釣行会レポート

2008年8月27日(水)〜8月31日(日)

北海道釣行

リーダー:柳田   サブ:筧 

参加者:青木、上野、大場、筧、沖野谷、近松、本間、村松、満藤、柳田

計:10名


交通:車3代(レンタカー)

宿 :1、2泊目   広尾町 「民宿 たかはし」  電話:0155-82-2360
   3泊目   河東音更町 「はね駒」      電話:0155-44-2456
   4泊目   河東音更町 「笹井ホテル」    電話:0155-46-2211

費用:100,000円

天候:
雨・曇り

概況:


此の週、北海道の天気予報は雨と曇りマークで埋まり、参加者の不安を駆り立てていた。
JAL1151便はブレーキ音を激しく立てて帯広十勝空港に午前10時前に降り立つ。
もう1組(3班、満藤・青木・大場3氏)も1日遅れで同時刻に到着する予定になっている。
 1班(柳田・村松・沖野谷)・2班(筧・近松・本間・上野)は、まずは土産物と田中義武が経営する「花畑牧場」に、平日とあって人込みは少ない、お目当ての「生キャラメル」を既定の数だけ購入、隣の建物に此の年8月オープンしたと言う「ホエー豚の丼物で昼食とした。(ホエーとは、チーズを作る際の上澄みの液体を言い、栄養価が高い)ホエー豚を全道に広めたのは、広尾の大樹町「源フアーム」とされている。
1班は富良野へ、別れは惜しいが好釣果を約して出発、2班の私達は此処から約20分「札内川」を意気軒昂と目指す。
 此度の計画は、柳田リーダーの一言に始まった。
北海道へ、誰もが望んでいた、然し休み・金額等、問題は多い、当初12名で積立を始め、1年余漸く此処まで漕ぎ着けた、旅行社に足を運び、全体打合せ会、兎に角柳田氏の発案・地図購入・下準備等、氏の貢献の御蔭と感謝に堪えない。
 蔦別川支流、橋の上からフライマンの車を見つけ川縁へ、状況を聞く、「降り続く雨の為不漁」逆に「ミミズ餌」の私達には、早速上下流に分かれて、私は橋を潜り瀬が落ち着く場所から餌を打ち込む、1メートルも流さないうちに、目印が水中に没し、竿先がダイナミックに折れ曲がる、遣り取りの最中に彼独特のジャンプを見せる、3尾立て続けて、本間氏の姿を、直ぐに笛の合図で手招き、少し下流に申し分の無いポイントを示唆。
 本間氏談・「すげえ何てもんじゃない、止める間も無くジャンプ、それも太い流木の向こう側に飛ばれて、樹の下に潜り込まれてプッツン、50は有った、本当だってば。」・・ザンネン!
 札内川本流、細い土手道入渓点を探して行き来する、木立と高い草に蔽われた間道を抜けると絶景の場所に、直ぐに二手に分かれ、上野氏と私は直ぐ傍のポイントに対面で入れ食い、近松氏・本間氏も絶好調、何しろ虹鱒は至る所で。  

