釣行会レポート

2008年7月5日(土)〜7月6日(日)

山形キャンプ釣行

リーダー:西川   サブ: 

参加者:櫻井、近松、村松、柳田、井口、菅野(現地参加)、西川

計:7名


交通:車2台(柳田・近松車)

宿 :バンガロー (交通費、飲食代、バンガロー代)
  
 長井市「古代の丘縄文キャンプ場」  0238-88-9978

費用:15,000円

天候:


概況
 今回は梅雨の末期でもあり、最初からテントではなく屋根のあるところでと言うわけでバンガローを予約して計画しました。山形の菅野氏とのメールでは山形県は何処も渇水ぎみであまり好くないとの情報でした
 7月4日(金)いつもの様に蓮田SAに2台の車が集合。近松車に桜井、井口、柳田車に村松、西川、で全員で大樽、小樽を釣ることにして磐越道から大峠経由で向かう。
途中喜多方のコンビニで朝食を購入、国道121の道の駅「田沢」で仮眠する。
明るくなり、第一ラウンドは柳田車は小樽下流に向かう。西川が大樽との合流点より、その上に柳田、村松の順で入渓した。 近松車は道の駅より上流に入る。私は以前に好釣したことがある発電所の放水口付近で夢よもう一度とねばるが川底の地形も変わってしまい全然だめで来るのはハヤばかり、大樽に入り下流で一回大物にハリスを切られたが多分ニジマスのようだ、結局大樽でニジマス二つのみ。柳田、村松とも良形をゲット、上流に入った近松車も充分楽しめたようだ。
 第二ラウンドは柳田車に井口氏も乗り、県南漁協の島軒組合長ご推薦の綱木川上流に向かう。西川、柳田はダム上の本流に、村松、井口はダム左岸に入っている烏川に入るが両方ともいまいちであった。烏川は林道終点付近に先行車両が数台あり釣りにならず、綱木集落下に入った柳田も小形イワナばかりで魚篭に入らず。
小樽を再度せめた近松、桜井組は第二ラウンドも上々であったことは添付写真のキャンプ場の焚き火にかざした魚形と数から想像して戴きたい。
 合流して米沢市内のラーメン店で遅い昼食のあと今宵のキャンプ場の長井市に向かう。市内大手スーパー「ヨークベニマル」(イトウヨーカドの鳩マーク)で今夜の食材とアルコール類たっぷり仕入れてから「古代の丘縄文キャンプ場」に到着。ここは市の施設で以前は管理は個人のおじさんに任されていたが、今年から近くにある資料館が管理するようになった。以前我々もトラブル出会ったことがある。
小高い丘の中腹の農業用のため池のほとりにあり、大きな東屋風の炊事場と中心に何組もの焚き火が出来るようになっており、薪も使い放題で快適に過ごすこたが出来る。
 山形支部の菅野さんも合流し地酒の差し入れ、トン汁、ヤマメ・イワナのから揚げ、米沢牛の焼肉、(今年は猟師の関口さんの鹿、イノシシ肉は無し、残念)その他 酒もうまい、つまみ良し。夜も更けて順次寝袋へもぐりこむ。

 7月6日(日) 4時出発 近松車 桜井、村松、井口が朝日川に向かう。菅野氏も出かけたが行き先不明、柳田、西川は留守番と決め込むが、日が出るとじっとして居られず山菜採り方々実淵川に向かう。実淵川ではヤマメ二匹釣ったところで何組もの地元の老若男女がじゃぶじゃぶ川に入って来るではないか。今日は白鷹町の町をあげての清掃日だそだ。「ご苦労さまでございます」笑顔でねぎらい竿をたたむ。いつものミズ畑でミズナを一抱えずつ採って葉っぱをむしりとりキャンプ場へ帰る。
 朝日川組も帰ってきた。良い釣りが出来たそうだ。昨夜のウドンの煮込みをあたためて食べて全員で片付け帰路についた、途中道の駅「いいで」で安いサクランボを買い求め、大峠経由蓮田SAに無事着いた。
 今回はキャンプ釣行前後に岩手方面、秋田方面釣行があり参加人数が少なかったがそれなりに楽しく過ごせたのではないでしょうか。



東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2008  東京渓流釣人倶楽部