釣行会レポート

2008年6月28日(土)〜6月29日(日)

岩手中通り釣行

リーダー:伊藤   サブ: 

参加者:青木、上野(泰)、大場、沖野谷、筧、櫻井、関口、近松、村松、柳田、伊藤

計:11名


交通:車3台(関口車、柳田車、近松車)

宿 :吉野屋旅館(台温泉) 自炊宿 食事付き可 

費用:23,500円

天候:


概況:

各車単位に待ち合わせ、22時に蓮田SAに集合して打合せ、関口車・豊沢川水系−近松車・稗貫川水系−柳田車・南畑川水系に目標を定め、健闘を誓い合って一路北上し花巻にて分散をした。
車割りは次の通り。
  関口車:関口、櫻井、伊藤 3名
  近松車:近松、村松、大場、青木 4名
  柳田車:柳田、沖野谷、上野、筧 4名

初日
豊沢川水系
 支流の寒沢川は下流部は水が少なく堰堤から上は水が有りそうだったが入渓点が不明。
本流は志度平の堰堤から上流は相当な水量であった。先行者が各所に見られ、入渓点を藤三旅館近傍から分かれて入る。桜井氏は制限尾数を関口氏・伊藤はその半分であったが魚は多く木っ葉山女魚は相当数居た。第2ラウンドは志度平堰堤から2箇所に分かれて入渓した所、それなりの釣果に恵まれた。
 明日の為にと大沢川・鍋割川・台川・瀬川等を見て回るが何処も減水がひどく釣りにならない状況であった。かろうじて葛丸川が釣りになりそうだったので、愛護組合による放流協力費千円の券を購入、魚は18cm〜20cm程度を数匹の型を見た。

稗貫川水系
 支流の小又川は魚は多いものの小型、この支流も減水。本流は早池峰山から流れているだけ有って水量は良好。青木氏が良型の山女魚と尺上の岩魚を釣り上げる。村松氏も発憤されかなり健闘された。近松氏・大場氏も本流に転戦して釣果を得る。

南畑川水系
 こちらのグループは水を求めて三千里の状況だったそうです。南畑・外桝・矢櫃は50cmの減水。葛根田川は普通の長靴で渡渉できる状態。(後で聞いたのですが、この1ヶ月県北部には雨が降っていないそうです)一所懸命に釣りをされましたが徒労に終わられ宿に一番乗りでお酒をめされて居ました。

 夕刻、全員無事に宿に集合。この宿は自炊2,500円〜、2食付き5,000円〜の料金で6,000円以上はサービスで松茸の土瓶蒸しが付くとのことだったので、込み込み6,450円で予約。温泉は湯量たっぷりでいい湯であった。夕食の膳をみると沢山のおかずで土瓶蒸しも美味しくもっと料金を取られるのではないかと冗談が出るほどであった。朝食も充分なおかずで皆さん食が進まれていた。部屋も3部屋でお願いしたが親切に5部屋で就寝させて貰え充分休めたようです。

2日目朝
  全員豊沢川に分散して入渓、全員それなりの釣果を得ました。柳田車グループは昨日の仇討ちばかりと頑張られ型・数の釣果に恵まれ一息つかれていました。リーダもほっとしました。

昨年も、南畑川水系で釣りが出来ず、今年も減水で釣りが出来ずそれが心残りになりましたが、又、何時か竿をさせる日を夢としておきたいと思います。



東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2008  東京渓流釣人倶楽部