釣行会レポート

2007年10月21日(日)

家族マス釣り大会


実行委員長:本間リーダー&執行部


参加者:会員 15名 会員家族 21名
計:36名

会場:小河内漁協 峰谷川渓流釣場

日 時 :10月21日(日)  
     午前9時 開会式〜午後2時 自由流れ解散

会 場 : 小河内漁協 峰谷川渓流釣場

実行委員: リーダー:本間正行、執行部

参加者 : 36名(会員 15名、家族 21名 内子供 10名)

概況:
奥多摩湖周辺の山々はまだ紅葉には半月ほど早いようでした。
2007年度家族マス釣り大会は36名の参加者で、真っ青の空と緑の木々に囲まれた中で楽しく出来ました。
 昨年は東渓50周年記念行事のため中止になりました。その為今年は多数の参加者になるのではと期待しましたが、残念ながら例年より少なめでした。
 マス釣り大会の参加者にトン汁を出す準備を前日からふる里村に泊まりながら行ないますが、例年ですと10名近く泊まりますが今年は5名でした。出来る事なら後数名の方が準備に参加してほしかったと思います。
 たまたま個人個人の用事と重なったのだと思いますが、東渓の年間行事の一番大きな行事だと思いますので、会員の方は一人でも多く協力願いたいと思います。
 今年は台風9号の影響で多摩川水系の管理釣り場の囲い石がほとんど流され、釣りになる状況ではなく、峰谷渓流釣り場も川幅いっぱいに、水位も3mくらい上がり、焚き火小屋まで砂利が入り使用できない状況でした。管理釣り場の方々の奮闘により整備しなおされ、何とか当日を迎えることが出来たことに感謝したいと思います。
 子供さんが10名参加してくれましたが、私がリーダーをするようになって、当初小学校に上がる前の子も今では学校にいくようになり、エサ付け、魚はずしも自分で出来るほど一人前の釣り師のようで頼もしいかぎりです。
 前日の準備の際、筧さんの奥さんとお孫さん4人が泊まっていただき、楽しい一時を過ごす事が出来ました。また当初の会員の参加者が12名でしたが、体調が思わしくないのに無理をして参加してくれた3名の方々、そして 今井さんからご寄付をいただきましたことやお酒や肉など差し入れしていただいた方たちにお礼を申し上げます。
 おかげさまで楽しく無事に行事を終わらせることが出来ました。参加された方々、有難うございました。

東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2003 東京渓流釣人倶楽部