釣行会レポート

2008年5月31日(土)〜6月1日(日)

日本渓流釣連盟 17回懇親会
福島県南会津郡南会津町方面

リーダー:満藤   サブ: 

参加者:石下、小野寺、小幡、沖野谷、近松、村松、八木、満藤

計:8名


交通:自由参加

宿 :会津湯の花温泉「旅館 末廣」  0241-78-2513

費用:21,000円〜23,000円(保険料含む、交通費各自負担)

参加団体:日本渓魚会(7名)、信州川蝉会(3名)、つくば渓流会(8名)
     東渓(8名)、個人会員(1名)蓮沼氏
                            計27名

天候: 雨
、晴

概況:

午後11時前、小野寺車に電話を入れて現在位置を確認すると鹿沼インターチェンジ付近との返事、蓮田11時集合を忘れた模様。致し方なく那須サービスエリアまで行く事になった。
那須サービスエリアで小野寺車と合流し、入渓する釣り場の川割り、宿への集合時間など、以後の段取りを打ち合わせし、各々の目的地に向かった。
我々は磐越道の磐梯高原で下車し大川(阿賀川)の支流、田附川に入渓する。最下流に村松、中間に私、最上流に近松、沖野谷氏が分散して入る。雨の中、気温も低くあたりも無く釣り上がって行くと、土手の上を村松氏が歩きながら、私に声を掛け、釣れないから二人を迎えに行って、別の川に行こうと、近松、沖野谷氏を車で迎えに向かう。二人を乗せ隣の濁川へと向う。最下流に近松氏、中流に村松氏、最上流に沖野谷氏と私が入る。濁川も田附川と同様に雨と気温が低く低調でした。1時間半程で切り上げ、喜多方に朝食を取に向かうが町並みが変わり目指す食堂が見つからず、会津経由で会津田島へと移動する。
会津田島に到着後、村松氏の記憶のトンカツ屋をやっと探し当て、昼食をとる。東京には無いカツ丼で有った。昼食後2時まで荒海川で釣りをする。最下流に私、中流に近松氏、上流に村松、沖野谷氏が入る。最下流に入った私は瀬中心に釣るが当りはハヤばかりで本命は何処に居るのか、堰堤上流の溜まり部分を歩き瀬を狙うが、やはりハヤばかり。途中で道に出て橋まで歩いていると、タイミングよく村松、沖野谷氏が乗った迎えの車に出会う。早々に近くで釣りをしているはずの近松氏に携帯電話で釣り場の撤収を連絡し、道に出て来るの待ち、収容する。近くの酒屋でビールをお金を出し合って中缶6本を購入後、末廣に向かう。宿到着時には相吉氏も到着しており、夕方の宴会の為、宿の主人と打合せを行った。
宴会は飲み放題で有ったが参加団体が何と日本酒を8本も寄贈して頂き参加者は程々に酩酊。余ったビール類は二次会へと消えてしまいました。私の部屋は扉をロックをしました。二次会の被害には合いませんでした。
翌朝は朝食後公園前の湯の花川に岩魚の稚魚を9000尾、放流を行いました。稚魚は放されると素早く岩陰に隠れてしまいました。寸法的には小さい稚魚でしたが元気な稚魚でした。
放流関係者と記念写真後解散となりました。又来年もとの挨拶で散会となりました。
残りの稚魚は7月に漁協が放流をして下さるとの事でした。


東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2008  東京渓流釣人倶楽部