釣行会レポート

2008年9月13日(土)〜9月14日(日)

秋田方面最終釣行

リーダー:村松   サブ:筧 

参加者:青木、井口、石下、伊藤、今井、上野(信)、大場、
   沖野谷、小野寺、小幡、櫻井、近松、本間、満藤、
八木、矢田部、柳田、筧、村松  
      


計:19名


交通:車4台(柳田・近松車)


宿 :秋田県 秋の宮温泉 「おなじみ荘」 TEL 0183−56−2415

費用:21,000円〜22,000円

天候:


概要  
 今年は異常な暑さで9月に入っても残暑も続き、集中豪雨や局地的豪雨で河川の氾濫も見受けられました。
しかし東北地方の上空では寒気もあらわれ、秋風が吹いてきて季節の変わり目が感じられる中で19名の大勢の参加をもって最終釣行を迎えました。
既に、これまでの釣行でヤマメ38.5cm、イワナ37.5cmが釣り上げられ、大物賞対象としてなっているが、さらに大物を期待しての釣行となった。
例年だと9月1週目に最終釣行が組まれてたが、河川の渇水で条件が悪く、もう1週間ずらしてみての試みで、各河川状況は、渇水のところ、丁度良いところとまばらであり、釣果も同様であった。この時期の釣りは難しい限りです。
今回は会としての日程通りの13日〜14日グループ10名、9月12日(金)〜14日(日)グループ5名、13日〜15日(月)グループ4名と、変則的な日程に分かれたのは3連休の中での釣行会なのでこれもありとしました。4グループがそれぞれに釣り場に分れ、1日の釣りを終え、16時には全員、秋の宮温泉郷の「おなじみ荘」に集合し、暖かい温泉で疲れを癒し、18時より夕食と交歓会で各グループごとの報告をしていただいた。
小野寺車5名は12日(金)は大樽川、小樽川の小野川温泉、2日目は庄内方面の川で、特に鬼面川水系が期待されたが結果は良くなかった。13日〜14日の柳田社グループは期待された生保内川は水量が多く期待されたがルアーマンにかき回され、釣りにならず、斎内川、窪提川も全然あたりなしで最悪であった。青木車5名は昨年良かった院内川支流に期待をしたがここも不発、役内川温泉前はそこそこ釣りになった。近松車4名は金山川、院内川下流部を攻めたがままならなかった。
翌日、満藤会長は2年前同時期に小幡氏が尺ヤマメを釣り上げて同じポイントで尺ヤマメを釣った。今回は大物賞の対象にならなかったが見事なオスヤマメでした。
柳田車5名は泥湯温泉経緯で皆瀬川の子安峡へ今後の偵察を兼ねて入渓したが、渓相抜群、魚影少なしであった。3日目、近松車4名は役内川が良いとのことで入り、型を見ることができました。全体的に釣果の方は余り良くなかったが、役内川は水量があり、釣りになったのが救いであった。この方面(秋田、山形県境)での最終釣行は4年越しであり、2009年度は新たな場所を検討した方が良いと思いました。
2008年度最後の釣行会に多くの会員が参加していただいき、良き温泉に浸り、うまい酒を飲み、多いに語り、楽しいひと時を過ごせたことが何よりでした。ありがとうございました。





東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2008  東京渓流釣人倶楽部