釣行会レポート

2008年6月7日(土)〜6月8日(日)

木曽福島 竹の子釣行

リーダー:近松   サブ:柳田 

参加者:青木、上野(泰)、上野(信)、櫻井、西川、村松、柳田、近松

計:8名


交通:車2台(柳田車、近松車)

宿 :木曽駒高原 温泉民宿「丸中山荘」 0264.23.7453

費用:17,000円

天候:
6/7晴れ時々曇り 6/8朝、小雨

概況:

6月6日23:30、8名(車2台)が中央道談合阪SAに集合。諏訪湖SA(1:00)にて沢割りを行い、午前中は、開田高原方面の末川を近松車(村松、櫻井、青木)、西野川を柳田車(上野(泰)、上野(信)、西川、)で探釣することとした。今回は、竹の子(破竹)狩りも目的であり、午後から全員で筍狩りとした。気象予報では梅雨入りしたが、この日は晴れ時々曇りで、雨は予想されていない釣り日和であった。
午前3時に木曽福島のコンビニで朝食と釣り券(1,050円)を購入し、3時半頃に開田高原の末川と西野川の合流点付近の蕎麦屋に到着した。昼食時の合流を約束し、各車それぞれの方向に向かった。
(近松車) 第1ラウンド 末川:薄暗い中、釣り仕度を整え、4時半には実釣開始となった。入渓点は、末川と西野川の合流点から数km上流の部落の橋から下流に櫻井氏が入渓、近松がその上の部落沿い、村松氏はその上のゴルフ場東側沿い、青木氏は更にその上流に分散した。末川は御嶽山からの水を集め、渡渉ギリギリの感じであったが、私以外の方々は苦も無く渡渉して行った。
 8時に上がったが、低水温なのか、魚影が薄いのか、櫻井氏がイワナとアマゴ数尾、村松氏は1尾であったが27cm程の体高のある綺麗なアマゴであった。青木氏と近松はイワナ数尾であった。型は押しなべて大きくはなく、まだサビのある状態で、6月に入ったとは言え、川は水温も7、8℃程度で、まだ本格的シーズンにはない。
(近松車)第2ラウンド 末川上流域:第1ラウンドはまだ肌寒く、水量も多すぎたので、上流に移動した。9時頃になると気温も上がり、渓に差し込む日差しも柔らか渓相も素晴らしく、11時半の集合までに期待が持てそう。結果!村松氏が意気揚々と引き上げてきたが、他は、針掛りもしないチビばかり、、、。
(柳田車) 西野川:こちらも、釣り仕度を整え、早朝4:30には実釣開始となった。各人の入渓点は、近松車と別れてすぐ右に折れ、西野川を渡り対岸の県道に出て冷川(つめた川)に上野(信)氏1名を降ろし、残りは上流の立沼橋に車を置き、西川、上野(泰)の3名が本流に入り、柳田氏が西又川に入渓した。西川氏がアマゴ(木曽ではタナビラと呼ぶ)イワナ数尾、他はいずれも少々でした。冷川の上野氏は良形1のみで第一ラウンドを9:00終了した。
 第二ラウンドは全員で下流の柳又集落から入るが今一であった。時間も早く、あきらめて集合場所であるソバ屋に10:30頃着いた。釣果を聞こうと近松車グループを携帯で呼び出すもだれも出なかった。開田高原はアンテナも立ち電波状態は良好なのに。早いがここでお先に昼食とした。その後、末川上流の砂利道になってからさらに走り、ミズナの群生地でおみやげを採り、黒川に戻り竹林近くで竿を出すが魚信(あたり)は無しでした。
昼食は結局、各車ごとにとり、13時頃、両車合流し、破竹(はちく)狩りとなった、昨年良かった黒川の竹林をまず目指したが、まだ、1週間から10日程早い感じで本数、サイズ的にも昨年程の収穫は得られなかった。その後、小川方面を含め破竹を探し回り、なんとかお土産になる程度になり、15時前には、昨年と同じ丸中山荘に入った。
一風呂(宿の規模に似つかわしくない大きな風呂場)浴び、持ち込んだビールと高級焼酎(上野信男さん差入)で、夕食前に既にほろ酔い気分、18時からの宿の食事内容はこの時期ならではの山菜中心で、お値段に相応で、可もなく不可もない。夕食での釣果報告は、釣果は東北方面の比ではなく、どちらかと言うと山菜報告が主体で、ミズを柳田班が沢山収穫していたが、破竹が採り足りないので、明朝は釣り班と竹の子班にメンバーを組換え、20時前には早々と就寝。
二日目最終日: 昨晩決めたとおり、今日も全員元気に3:30起床(正確には、1,2名が、3:50に西川氏からの携帯で「何をボヤボヤしているんだ、出発するぞ!」で叩き起こされたようでした。)4時には、釣り班と竹の子班に分かれ出発。
釣り班(村松、上野(信)、桜井、青木)は黒川とその上流の末川を目指した。上野(信)氏は昨日、村松氏が中でも好釣した末川の上流を切望し、「柳の、、、ドジョウ」を狙うも???。 こちらも、朝釣りは早々に切り上げ、破竹を探し回った。
竹の子班(柳田、西川、上野(泰)、近松)は昨日に引き続き小川方面で、昨日と反対岸の竹林を探し捲った。明らかに屋敷林である竹林は遠慮し、それ以外を探すとなるとかなり探し廻らねばならず、大変であった。小雨降る中、何とか昨日分と併せ全員のお土産を確保したが、釣りの方は結構時間切れで、竿は出さず仕舞で、日本における森林浴発祥の地とか云われる「檜セラピー」方面を見学し、8時に宿に戻った。
朝食前の一風呂を浴び、8時半過ぎには全員朝食も終り、今回の成果の分配をした。お魚、アマゴ、イワナは数、サイズ的にも今晩のささやかなオカズ程度であったが、破竹筍は一人当たり大小20本以上行き亘たり、ミズと併せ、まずまずの収穫量に全員が満足顔であった。本来、ここで記念写真になるのですが、カメラを忘れ、今回は記念写真なしで御免なさい。その代わりに、破竹の写真で許してください。
9時半、宿を出発し、伊那IC経由で、中央道 藤野PAに13時頃に無事到着し、散会した。重い竹の子を担いで帰宅された方々には、本当にお疲れさまでした。

東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2008  東京渓流釣人倶楽部