釣行会レポート

2008年5月10日(土)〜5月11日(日)

山菜と釣り


リーダー:沖野谷   サブ: 

参加者:井口、伊藤、今井、上野(泰)、大場、筧、
   近松、満藤、村松、西川、八木
、沖野谷

計:12名


交通:車3台

宿 :田子倉ダム直下 「福田屋旅館」

費用:18,000円(保険料含む)

天候:


概況:

この企画も早いもので4年目を迎えた。今回は久しぶりに田子倉ダム直下の福田屋旅館を訪ねることとした。ここは釣り人や登山家の間では有名な宿だ。今年は地球温暖化現象で東北各地の山菜は例年より2週間ほど早い。1週間前の山形、秋田ではタラノメはボウボウ状態でとっくに採り頃は終わっていた。ウドもかなり伸びていた・・コシアブラなどは食する状態ではなかった。地元の人が言ってた「こんな年は始めてだ!」と・・・ そうは言ってもナンツッタッテ只見だ!淡い期待を抱きながら目的地へと向かった。企画2年目位までは、まさに「釣りと山菜」だったが最近は『山菜そして釣り」になっているのが現状だ。山菜はまさに5月が旬だ!今回は車3台12名という理想的な状態だ。満藤車(今井、上野、八木)は昨年と同じ荒海川、桧沢川へ、井口車(伊藤、西川、村松)は小滝方面へ、そして近松車(大場、沖野谷、筧)は伊南川本流組と塩の岐組へと分かれた。釣果のほうは各車とも自慢できる顕著なものはほとんど無かった。満藤車の荒海、桧沢組はそこそこの釣果はあったものの早々と野外パーティの目的地へ向かった。一方、井口車は貪欲に釣りと山菜に熱中し、最も成果のあがったチームだ。さすがチームリーダーの村松氏だ! 近松氏と小生は塩の岐でそれぞれイワナ27センチの良型を手中にした。本流組(大場氏、筧氏)は本流にしてはかなりさみしいヤマメだった。それでも方針変更でイワナ汁用の適度のモノを大分協力してくれた。近松氏は今回だけは釣りより山菜派に転向したようだ。筧、大場の両氏と合流し4人でいつもの南郷村の秘密ポイントへと向かった。今年は新しいポイントを発見!崖を登りきったところ一面にコシアブラ群落が広がっていた。今年は近年稀にみる早い春のためほとんどが伸びすぎて食べ頃の芽を探すのに一苦労した。それでもお昼のテンプラ用と全員へのお土産としては充分すぎるくらい採れた。因みにコシアブラの木は大木より親指大や人差し指大の幼木からのほうが実に旨そうな芽がとれる。元来、山菜にはあまり興味のなかった筧氏と大場氏が夢中になってい
たのが印象的だった。残念ながらコゴミやタラノメはあまり採取できなかった。しかしそのへんは他のチームがしっかりとリカバリーしてくれた。毎年のことながら山菜の時期の選定は極めて難しい。

恒例の野外パーティーが好天の蒲生川のほとりで始まった。いつものことながら西川氏のイワナ汁は絶品だ。そしてコゴミの胡麻和えも・・なんと言っても昼のメインディッシュであるコシアブラや各種山菜のテンプラ、ヤマメの唐揚げが実に旨い。誰かが言ってた「この味を覚えたらやめられない」って!なにしろみんなよく食べる。メタボもヘッタクレも関係ない!野外の雰囲気がそうさせているようだ。ただ少し残念なのは、いつも手際よくテンプラを揚げてくれる柳田氏がいないことだ!

夜は久しぶりの福田屋旅館で宴会が始まった。この時期どこへ行っても山菜料理がでる。昨年もそうだったが昼夜にわたっての山菜料理は少し食傷気味といったところだ。でも、みんなそこそこの年令にもかかわらずよく飲みよく食べる。元気な証拠だ。喧騒の都会を離れて好きなことを好きなだけできる幸せを味わいながら仲間との談笑は実に楽しいものだ。

翌朝は恒例により山菜分けだ。コゴミ、コシアブラ、タラノメ、ウド等々、充分過ぎるくらいのお土産になった。宿のおかみさんからダム湖で取れたサクラマスや50〜60センチのイワナが一匹500円とのことであっという間に売り切れとなった。

帰路は五十里越えが開通になったので絶景の湖と残雪の山々を見ながらの小出経由となった。



東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2008  東京渓流釣人倶楽部