個人会員1名が全て宿に到着する。
午後6時からの宴会は小幡常任理事の司会で相吉副会長の挨拶が有り、奥多摩懇親会開催に到る説明が参加者に有りました。来賓として奥多摩漁協の稲生副組合長の懇親会歓迎の挨拶と奥多摩川の現状の報告が有り、是非奥多摩へも釣に来て欲しいと要望が有りました。
その後、各団体の紹介と個人会員の紹介が有りました。その後、満藤常任理事から明日の予定の説明があり、その後、宴たけなわとなり、午後9時までに宴会は終了致しました。

30日午前8時に朝食後、私と相吉副会長と松村幹事長は一足先に集合場所にと向かいました。集合場所に到着すると、奥多摩漁協の組合員の方々と打合せ行い、水産試験場の加藤主任研究員と挨拶とお話を伺いました。午前9時半頃には全員が集合、稚魚を積んだ車が到着するがNHKの記者まだ到着せず到着を待つ。しばらくしてNHKの記者が現場に到着し記者と相吉副会長と私が取材の打合せを行い、稚魚の袋ズメを行う工程の取材をしてもらいました。袋ズメを完了後、渓魚会は日原川と大丹波川、岩魚会は海沢、東渓倶楽部は平溝川へと分散する。
NHKは渓魚会の日原川の稚魚放流とゴミ回収の取材に向かう。
その後の話で、1日の正午のニュ−スで放映と聞いていたが、村松幹事長が佐々木名誉会長宅を訪問した際、昼のニュ−スを見たと言われたと電話で知った。東渓倶楽部は、奥多摩漁協の担当者と平溝川の最上流に向かい、林道終点で1袋を放流し、林道を下りながら適正な放流場所を見つけて残り3袋の放流を行った。ゴミ回収を行うべく河川に入るものの先日来の台風の影響で全て多摩川本流に流されていて綺麗であった。
明日10月1日は禁漁期間に入るので来年3月までには成魚になって、人々を楽しませてくれると思います。
奥多摩川は先来の台風の雨の影響で今も奥多摩ダムの放水が継いて被害甚大との事です。 東渓倶楽部もこの後マス釣大会と発眼卵放流を控えていますが心配の種です。
最後に成りますが、日本渓流釣連盟より山葵のお土産を各自に頂きました。今回、筧リーダーの都合により急遽、私がリーダーをする事となり至らない点が有ったと思いますが、参加して頂いた会員に感謝致します。







東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2007  東京渓流釣人倶楽部