釣行会レポート

2008年6月21日(土)〜6月22日(日)

山形県方面 ヤマメ稚魚放流と釣り

リーダー:八木   サブ: 

参加者:井口、櫻井、近松、西川、本間、村松、八木

計:7名


交通  :車2台(近松、村松)   
費用  :21,000円(保険代含む) 
宿   :山形県 左沢温泉 「湯元旅館」 
天候  : 晴
概要  
 金曜夜立ちで2台へ分乗し、近松車(櫻井、西川、八木)小樽川を、村松車(井口、本間)は月布川を午前中釣りを楽しみ、月布川上流部の柳川地区の「柳川温泉」駐車場脇のそば屋で合流し、昼食を済ませる。同駐車場にて午後1時半に最上川第一漁協の熊坂組合長と組合員2名の合計10名が揃う。購入先の県サクラマス古寺孵化場の室岡氏を待つが車両故障で40分遅れで出発。
 ヤマメ稚魚は6センチ上程で2.7グラム、放流箇所は支流の徳沢川の大堰堤上へ1,000尾、本流の柳川地区(熊野神社前)へ2,000尾、沢口地区(大瀬川出合い)へ2,500尾、貫見地区(小清川出合い)へ1,500尾の合計7,000尾をバケツリレーにて放流。作業も二時間程で終了し、組合長の感謝の挨拶を受けて終了となりました。
宿へ向い始めたら間もなく強い夕立に30分程降られ、宿へと着く。宿の裏手は最上川に面しており、NHKドラマの「おしん」の撮影隊が滞在され多数の写真が飾ってありました。
 夕食後も早めに床に入り、早朝釣りを楽しみ、朝食を8時半に延ばして頂き、9時半出発。地元の大江町道の駅に寄り、地元農家名の入った佐藤錦のサクランボパックをお土産で帰路へとつきました。

東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2008  東京渓流釣人倶楽部