釣行会レポート

2009年3月7日(土)〜8日(日)

伊豆解禁釣行

リーダー:中野 

参加者:満藤、沖野谷、伊藤、近松、櫻井、中野

計:6名

交通:自由参加(車3台)

宿:伊豆湯ヶ島温泉「 いろりの宿 三吉」 пF0558-85-1123

費用:13,000円(保険込み)

天候:晴れ

気温:14℃

概況:
東渓の解禁釣行は巷の3月1日から1週間遅れで7日〜8日に恒例の伊豆で実施した。3月に入ってから天候不順が多く、1週間を通して雨が降ったり止んだりでぐずついた週間であった。出発前日(6日)も一日中雨で深夜の東京発が心配された。我々は0時に東京を出発したがその時は既に雨は上がり、星が見えるような状況で当日は晴れが期待できる予報であった。
今年の解禁釣行会は例年になく、参加者が少なくリーダーとしては志気が下がる思いであったがこの時勢、未曾有の経済悪化で多方面への影響もあり、釣りどころではないのかもしれないので止むなしと言うことで参加者だけでも悔いのない解禁釣行会を楽しむこととした。
参加者は6名でコンパクトな釣行会となった。
満藤会長は単独で河津川へ、近松、櫻井組は西風を避け、下田方面へ鯛釣り。我々、沖野谷、伊藤、中野は狩野川を釣ることにした。
我々は0時に東京を出発。途中、24H営業のハンバーガーショップでコーヒーブレイク。
たっぷり時間を掛けて釣り場に向かったのだが夜明けの6時にはまだまだ間があった。狩野川記念公園で2時間ほど仮眠をとった。公園には既に数台の先行者(駐車)があり、雰囲気的には釣り人を思わせた。明るくなると各車から人がもそもそと動き出した。やはり釣りだった。我々も遅れを取ってはと、釣り場へと車を走らせた。途中、修善寺橋脇の釣具店(三田釣具店)で入漁券を購入。店には公園で一緒に仮眠していた連中(10人位のグループリーダー)が同じく入漁券を購入していた。
どの辺に入るかと確認したら、狩野川本流、大見川上流等々と我々が予定しているところとかち合っている。この時期止むを得ないことだがやはりアマゴの顔は見たい、銀座は避けて釣ることにした。狩野川本流、大見川とも昨日の雨を含め月初めからの雨でかなり増水している。心配した濁りはない。1年前の基準ではあるが倍以上の水量と思われる。
我々は朝一、冷川に入ることにした。大見川の合流点から高速口位を3人で分渓した。冷川も水量が多く、川の渡渉は難しく、入川を右岸か左岸かの選択が求められた。9時過ぎまでの釣りであったが全員、今年初のアマゴを確認することができた。昼には時間があるので大見川上流域に移動。先行者の勢か?あたりなし。年川へ移動。ここも大見川との合流から攻めるが乳白の濁りがあり、不調。本流(大見川)筋には大物ポイントだけに5人の釣り人が並んで長竿を振っていた。10分位見ていたが竿のしなりは確認できなかった。
当方のリクエストで昼食はいつものうなぎを食った。これも伊豆に来た時のひとつのイベントとして欠かしたくないことです。
食事後、猫越川へ移動、宿前を時間までと思ったが先行者が居たため、上流部へ移動、要所要所には釣り人が入っており、適当なところから入川した。約2時間位釣りをし、宿へ入った。既に満藤会長はチェックインし、温泉上がりの汗を缶ビールで癒していた。夕刻には近松車も宿入り、全員集合し、6時から宴会となった。本日の宿は満員で家族連れのお客で溢れていた。何時もだと我々が主役であるが今回ばかりは端でひっそりとした宴会となった。料理が出るのが早いか、食べるのが早いか、給仕が追いつかない。お酒もスピードアップし、7時過ぎにはお開きとなった。
気になる釣果であるが全員型を見ることができた。釣果は稚魚放流ものと成魚放流とに二分され、10cmサイズのアマゴは朱点あざやかなきれいな魚体であった。成魚放流ものは8寸クラスと大振りで銀毛化していた。一方、海釣りグループの釣果であるが本命の鯛は少々、外道?のイサギが売るほどの釣果に恵まれていた。我々にもイサギのお裾分に預かり、お土産とした。丸々と太った40cmクラスのイサギでした。
翌朝、宿前を鬼釣師の櫻井さん一人で釣ったが型を見た程度であった。早々に朝食を済ませ、宿のアジの開き(有料)をお土産に解散した。途中、山葵の茎を買い、帰路についた。
厳しい折ではあるが今年も楽しい釣行に期待したい。

東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2009  東京渓流釣人倶楽部