釣行会レポート

2008年10月19日(日)
家族マス釣り大会


実行委員長:本間リーダー&執行部


参加者:会員 14名 会員家族 29名
計:43名

会場:小河内漁協 峰谷川渓流釣場

日 時 :10月19日(日)  
     午前9時 開会式 〜 午後1時半 自由流れ解散

会 場 : 小河内漁協 峰谷川渓流釣場

実行委員: リーダー:本間正行、執行部

参加者 : 43名(会員 14名、家族 29名 内子供 11名)

天候  :   晴

概況:

 2008年度のマス釣り大会は、例年に比べ水量の多い奥多摩湖水面に黄金色に染まり始めた湖畔街道の銀杏並木の景色が美しく映える頃、会員ならびに家族、総勢43名の方々の参加のもと、執り行われました。
当日は天候も良く、家族の方々にはトン汁、マスの塩焼きを提供し、味も大好評との言葉を頂戴しました。また、マスの大きさも例年よりも大きく感じ、マスが釣れるとあちらこちらから大きな喜ぶ声があがり、終日楽しく過ごすことができました。放流は午前1回、午後1回の計2回ありました。午後は1時を過ぎる頃には日差しも弱まり肌寒く感じた為、予定していた2時解散を早め、1時半に自由解散としました。
トン汁の準備は前日より泊り込みで行いました。例年ですと、ふるさと村のコテージを借りて準備をしますが、今回はコテージの予約が一杯で宿泊出来ない旨、峰谷川渓流釣場の川村さんに相談したところ、お店の一室を使用して良いと許可を得ることができました。会員8名、筧さん家族2名の計10名、全員寝袋でゴロ寝し一夜を過ごしました。トン汁はいつもですと、ふるさと村から車で運びますが、今回は管理釣場が目の前と言うこともあり、大層労力を省けました。マスの塩焼きは、当日会員の方々が釣った魚や前日筧さん家族が釣った魚を提供していただきました。
この大会を行うにあたり、会員の皆様からはご寄付、お酒、ビール券、鹿肉など沢山のご協力を賜りましたことをこの場を借りて厚く御礼申し上げます。どうもありがとうございました。

東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2008 東京渓流釣人倶楽部