釣行会レポート

2008年4月19日(土)〜4月20(日)

温海温泉釣行


リーダー:筧   サブ: 

参加者:西川、柳田、本間、近松、櫻井、大場、筧

計:8名


交通:車2台

宿:山形県温海温泉「あさひや旅館」 п@0235-43-2002 

費用:21,000円(保険料含む)

天候:
曇り 微風

概況:

 三寒四温・染井桜が散って、八重桜と移り、天候は寒暖の差が目まぐるしい、4月18日(金)午後10時50分、関越道上里サービスエリアで2台8名のメンバーが集う。目的地温海温泉は久し振り、2年前の事、同じ時期に訪れ、鼠ヶ関・小国・温海・五十川の4河川を上流をつなぐ345号線は凍結、周りは雪景色。寒いー冷たい中で上がってくる山女魚は体色を薄いピンクに染めてそれは美しかった。

爆弾低気圧が関東から東北一円を覆っている、雨風が危惧されたが、午前3時鼠ヶ関河口手前のコンビニ駐車場は乾いていた。
近松車―西川・大場・桜井4氏は鼠ヶ関川と温海川。柳田車―本間・村上3氏と私は小国川と五十川の沢割、午後5時、宿着を約して、結果を先に言うと当りがまるでない。サクラマスの禁漁区間ぎりぎりの下流域から中流〜上流域へ、「皆さん釣って下さいー即4人散って竿出し、誰も当たり無」即移動を何回も繰り返して、仕舞に諦めが「山菜取り」が主体となってしまった。
「あさひや旅館」は朝市会場のすぐ横、当主は17代目の老舗、先祖は殿様献上の刀鍛冶で宿も250年続いている、昭和25年温海温泉は大火事に見舞われ、対岸の「旧万石屋」の家屋だけが焼失を逃れたという。今は其の悲惨な面影はなく、温海川両岸には見事な桜が満と花を飾って、湯上りの散策を楽しませてくれた。
午後3時には宴もたけなわで、予算を500円オバーしてしまった。
翌朝、大場・村上・筧は宿前を、近松・桜井は五十川に、最終釣果としては型的に桜井氏の9寸岩魚・柳田・本間両氏の8寸岩魚、後は全員片手程度の成果に終わった。


東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2008  東京渓流釣人倶楽部