釣行会レポート

2008年7月19日(土)〜7月21日(月)

青森、秋田、岩手釣行

リーダー:櫻井   サブ:青木 

参加者:青木、伊藤、大場、筧、本間、中野、満藤、近松、櫻井

計:9名


交通:車2台(青木車、満藤車)

宿 :田子町  「田子温泉」  電話:0179-32-2728
   大湯温泉 「馬ぶち」   電話:0186-37-2277

費用:33,500円

天候:
7/19曇り後晴れ 7/20曇り後晴れ 7/21晴れ

概況:


7月18日22:00前には、蓮田SAに9名(2台)が集合。沢割りは熊原川を田子温泉の上流部と下流部に分け、満藤車が上流部、青木車が下流部とした。現地までの移動は車単位とし、それぞれ一戸ICへ向かった。
7月19日満籐車は、04:30に一戸ICに到着し、コンビニで朝食を買い、釣り仕度を行い田子温泉へと向かう。途中馬渕川本流が見えるが、極端な減水状態であった。
05:30頃、田子温泉下の橋下流部より櫻井が入渓し、その上流木橋より近松氏が入渓、更にその上流に中野、満籐氏が入った。第1ラウンドの釣果は、チビヤマメの猛攻に遭い1〜3匹程度で、型はまあまあであるが、数は昨年と比べかなり少なかった。
第2ラウンドはどこに入るか協議するが、渇水状態のため支流はほとんど期待できず、岩手県側の十文字川へと移動した。十文字川は減水の影響もあり、非常に汚く、早々に引き上げることとなった。12時過ぎに田子町「サンモールたっこ」に移動昼食となった。
昼食後は気温の上昇もあり、釣りを中断し、昼寝をすることにした。田子温泉で部屋に入れるか訊くと、快く入れてもらい、入浴の他にビールのつまみにニンニクの醤油漬けまで出してもらった。昼寝の後、夕方1時間程度最下流部と上流部に分かれて入渓したが、釣果にはあまり恵まれなかった。
青木車は一戸ICから二ツ石川に入渓したが、型を見た程度で熊原川に移動。下流の堰堤を中心に入渓し、大場氏が初の尺ヤマメを釣った。早めの昼食後、大場氏が尺物を釣った堰堤下流部で粘り続けた本間氏に超大物がヒット、無事タモ入れとなった。翌20日朝の中野副会長立会いの計測結果38.5cmであった。ここ10年間の大物賞記録では、サクラマスを除き、本流釣り釣行会を含め最大サイズである。また3年前の秋田サクラマスとヤマメの本流釣行で唯一サクラマスを釣ったのも本間氏であった。
夕食前の一杯に続き、夕食は村松幹事長の差し入れと今年度の大物賞間違いなしの本間氏からの差し入れで大いに盛り上がった。
7月20日、朝全員で田子川合流点から上流に分かれて入ったがそれぞれ型は見たようである。朝食後、大湯川の沢割りを確認後、車単位で移動。
満籐車は、104号線秋田街道経由で大湯へ、ここで満籐氏がキジ(熊太郎)を購入し、小坂川へ向かった。砂子沢川合流点の小坂川下流部に近松氏、上流部に中野氏、砂子沢川に満籐氏、小坂川と古遠部川合流点から古遠部川に櫻井が入渓し、多少の釣果を見た。
小坂町で昼食を取り、小坂川本流下流部の荒川川合流点の様子を見ることにした。合流点付近は大湯川本流と比較し、水量が十分と思われた。本流でのテンカラを試したい中野氏をここに残し、3人は大湯川下流部へと向かった。今回は、小坂へ向かう橋より下流部の様子を確認し、釣りができるようなら入渓するつもりであった。十和田IC近くまで下がったが、取水堰での取水量が多く、本流は渇水状態であった。そこで大湯川上流部に移動、安久谷川合流点上流に近松氏が入り、堀内川に満籐氏が、堀内川出会いから櫻井が入渓した。昨年同様、堀内合流点上流部で良型ヤマメとイワナの釣果があった。
 青木車は、朝食後キジを求めて(田子町ではキングみみず以外は売っていないため)三戸町へ、しかしここでもキングしか売っていなかったとのこと。その後、安比川本流に入渓したが、減水状態でそこそこの釣果であった。午後は大湯川に移動し、小坂に向かう橋から温泉街にかけて分かれて釣ったが、目立った釣果はなかった。
 18:30から夕食、酒のつまみも十分あり昨日に続き、ビール、日本酒、焼酎を堪能した。釣行会で使う宿としては、夕食、朝食の質・量ともピカ1と思う。
7月21日、小坂川(青木、伊藤、櫻井)大湯川温泉街(中野、近松、大場、筧、本間)大湯川上流部(満籐)に分かれて朝食前の釣りを行った。この中では、中野氏が尺近い良型ヤマメを連発し、この時期のテンカラの強みを発揮した。
朝食後、魚分けを実施。尺物が3、4本はありそうであったが、本間氏の38.5cmに圧倒され、その他大勢扱いで分けられた。今回はヤマメの型は比較的よかったが、数には不満が残った。
宿前で集合写真を撮り、9:20出発、十和田ICから東北道に入り帰途に着く。夏休み直後の3連休最終日のためか高速はかなりの混雑、矢板IC手前から断続的に渋滞していた、満籐車は高速をそのまま行き、17:00蓮田SA着、大塚駅周辺で散会した。途中で高速を降りた青木車は結果的に30分以上余分にかかったと思われる。お疲れ様でした。



東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2008  東京渓流釣人倶楽部