釣行会レポート

2009年4月11日(土)〜4月12日(日)

千曲川水系釣行


リーダー:村上   サブ: 

参加者:青木、井口、筧、櫻井、近松、中野、本間、村上

計:8名

交通  : 車 3台

宿   : 古谷保養センター「臼石荘」

費用  : \16,000-/人

天候  : 晴れ

平均釣果: 3匹/人

概況
平成21年4月10日(金)23:30 関越道 三芳PAに集合。今回リーダー初挑戦ということで、この日を迎えるまでに諸先輩方から暖かいアドバイスを受けとても感慨深い。今回の釣行先は千曲川水系。誰もがかつて渓に遊んだことはあるが、久しく足も遠のいている様子。釣場の混雑も予想されたが、慕情を胸に、またこれから始まる本格シーズンに向けたウォーミングアップということで期待も高まる。釣師にはうれしい高速道路料金の値下げにもあやかり、我々3台の車は信濃路を目指し深夜の高速に滑り込んだ。4月11日(土)早朝、実釣開始。冠雪した八ヶ岳が朝日を受けピンク色に輝きだした。車のサーモメーターが外気温「マイナス2度」を表示している(川上村)。
 本間、筧、井口グループは下手の本流を長竿で狙うもほとんどアタリなし。近松、櫻井、青木グループは川上地区の本流にて堰堤落ち込みから尺近い良型イワナを含め数本の釣果。中野、村上グループは毛ばりで本流馬流近辺、支流の西川、大石川を狙うも小型イワナのみ。日中は快晴で列島各所夏日を記録し、気温25度をこえていたようだ。コカゲロウやガガンボの羽化も盛んであったが、全般に渋い状況。夜は支流の抜井川沿いにある「臼石荘」に宿り日ごろの疲れを癒した。


4月12日(日)は本流、抜井川に別れ実釣。抜井川は特に魚影が濃く、アマゴ、ヤマメ、イワナが顔をみせてくれた。9:30には宿を出発、関越道 三芳PAで12時過ぎには解散し、本釣行会の幕は閉じた。無事釣行会が終了できたこと、皆さんに感謝申し上げます。


東渓ホーム

画像・文章の無断転載を禁じます。 (C)2009  東京渓流釣人倶楽部