釣行会レポート

2008年3月1日(土)〜2日(日)

伊豆解禁釣行

リーダー:中野 

参加者:満藤、小幡、八木、石下、今井、小野寺、村松、柳田、西川、
  筧、青木、井口、沖野谷、植森、村上、近松、櫻井、中野


計:18名

交通:自由参加(車7台)

宿:伊豆湯ヶ島温泉「 いろりの宿 三吉」 пF0558-85-1123

費用:13,000円(保険込み)

天候:晴れ

気温:朝 6℃ 日中:15℃

概況:
待ちに待った東渓の解禁釣行、今年は渓流解禁日と重なり、多くの釣り人が予想される中、緊張の解禁釣行会となった。三寒四温の中、運良く朝の冷え込みもなく暖かくて、釣り日和を期待と言いたい所であったが夜半には時折、西風が強く吹き、釣り人泣かせの天気が予想された。
そんな中、東伊豆を除き、西伊豆、中伊豆、南伊豆の各河川へ前日(金曜日)夜発ちで、初釣りの期待に胸を脹らませ、思い思いの川に車を走らせた。
朝方には風も弱くなり、何とか釣りになりそうである。どの河川も夜明けには釣り人が集まり、静寂であった川が賑わった。ひと頃と違い、釣り人銀座とは行かないものの多くの釣りファンで賑わっていた。
この時期の伊豆は中伊豆では梅祭り、南伊豆では河津桜祭りと地方のイベントと重なり、朝から観光地に向う車でところどころ渋滞も発生し、混雑していた。河津川を覗いてみたが河津桜が満開で多くの観光客で朝から賑わっていた。花見客にまぎれての初釣りを楽しんだが渓魚(アマゴでもニジマスでも良いが)の顔を見ることは出来なかった。
水量は平年並みか、やや渇水気味!?。何人かの釣り人に釣果を尋ねたが皆、「当りすらない。魚がいないのでは」とこぼしていた。
一方で魚も見ないが、監視員を見ることもなかった。
昼食を済ませ、あちこちの川を見て回ったが風が強くなったこともあり、早々に宿に引き上げ皆の到着を待った。既にギブアップ組が酒盛りしていたことは言うまでもないことです。
集合予定の16時半には全員、宿に入り、宴会の前に温泉で汗を流した。
18時、満藤会長の乾杯で宴会を開始した。豪華とはいえないが料理に舌鼓を打った。物価高騰、予算抑制の中、多くの方から酒の差入れを頂き、ありがとうございました。
気になる釣果であるが、例年だとどこか大当たりのグループがあるが今年は全体的に貧果であった。お祭りとは言え、ちょっと寂しい。
主な報告としては小幡組、西伊豆方面の河川を毛ばりで釣るが釣果ナシ。エサで型を見た程度。村松組、中伊豆の河川を釣るが各人、型を見た程度。近松組、駿河湾でのタイ釣りと河津川中域で渓魚釣り。櫻井氏が良型アマゴをゲット。海釣りの釣果は?。
井口組は大見川で苦戦するも根性と粘りが効を副うし、全員が型を見ることが出来た。唯一の釣り頭組であった。
宴会は19時半に中締めとし、明日に備え床に就くもの、部屋で語り合うものそれぞれ余韻を楽しんだ。
翌朝、深酒組、朝風呂組を残し、日の出と共に目当ての河川へと車を走らせた。
朝釣り組も8時には宿に戻り、朝食を済ませ、9時半にチェックアウトした。宿前で祈念写真を撮り、解散。釣りをする者、帰宅するものそれぞれ宿を後にした。
東北ではまだ雪が降っている。気象予報では桜の開花も遅れ気味と言う。東渓の真の解禁は4月から。今年も楽しく安全な釣りに期待したい。

東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2008  東京渓流釣人倶楽部