帯広市広尾町高橋旅館、茫洋の太平洋が広がる、南総に比べると少し暗い感じが否めない。
女将さんは「礼子ちゃん」チャキチャキの土地っ子、十勝港の直ぐ横で海の幸一杯、家庭料理の食事が楽しめる、目的は釣り、部屋は記すのを止す。
 札楽古川・広尾川の中間に位置して、此の時期早くも「鮭」が川を覆い尽くす、「鮭釣」が許された札楽古川の河口では、場所取りを終えた釣り人の竿が海に向って乱立している。
1泊目の朝、此の事を知らない2班のメンバーは広尾川でトンデモナイ目に遭う、広尾川は海から300メートル程上で東・西広尾川に分流し、私達は上流に向かって左側、東を選択、私は長竿を対岸に向って目一杯振り込む、目印が落ち着いた流れに乗って静かに進んでいく、突然バッシャン、70センチ以上は有ろうか、鼻が曲がり黒ずんだ魚体を空中高く跳ねあげた。「シャケだ!」
仕掛けを上げ、竿を担いで川面に目を凝らすと「居る・いる」シャケの群れが、急ぎ車に戻り、竿をカメラに変えて又川原に、上流に向かった全員が同じ思いで引き返して来る。
 国道336号の橋上で車を止め、下を覗くと河口から数えきれない遡上の順番待ちする鮭が川幅一杯、渋滞状態で体をくっ付け合っている。
 猿留川、ネットで調べると日高山系から太平洋側に流れる河川の中で最も魚影が濃いと載っている、「ヤマメ・オショロコマ・アメマス等」大物が期待出来る有望株、今回の釣行で期待ナンバー1の川、国道から右折、途中から砂利道に変わり20分ほど、橋の手前で停車、上流組は「近松・上野氏」下流に「本間氏・筧」、急流を渡る近松氏の手を取り支えているのは上野氏、其の様子を道の上から眺め、笑い揶揄して私達は少し下って入渓、「水の色が素晴らしい・大石が点在している」期待を裏切らない渓相に心弾み過ぎて「ボッチャン」滑り転んでビッショビショ、「本間氏に笑われる」、川の中は又彼等が群れている。
 襟裳岬観光、海面から吹き上げられる霧風に帽子を押さえながら突端に登り向う、歌碑2点「あの森進一と島倉千代子」断崖絶壁の頂に立ち、霧に霞む大海を眺め、「これがエリモか!」
 天馬街道、北海道は信号が少ない、札内川から広尾、ナビは80数キロ、到着1時間40分後と記していたが、1時間を切る真っ直ぐな道、ところが同じ国道336号は広尾方面から襟裳は「黄金街道」襟裳から浦河方面は「襟裳街道」と名を変えると途端に信号は増え交通量も増加する。
 予想外に時間を経過して日高幌別川に沿って登る「天馬街道」に入ると、直ぐに牧場が左右に広がり見せてくれる、「サラブレッドの聖地」親子ずれ・仲間・子供達様々な馬達が広大な牧草地を走り戯れている。
幌別川上流で竿出しをする、橋の横から急な道、木を掴み何度も手を沿えながら入渓、
4人とも、「何だ、此の川」は、「釣れる・掛かる・幾らでも」前に進めない、川幅何処でも釣れる、噂に聞いていた「北海道小ヤマメ」。
一人上流に向かった本間氏が7寸、氏は西広尾川・猿留川、何故か良型のヤマメを一人でゲット。
宿の時間が迫る、電話の向こうで1日遅れの3班が到着している、札楽古川に入ったが「小ヤマメ」ばかりの報告、私達のクーラーを見せる。
「オーオ」37センチアメマス数尾筆頭に虹鱒一杯、「明日はと」頼んであった一人1,000円、豪華刺身盛りを肴に釣談義に花を咲かせる。
3日目早朝、本間氏と私は前日50アメマスを逃した入渓予定地を「青木・大場両氏」に明け渡し、野塚川・札楽古川最上流部を走る・歩く唯ひたすらにドライブと徘徊を繰り返す、疲れた体を食堂に向けると大場氏の「やってしまいました」
の一言、魚体は50を下回るが丸々とした見事なアメマス2尾「バッカヤロー」拍手とハグ。
朝食後、池田町に向かって出発、雨が強くなって来る、2代の車は236号に入り紋別・歴舟川を渡り15号真茶色に染まる雄大な十勝川を渡り「池田町のワイン城」に、「だれが運転する、遣り取りの結果二人以外は、ビール・ワインとステーキで舌鼓」運転手さんゴメンナサイ!
池田から足寄まで高速、つづら折れの利別川をさかのぼる、雨はますます強く、河は濁って竿を出す意見が纏まらない「宿に向おう、衆議一決」
音更の宿「はね駒」、冷たくなった体を交代で風呂に浸かり癒す、ログハウス作りの宿前で主人夫婦に送り出されて、帯広市内に予約した居酒屋に向う、「北海道料理テーブル一杯並べ乾杯!」早い決議は正解だった、宿に入る2時間前、雨は小降りになって音更川中流部で竿を出す事が出来た、此の日の雨を吹き払う釣果が全員を喜ばす。
本流で野生化したニジマスが仕掛けを引き込む、9メートルの竿が半折れ状態になって強い引きに耐える、下流に走り・対岸に向う魚を絞り込む、「好い加減にしろ、遣り取りを見ていた近松氏が堪り兼ねてタモで魚を掬う」アリガトウございます。酒が入った釣り仲間の話は尽きない。
翌早朝、高速に乗って富良野を目指す、視界が悪いせいもあって、一般道よりも速度は遅い。
空知川、トマム経由金山峠から空知川上流部に分散入渓、一言「ハヤ」が多い、アメマスは小型、誰かがオショロコマを挙げたと聞いたが定かでは無い、2号車(近松・本間・大場・筧)3号車(満藤・上野・青木)と乗り換えて、3号車は金山湖に注ぐイワナ沢を、2号車は太陽の里に流れる10数番線と書かれた支流に入るが赤茶色の水に出る魚は小さな虹鱒、直ぐに西達布川に戻り、    お試し釣行、是が当たる、竿出しの3氏(近松・本間・大場)写真を撮る私は忙しい、マァ「入れればポン」状態に土手の上で笑いが絶えない。
狩勝峠を越えて、佐幌町に「とんかつ屋の看板」を見て急停止で入店、直ぐ横は佐幌川、絶好の位置で「絶品のとんかつ」ルート選びは正解?
 然別川、此の川はネット上では余りと、間隔を置いて低い堰堤が点在で食いは良、水質も良好なのだろう金魚藻が底を埋め尽くしている。
最終宿泊地・十勝温泉笹井ホテル、今回の参加メンバー10名が4日振りに顔を合わした。
 東渓と言えば「釣と温泉」今回の釣行は漸く此処で叶う、そもそも私は宿には拘らない、川の側・人情厚い女将・家庭的な料理・低料金為ら其れで良い、笹井ホテルの朝夕食はバイキング、風呂も何種類あるのか?
部屋に戻り集まって報告会、1班がフラノメロンを土産を持参、全員で頬張りながら、あの場所・アノ川・アノ魚と爆釣談義が続く。
 最終日食事前の音更川、近松氏の「デカ物バラシ談」は、私の心に「再び北海道釣行」と、強く誘い、参加者全員、「思い出」と成るに相応しい。
 4泊5日の北海道釣行は、個人個人に夢のひとときと、数々の戦果を残して、JAL1156便は午後3時20分羽田に向い、広い勇壮な大地を静かに飛び立った。


東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2008  東京渓流釣人倶楽部