釣行会レポート

2008年7月31日(木)〜8月3日(日)

白戸川源流釣行

リーダー:村松   サブ: 

参加者:上野(信)大場、近松、八木、村松

計:5名

交通:車1台

宿:キャンプ
  福田屋旅館

費 用:23,000円(旅館泊 8,000円)

天候:

概況

 世界遺産に指定された広大なブナの原生林に覆われた白神山系に類似した、豊かな自然、原始の森林に守られた「イワナの聖域」が我々の生活の場から4〜5時間内の近くにまだ残されているところがある。奥只見の袖沢源流や白戸川源流域である。源流域ということはゼンマイ道ぐらいしかない領域である。
 東渓倶楽部は2002年1回目、2003年2回目の白戸川釣行を行い、イワナの聖域に触れることができた。しかし2回目の釣行は豪雨により6人が九死に一生の思いで帰還し苦い経験をした。
それから4年間はより安全な袖沢源流や大津岐川源流などで代行していた。
 今年、会員からそろそろ白戸川に行きたいという声が上がり、何人ぐらい行きたいのかそれとなく探ると9人にも上った。リーダーの私も年齢を考えるとみんなを連れていけるのも今年が最後のような気がしたし、私個人として入渓した1981年から10回目の節目にもなるので、行くことを決意した。そして次のことを留意して釣行を提案した。
@ 参加者平均年齢60歳近くを考慮し「より安全」な計画を前提に梅雨、台風による悪天候は避け沢通しの徒渉ができる時期。
A 少数先鋭で、テント2張りの6名まで、荷物は12〜15kgに抑える。
B 上流二股(洗戸川、メルガマタ川)を中心に釣り「イワナの聖域地」での生活体験を楽しむイワナの保護も考え、釣り3時間、原則として8寸以下放流10尾以内とする。
C 目白アブの猛攻に合わない時期を考える

以上のことで何人かの希望者に辞退していただきまして参加者5名になりましたがご協力ありがとうございました。時期は7月31日〜8月3日、暦上これしかないので決定した。
ゼンマイ道は年々悪路化して崩れが多い。キンチジミの渡し橋の手前が崩れていて帰りにおおごとになった。 今回は雨の時期は終わり川の流水は比較的安定していたが7月半ばに集中豪雨があり、大水の爪痕で両岸の木や草がなぎ倒されていた。水も少し多めであり左右への徒渉は常に5人でスクラムを組んで行った。天幕場も以前の面影はなく低くなり流れに近くなった。幸い右岸の高台が芦の密集地で安定した天幕場を確保できた。
今回はまだ入会間もない上野さんが上流の洗戸川で37.5センチの鼻曲りイワナを釣った。源流での大物は非常に価値ある。湖からの遡上イワナとは比較できないもので、これが今年の会の大物賞候補になったのだからうれしい限りです。また全員が9寸〜尺イワナを8〜10尾確保した。
重たいザックを担ぎ7〜8時間の歩き、そして釣りが3時間、釣りの会として本来は逆が望ましいいと思いますが、高齢者が「イワナの聖域」に身を置き、原生林の浴に浸り、より安全に生活体験をした喜びは全員が共有した財産であったと思います。今後、会の白戸川源流釣行はしばらく封印していただき、有志の釣行で行い、会としていつかまたの時、新たな若き良きリーダーのもとに復活していただきたいと思います。


東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2008  東京渓流釣人倶楽部